『十二獣』考察。

リスト

アルケミ「久しぶりの更新ね。どうしたの?」
ななず「次の弾『レイジング・テンペスト』で登場の『十二獣』がきになったので、紹介と考察しようと思って」
アルケミ「いい心がけだわ」
ななず「エクシーズ好きだから組んでみようと思う」
アルケミ「いいんじゃない?…『十二獣』は地属性・獣戦士族、今のところ下級は☆4、エクシーズは★4での統一テーマのようね。エクシーズ召喚を使うみたい。特徴は…下級モンスターはX素材の時、エクシーズモンスターに効果を付与する共通効果をもっていること。Xモンスターは同名以外の『十二獣』の上に重ねてX召喚できる…つまり、素材1体からでも好きなXモンスターをエクシーズ出来るわけね」
ななず「解説ありがとう!」
アルケミ「どういたしまして。じゃあ下級から紹介していきましょうか」

アルケミ「さっきも言った通り、下級モンスターは☆4で統一されてるわ。①の効果は『自身としての単体の効果』、②の効果は『素材にしているエクシーズモンスターに付与される効果』ってことね。ちなみに、②の効果は正確には『このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。』だから、全てのXモンスターに付与できる訳ではない点は注意ね。でも、元々の種族が獣戦士族なら『十二獣』意外でも使えるってのは頭のすみに置いておくこと」
ななず「あれ………?考察しようとしたの俺だけど、もしかして今回喋れることない………?」


モルモラット
《十二獣モルモラット》
☆4 地 獣戦士族 ATK 0/DEF 0
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

ななず「『子』つまりネズミだね。イラストは男女判別しにくいなー」
アルケミ「効果を簡単に言うと…」

①:召喚時に『十二獣』カードをデッキから墓地へ送る。
②:【付与】X素材で手札・デッキから『モルモラット』1体SS。

アルケミ「②の効果はつまり、まあ、どう言うことかというと」

1《十二獣モルモラット》A召喚。効果で『十二獣』カードを墓地へ。
2《十二獣モルモラット》Aに重ねて『十二獣XモンスターA』をエクシーズ召喚。
3『十二獣XモンスターA』の効果、素材の《十二獣モルモラット》Aを墓地へ送り《十二獣モルモラット》BをデッキからSS。
4《十二支モルモラット》Bに重て………
5……

アルケミ「と、モルモラット1体から十二獣Xモンスターを、最終的には3体並べることが庚よ」
ななず「言い間違えてる言い間違えてる。十二支を意識してわざとやってるでしょ」
アルケミ「バレちゃったわね。…3体並べることが可能よ。デッキ圧縮能力に特化したカードね」


ラビーナ
《十二獣ラビーナ》
☆4 地 獣戦士族 ATK 800/DEF 800
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラビーナ」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の魔法カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

ななず「『卯』、つまり、」
アルケミ「ウサギっ娘ね。能力は」

①:破壊されたら同名以外をサルベージ。
②:【付与】自身を対象にする魔法の効果を素材を使って無効。

アルケミ「②の効果は『魔法カードの発動』じゃなくて、『魔法カードの効果の発動』を無効にするから、すでに発動されている永続魔法にも対応出来るわ。でも、無効にするだけで破壊はしないからカウンターとしては弱いわね。ちょっとした耐性があるくらいなものだわ」
ななず「対象を取る魔法っていうと」
アルケミ「《月の書》や『禁じられた』シリーズなんかには有効ね」
ななず「そうだね」
アルケミ「魔法に関してはいまいちピンと来る耐性じゃないけど、そのうち罠やモンスター効果バージョンも出るでしょ。罠やモンスターは対象取るものが多いからそっちにも期待できるわね……って、罠はいるのね」
ななず「…」


ヴァイパー
《十二獣ヴァイパー》
☆4 地 獣戦士族 ATK 1200/DEF 400
①:自分フィールドの獣戦士族Xモンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドのこのカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。その相手モンスターを除外する。

ななず「こいつは、」
アルケミ「このこは『巳』だから蛇ね。イヤミ~な理屈男の香りがするわ。効果は、」

①:手札・場から誘発即時でX素材になれる。
②:【付与】バトルした相手をダメージ計算後に除外。

アルケミ「①の効果はまあ、簡単に言うと素材となってXモンスターの攻撃力を1200、守備力を400強化する効果、Xモンスター専用の《オネスト》やカルートってとこかしら」
ななず「場からも素材になれるんだね」
アルケミ「そうね、だから除去を回避したりとかにも使えるわね。強いのは、攻撃されたXモンスターを強化して相手を返り討ち、返り討ちにしたモンスターは除外されるって流れね」
ななず「なるほど」


サラブレード
《十二獣サラブレード》
☆4 地 獣戦士族 ATK 1600/DEF 0
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札から「十二獣」カード1枚を捨て、自分はデッキから1枚ドローする。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

アルケミ「このこは『午』、つまり馬ね。効果は、」

①:手札交換
②:【付与】貫通

アルケミ「シンプルね。ただ、『十二獣』はまだ、そんなに墓地に言って有用なカードが少ないのが残念な気がするわ」
ななず「そうだね」
アルケミ「ただ、火力は下級の中では一番強いし、やっぱり貫通効果はなんだかんだ言って有用だからやっぱりこの子が中心になるんじゃないかしら」


ラム
《十二獣ラム》
☆4 地 獣戦士族 ATK 400/DEF 2000
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラム」以外の自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手の罠カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

アルケミ「次はラム、『未』。ヒツジね」
ななず「お待たせしましたお嬢様」
アルケミ「突っ込まないわよ?」
ななず「くっ!」
アルケミ「効果は、」

①:破壊されたら同名以外の『十二獣』を墓地蘇生。
②:【付与】自身を対象にする罠の効果を素材を使って無効。

アルケミ「ラビーナの時に言った罠のバージョンね。罠は魔法に比べて対象取るものが多いからこっちのが活躍できそうな気がするわ。少しだけど、それでも罠に耐性があるって、相手に攻撃するときの緊張が少なくなるからいいわね」


アルケミ「さあ、次はエクシーズモンスターよ!……どこいこうとしてるの、ななず?」
ななず「エクシーズモンスターの共通点としては」

同名以外に重ねてX召喚できる
攻守が、素材の攻守合計の数値になる

ななず「だね!」
アルケミ「うん、ばっちり。じゃあいくわよ! 」


ブルホーン
《十二獣ブルホーン》
★4 地 獣戦士族/エクシーズ ATK ?/DEF ?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

アルケミ「この人は『丑』!モー!」
ななず「効果は単純、獣戦士サーチ。特殊なのは『通常召喚できる獣戦士族』ってとこ」
アルケミ「《炎舞-「天キ」》より広範囲。レベルが関係ないからバルバロスとかでも持ってこれるわね」


タイグリス
《十二獣タイグリス》
★4 地 獣戦士族/エクシーズ ATK ?/DEF ?
レベル4モンスター×3
「十二獣タイグリス」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドのXモンスター1体と自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。その「十二獣」モンスターをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

ななず「可愛いこの娘は『寅』さん!」
アルケミ「……わたし、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。姓は車、名は…」
ななず「ストップストップ!それ長いから!」
アルケミ「なによ、フッたくせにー」
ななず「迂闊だった」
アルケミ「効果は素材補充ね。単体ではまあ、素材にエグゼシード…じゃなくてサラブレード持ってきて火力を1600に保ったりとかかしら……うーん、単体じゃあんまり活躍しそうにないわね」
ななず「別のカードゲーム混じってるから!それ素材にしたら最低でも攻撃力15000だから!」
アルケミ「何よ!今年、色んなカードが揃いも揃って十二支テーマなんて作るから悪いのよ!」


ドランシア
《十二獣ドランシア》
★4 地 獣戦士族/エクシーズ ATK ?/DEF ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

ななず「『辰』、つまりドラゴン!」
アルケミ「効果は、…強いわね。表側のカード破壊」
ななず「しかも相手ターンでも発動できる」
アルケミ「特に語ることのないエースモンスターね!」
ななず「酷い!」


ワイルドボウ
《十二獣ワイルドボウ》
★4 地 獣戦士族/エクシーズ ATK ?/DEF ?
レベル4モンスター×5
「十二獣ワイルドボウ」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
②:このカードは相手に直接攻撃できる。③:持っているX素材の数が12以上のこのカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。相手の手札・フィールドのカードを全て墓地へ送り、その後、このカードは守備表示になる。

ななず「見た目で完全に『申』だと思ってました!」
アルケミ「『亥』よ!間違えないでね」
ななず「なにこのロマン砲!」
アルケミ「ロマン?本気で言ってるのかしら?」
ななず「え、だって12枚だよ?」

こうすればいいのよ12

アルケミ「そんなの、こうすればいいのよ!」
ななず「うわあ……。なるほど、その手があったか…って!それぞれのXモンスターが『十二獣』に重ねて出せるのって1ターンに1度じゃん!」
アルケミ「………本当だわ!!!!」
ななず「やっぱロマン砲じゃん!!!」
アルケミ「まあでも、ダイレクトアタッカーが簡単に出せるってのは良いわね。硬直状態になりにくいし、理屈眼鏡を使えば打点2000を越えて直接攻撃出来そうだし」
ななず「ヴァイパーね。個人的な固有名詞は分かりにくいのでNGで」
アルケミ「はーい」


ゾディアックS
《ゾディアックS》フィールド魔法
①:自分フィールドの「十二獣」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分フィールドの攻撃力が一番高い獣戦士族モンスター以外の自分の獣戦士族モンスターを相手は攻撃対象に選択できない。
③:1ターンに1度、自分フィールドの「十二獣」モンスターが効果で破壊される場合、その「十二獣」モンスター1体の代わりに自分の手札・フィールドのモンスター1体を破壊できる。

アルケミ「ここから魔法&罠ね」
ななず「このフィールド魔法は」

①:『十二獣』攻守300アップ。
②:攻撃対象を最高攻撃力の獣戦士以外に向けさせない。
③:『十二獣』が効果で破壊される場合、手札・場のモンスター1体を破壊できる。

アルケミ「300アップは小さいながらも嬉しいわね」
ななず「攻撃対象制限もあって損はないけど、」
アルケミ「一番素敵なのは、この、手札・場のモンスターで破壊を身代わりにできる効果ね」
ななず「『相手の効果によって破壊される場合』じゃないから、自分で破壊しようとしたときも手札のモンスターで身代わりにできるんだよね」
アルケミ「そう。で、ラビーナやラムで墓地から回収や蘇生……サラブレードの時に『墓地へ落ちて有用なのいない』って言ったけど、意外と墓地に落とす意味ありそうね」
ななず「そうだね。にしても最近フィールド魔法強いね。いつからだろう」
アルケミ「渓谷からじゃない?」
ななず「はっ!!渓谷帰って来てー!!!渓谷ー!!」
アルケミ「迂闊……言うんじゃなかった…。ええい、次行くわよ次!」


会局
《十二獣の会局》永続魔法
「十二獣の会局」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「十二獣」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

ななず「えきょく? 」
アルケミ「かいきょく、ね。あれ、これって①の効果でこれを自身を破壊してリクルート、②の効果が発動して素材になれたりするの?」
ななず「え!?いや、それは流石に無理じゃないかな……………どうだろ」
アルケミ「ま、いいわ。えーと、」

①:自分場の表側1枚破壊して十二獣リクルート。
②:効果で破壊されたらX素材に。

アルケミ「この①の効果で破壊されるカードを、さっきのフィールド魔法で手札のラムやラビーナに対象を移して効果を発動させることが出来るわね。あ、天キを破壊してもいいわね」
ななず「便利だなー」


方合
《十二獣の方合》通常罠
①:自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。デッキから「十二獣」モンスター1体を選び、そのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「十二獣」カード5枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

アルケミ「最後よ!流石に疲れてきたわ」
ななず「まかせてアルケミ。最後は罠!効果は、」

①:場の『十二獣』エクシーズにデッキから『十二獣』素材を補充。
②:墓地から除外して、『十二獣』5枚デッキに戻して1枚ドロー。

ななず「注意点は、②の効果。戻すカードは全て別名じゃないといけないんだね。ただ、『十二獣』カードを戻せるから、魔法罠も戻せるよ」

ななず「こんなところかな、最初は出番無さすぎてどうしようかと思ったけど」
アルケミ「助かったわ。枚数意外と多いのね」
ななず「魔法罠が強力、というか便利だね」
アルケミ「そうね。組むの?」
ななず「組む!」
アルケミ「流石に今回で12体全部は出ないでしょうけど、既に十分戦えそうよね。初心者でも使いやすそうだし」
ななず「簡単にエクシーズ出来るのは使ってて楽しそうだね」
アルケミ「今回も2箱?」
ななず「もうちょっとだけパック買うかもしれないね」
アルケミ「楽しみね!」
ななず「うん!そして実は新しい、えすぷりっとばーど?も気になってる!」
アルケミ「『霊魂鳥』ね。そりゃもう2箱じゃ足りないかもね」
ななず「そ、そうだね」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

十二獣は…

基本的にエクシーズ好きな私的には珍しくイマイチピンと来ないという、珍しいシリーズだったりしますね。
(素材の攻守に影響されるのが苦手とも言う。)

霊魂鳥は元々スピリットデッキを持っているので気になる所ではありますが、今回の箱は身内に任せてるので、日記に書くとしたらパック買いの結果になりそうです。

No title

まあ、今までのエクシーズとはかなり性質が異なりますからね。
よく言って斬新、悪く言って異質な感じです。
おっしゃってる通り、今までのエクシーズと違って素材がダイレクトにエクシーズモンスターに影響を及ぼしますからね。

私は、素材によってスペックや効果の変わるエクシーズいてもいいよねーと思っていたので、たまたまですが願ったり叶ったりです。
…叶ったりですが、結局【月光】と組み合わせてしまいそうですね。

今回は、色々と尖ったカードが多いので箱買いと単品と別れそうですね。

後はアレですね、蘇生用のカードが使い辛い印象もありますよね。
墓地に落ちた時点で攻守が0になりますから、エクシーズ・リボーンとかが純正だとほぼ死に札に…(苦笑)

素材はまだリビデで蘇生もアリですが、純正だと蘇生カードをエクシーズモンスターに打てないのは痛い。

後は…効果無効系カードに対する対策が必須なのもやや取っ付きにくい印象ですかね。

No title

そうですねー、攻撃力?ばっかなんで《カトブレパスと運命の魔女》とかも考えましたが、結局うちは【月光】への出張セットになりそうですね。
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
仕事のためブログから蒸発。
「ブログはアルケミにまかせた!」
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
ななず失踪のため、現行ではこのブログの最高責任者。
「ふざけるんじゃないわよ、たまには顔みせなさい」
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ブログ『フラッシュありますか?』の管理人。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。
現在は真竜を組み始めたとか…。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ