《幻夢境》とシンクロ&エクシーズ論争

《幻夢境》
フィールド魔法
「幻夢境」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):フィールドのモンスターの種類によって、以下の効果を得る。
●融合:1ターンに1度、自分の手札・フィールドのモンスターが 効果で墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
●S:モンスターの召喚・特殊召喚成功時に自分はこの効果を発動できる。 そのモンスターのレベルを1つ上げる。
●X:自分エンドフェイズに発動する。 フィールドのレベルが一番高いモンスターを破壊する。


アルケミ「今日はカード考察ね。カードは…げんむきょう?」
ななず「ルビは『ドリームランド』だよ」
アルケミ「ふーん、何か、漫画版『5D's』みたいな名前の付けかたね」

アルケミ「アブソリュート・ヘル・ドグマ!」
ななず「地 獄 の 絶 対 独 断 !」
ひきだし「佐藤くんの悪口はやめろ!沢山強力なカード作ってもらっただろ!」
ななず「確かに」

アルケミ「話がずれたわね、で、このカードはどう使うの?」
ななず「融合の効果はちょっと使いづらいんだけど、シンクロとエクシーズは中々いいと思うんだ。試しにADSでクラウンブレードっぽい★4デッキ組んで、《幻夢境》3枚入れてみたんだけど、相手の場の強いモンスターに対していつでも『じゃあ、エクシーズしてエンド』って行動で対処出来るっていうのがいいね」
アルケミ「何かやる気ない感じね。でもまあ確かに、『攻撃』や、出したエクシーズモンスターの『効果発動』の手順が無いから、危険な罠や手札誘発なんかにもかかりにくいわけね」
ななず「そうそう。相手の上級モンスターに対して《フレシアの蟲惑》をエクシーズしてエンド、ってのは切り返しとしてもかなり使いやすかったね」
アルケミ「性格悪い感じね…。エクシーズはわかったわ、シンクロとしてはどうなの?」
ななず「今、これで《シューティング・クェーサー・ドラゴン》までたどり着くデッキを考えてる」
アルケミ「へー!どうやるの?」
ななず「まずは」

手札
《幻夢境》
《レッド・リゾネーター》
《シンクローン・リゾネーター》
『☆1モンスター』(今回は《チューニング・サポーター》)

1《幻夢境》発動。
2《レッド・リゾネーター》召喚。効果で《チューニング・サポーター》SS。
3《レッド・リゾネーター》+《チューニング・サポーター》で《ゴヨウ・ディフェンダー》AをSS。《幻夢境》の効果でレベルを4にする。
4《ゴヨウ・ディフェンダー》Aの効果で《ゴヨウ・ディフェンダー》BをSS。《幻夢境》の効果でレベルを4に。
5《ゴヨウ・ディフェンダー》Bの効果で《ゴヨウ・ディフェンダー》CをSS。
6《シンクローン・リゾネーター》をSS。
7《シンクローン・リゾネーター》と《ゴヨウ・ディフェンダー》Cで《波動竜フォノン・ドラゴン》をSS。
8《波動竜フォノン・ドラゴン》と《ゴヨウ・ディフェンダー》Aと《ゴヨウ・ディフェンダー》Bで《シューティング・クェーサー・ドラゴン》SS。

ななず「てな具合で」
アルケミ「うーん、手札消費見るとやっぱ【ジャンド】のがよさそうに見えるけど、リゾネーター自体はサーチ出来るし、何か悪用出来そうな『芽』が見えるわね」
ななず「うーん、ちょっと色々考えてみようかな。《幻夢境》と☆1~3あたりでシンクロデッキが組めるような気がするんだよね」
アルケミ「まあ、いっぱいシンクロ出来そうな感じがするわよね」

ななず「実はシンクロ使うの苦手なんだよね」
アルケミ「そうなの?」
ななず「エクシーズの方がレベル調整とか考えなくて好きなんだよね」
アルケミ「でも、シンクロも使ってるわよね」
ななず「まあ、ブラック・ローズとかノートゥングとか、強いのは分かるし、効果がデッキに必要になればエクストラに入るよ」
アルケミ「ふーん、そう言えばロククなんかはシンクロが好きそうよね」
ななず「と、いうわけでゲスト召喚!!」
アルケミ「シンクロ次元よりロクク、エクシーズ次元からひきだしを呼ぶわ」
ななず「2人にそれぞれのいいところを聞いてみましょう」

※以下の会話はアルケミの台詞以外は9割9部そのままの、2人のSkypeでの会話です。

アルケミ「上の説明いる?いつもの、ってかこのブログの台詞って全部そうじゃない」
ななず「そうなんだけどね!」

ななずロククはシンクロ好きだよな」
ロクク「そうだな」
アルケミひきだしはこっち側ね」
ひきだし「うん」
ロクク「エクシーズってなー、デッキの幅が狭くなるからなー」
ななず「というと?」
ロクク「エクシーズ使うとなるとデッキに同じレベルのモンスター多くなるじゃん?」
ななず「まあね」
ロクク「ってことは同じカードを複数積むのが1番だからデッキのモンスターの種類が少なくなってデッキの幅がせまくなるじゃん」
ひきだし「それは、安定性が高いってことだろ。どんなデッキにも『勝ち筋』ってのがあるでしょ」
アルケミ「そうだわ」
ひきだし「なら、僕としては持たせた『勝ち筋』を最大限で遂行出来るようにしてあげたいし、同じカードを複数積むことを縛りだとは考えられないな」
ロクク「でも同じカード複数積んでメインデッキの幅を狭くした結果、対応力が落ちることになるだろ。シンクロならチューナー1体から『こいつとなら☆6だけどこいつとなら☆8…』って具合に1体からの可能性が限りなく多くデッキが組めるじゃん」
ひきだし「だからそれは、決まったことの出来る確率が減るってことにつながるだろ」
ロクク「あとなー、エクシーズは素材となるモンスターたちはあくまで『素材』。道具のように扱われててあんま好きじゃねーんだよな」
ひきだし「はあ!?シンクロだって道具みたいに使ってるだろ!」
ロクク「シンクロは力会わせて呼び出してる感じがあるだろ!」
ひきだし「《TG-ハイパー・ライブラリアン》、道具にしてるだろうが!」
ロクク「ライブラリアンはなぁ…。あと、エクシーズはシンクロと比べて『切り札感』が無い」
ひきだし「《SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング》は十分に『切り札感』あると思うけど?」
ロクク「ライトニングはなぁ…死ね」
ひきだし「おい!」
ロクク「あと、あれじゃん。ソリティアした時って結局、シンクロ主体の流れのが強いし」
ひきだし「強さで議論するなら、今の環境トップ【EM竜剣士】のエクストラでも見てこいよ。歴代の環境デッキ、シンクロ入ってないデッキはあったかも知れないけれどエクシーズ入ってないデッキは無いからな!後、エクシーズはランクアップが格好いい!」
ロクク「アクセルシンクロもかっこいいだろおうおおお!!!」

ななず「白熱してきたな」
アルケミ「会話に入る隙が無くなったわね」

ひきだし「シンクロはチューナーを入れなきゃいけないってのが既に縛りなんだよなあ」
ロクク「それは縛りじゃなくてデッキの行動範囲を拡げる『可能性』だから」
ひきだし「エクシーズは《緊急テレポート》みたいなシンクロ用のカードも利用できるけど、『対シンクロ』カードにはほぼかからないしな」
ロクク「それはもう、『後から出た』っていう強みだろ?…シンクロはエクシーズと違って一度倒れても蘇生すればまた効果使えるけど、エクシーズは素材無くなったら使い捨ての道具になるし」
ひきだし「『道具』強調やめろや!!」
ロクク「エクシーズってトークン使えないじゃん、あれ不便だと思うわ」
ひきだし「それはそうだけど、エクシーズ主体のデッキはわざわざトークンなんて使わないから関係ないね。後、黒枠が格好いい」
ロクク「はあ!?いやいや、白枠のが格好いいから」
ひきだし「は?」
ロクク「アニメも5D'sのが面白かったしな」
ひきだし「いや、僕はZEXALのが好きだから!…ま、言うほどシンクロ嫌いじゃないけどなスターダスト格好いいと思うし」
ロクク「俺も。…俺もビヨンドよく使うしな」

ななず「なんだお前ら、仲良しか!」
アルケミ「瓦で殴りあってきたみたいな展開ね」
ななず「『河原』な。瓦で殴ったら死んじゃうだろ…」
ひきだし「ちなみに、ななずはどっちなん?」
ななず「俺はエクシーズかな」
ひきだし「なんだ、アカデミアに滅ばされた負け犬次元の出身かよ」
ななず「言い方!!…って、お前もだろうが!!」
ひきだし「ま、シンクロ次元ほど民度低く無いからな!」
ロクク「おい!言いたい放題だな!こ……」

ななず「長くなるのでここでカット!」
アルケミ「英断ね。なんか気になってきたんだけど、融合と儀式だとどうなのかしら」
ななず「またこの娘は興味本意で火種を巻くようなことを…」
アルケミ「で、次は?」
ななず「うーん、またレシピかな」
アルケミ「了解!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ