『PRIMAL ORIGIN』カード考察

アルケミ「久しぶりのカード考察、気合い入れて新弾のカード考察いくわよ!」
ななず「かっとビングだ!オレ!」

『PRIMAL ORIGIN』カード考察

《ZS-幻影賢者》
☆1 光 戦士族 ATK 500/DEF 100
自分フィールド上に「希望皇ホープ」と名のついたモンスターが存在する場合、自分のメインフェイズ時に発動できる。デッキからカードを1枚ドローする。また、バトルフェイズ中に自分フィールド上のモンスターが除外された場合、その除外されたモンスター1体を選択し、フィールド上のこのカードを除外して発動でき る。選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚し、相手フィールド上の攻撃力3000以下のモンスター1体を選んで除外する。「ZS-幻影賢者」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

PIN「こいつ強くね!?」
ななず「こいつ弱くね!?考察するほどか?」
PIN「え!?」
ななず「……え?…マジで言ってんの?」
PIN「え、マジで。こいつ弱い?」
ななず「まず第1に、2つの効果のどちらもが《ZS-幻影賢者》と他モンスター1体の合計2体を場に揃えないと機能しないこと、第2に、どちらの効果も発動条件が限定的」
PIN「あー、まあな」
ななず「ドロー厨のPINとしてはホープと並べて毎ターンドローしたい感じ?」
PIN「いや、使えると思ったのは除外の方」
ななず「え、バトルフェイズ限定だよ!?効果読み間違えてない?」
PIN「いや、………読み間違えてはないな」
ななず「逆に、どう使うの?」
PIN「《ゼンマイラビット》なら、好きなときに除外出来るじゃん」
ななず「ああ、なるほど。《増援》《ワン・フォー・ワン》《炎舞ー天キ》と、場に揃えるのは用意だから、俺の考える場に揃える難易度は下がったね」
PIN「加えて、《トゥルース・リィンフォース》もある。相手ターン、相手からすると《ゼンマイラビット》《ZS-幻影賢者》の2体がいるとバトルフェイズに入らないだろうけど、《ゼンマイラビット》だけなら攻撃してくるし、その時にこのカードを使えばいきなり《ZS-幻影賢者》が出てきて3000以下除外…と強力な除去による奇襲をかけれるしな」
ななず「なるほど!」


《BK ベイル》
☆4 炎 戦士族 ATK 0/DEF 1800
自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、受けたダメージの数値分だけ自分のライフポイントを回復する。

アルケミ「PIN、自分の意見だけ持ってきて、さっさと去ったわね」
ななず「まあ、考察カード1枚増えていいじゃないか」
アルケミ「これは、何がいいの?」
ななず「うん、

ただ攻撃を防ぎたいだけなら、
《速攻のかかし》
さらに場にモンスターが欲しいなら、
《バトルフェーダー》
防御質を下げてモンスター質を上げるなら、似た所で
《ガガガガードナー》

がいるよね」
アルケミ「そうね、このモンスターを押す理由がないわ」
ななず「レベル4、戦士を生かすことを前提にして、《ガガガガードナー》をライバルにして考えてみようか」
アルケミ「まあ、フェーダーやゴーズ、《トラゴエディア》と比べるのはお門違いよね。出来ること違いすぎるし」
ななず「まず、互いの利点を挙げていこうか」

《ガガガガードナー》
・直接攻撃に反応しての特殊召喚
・手札を1枚墓地に送れる
・手札1枚のコストで戦闘耐性を得る
《BK ベイル》
・戦闘ダメージに反応して特殊召喚
・ダメージを回復

アルケミ「毎回思うけど、ななず…手札コストの意味知らないでしょ」
ななず「え、基本的に『手札を1枚墓地に送って~』や『手札を1枚捨てて~』は手札から好きなカードを墓地へ送れるメリット効果だとおもってるけど?」
アルケミ「まあでも一般的に、コストとして考えましょう。…戦闘ダメージで出てライフ回復ってことは、実質ノーコストなわけよね?」
ななず「そうそう。例えば相手からの直接攻撃を受けた時、場にモンスターを残そうと考えるなら《ガガガガードナー》が手札1枚を消費の合計2枚に対して、《BK ベイル》なら攻撃を受けてからで良いから1枚でいいんだよね」
アルケミ「分かりやすく言うと、《機甲忍者ブレード・ハート》の直接攻撃を防ぐのに、《ガガガガードナー》は手札コストを合わせて2枚、《BK ベイル》は1枚で済むってことかしら」
ななず「うん、★4デッキならガードナーと選択肢を争えると思うよ」


《アーティファクト-ラブリュス》
☆5 光 天使族 ATK 2300/DEF 1000
このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠カードゾーンにセットできる。魔法&罠カードゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた時、このカードを特殊召喚する。また、「アーティファクト」と名のついたカードが破壊され、自分の墓地へ送られた時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

ななず「アーティファクト出張セットって何になるんだろう」
アルケミ「出張セット?」
ななず「ほら、

炎星出張セット
《炎舞ー天キ》+《暗炎星ーユウシ》
TG出張セット
《TG ストライカー》+《TG ワーウルフ》

みたいな、どのデッキにも持っていけるやつ」
アルケミ「うーん、

《アーティファクト・ムーブメント》+《アーティファクトーモラルタ》
《アーティファクトの神智》+《アーティファクトーモラルタ》

かしら?、アーティファクト多量に入れないなら《邪神の大災害》は必要ないでしょうから…上の組み合わせに追加で《ダブル・サイクロン》を1枚指すのが良いと思うんだけど」
ななず「うん、《ダブル・サイクロン》は結構良いんじゃないかな」
アルケミ「ラブリュスの2つ目の効果は『任意効果』よね。《アーティファクト・ムーブメント》で自分のアーティファクトを破壊した時にはタイミングを逃して手札からは出てこないのね」
ななず「これは痛いね。ただ、《ダブル・サイクロン》との相性はいいんたよね」
アルケミ「アーティファクトデッキはどう?強そう?」
ななず「え、かなり強そうに見えるけど…」
アルケミ「アーティファクト以外のカードって、何が入る?」
ななず「今考えてるのは《セイクリッド・プレアデス》特化で…《神の居城ーヴァルハラ》や《大天使クリスティア》や《オネスト》。カドケウスをさらに生かし、プレアデスに繋げるために《光神テテュス》や、相手ターンに特殊召喚すればいいから《リビングデッドの呼び声》もいいし、《霊魂の護送船》や《天空の宝札》と《奇跡の降臨》とかもいいよね」
アルケミ「思ってた以上に考えてるのね」
ななず「後は、神智やムーブメントで好きな種類持ってこれるから《ライトレイ ディアボロス》、フェイルノートをすぐに使えるように《銀河戦士》も良いかもね」
アルケミ「で、組むの?」
ななず「え、ううん。ADSでは組むと思うけどね」
アルケミ「だと思った」


《ガガガシスター》
☆2 闇 魔法使い族 ATK 200/DEF 800
このカードが召喚に成功した時、デッキから「ガガガ」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。また、このカード以外の自分フィールド上の「ガガガ」と名のつい たモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターとこのカードは、エンドフェイズ時までそれぞれのレベルを合計したレベルになる。「ガガガシスター」のこの効果は1ター ンに1度しか使用できない。

ななず「シスター可愛い!」
アルケミ「ちゃんと考察しなさい」
ななず「召喚時に相手フィールドを1枚破壊か、★3~10のエクシーズ召喚が行える超強力カード!」
アルケミ「いや、まあそうなんだけど、詳しく説明しなさいよ」
ななず「《ガガガボルト》サーチで1枚破壊か、《ガガガリベンジ》サーチで《ガガガマジシャン》蘇生、その後エクシーズ!」
アルケミ「ついに【ガガガ】が★9以降に気軽に手を出せるのね」
ななず「これを機にアルケミのデッキをガガガ軸に移行しようかな。シスターやガール可愛いし」
アルケミ「…別に、今のままでも平気よ?それにそれだと私を出しにくくならない?」
ななず「うーん、考えてみるか…」
アルケミ「もう…」

ななず「以外と文章長くなっちゃったなー」
アルケミ「4枚しか考察してないのにね」
ななず「まあでも、とりあえずはそんな感じかな」
アルケミ「デッキレシピはー?」
ななず「そろそろあげていこうかな、色々増えたし」
アルケミ「例えば?」
ななず「No.特化の【マドルチェ】とか、【ディープ・スペース・クルーザー・ナイン】とか」
アルケミ「早くあげなさいよ」
ななず「そうなんだけどね。他にもカード考察の文章書いたりしてるんだけど、なかなかうまく記事にまとまらなくってね」
アルケミ「ちなみに、今回の『PRIMAL ORIGIN』はどうだった?」
ななず「優良パックだと思うよ。面白いカード沢山あったし。ただ、残りのNo.どうなるんだろう?漫画で出すのかな?」
アルケミ「ななずはNo.70が気になるのよね」
ななず「『ななず』ってのが数字の70から来てるからね。《No.70 デッドリー・シン》…一体どんな効果…だったんだ?」
アルケミ「漫画で出たけど、効果使わないまま即ランクアップしちゃったからね」
ななず「そこで!もしかすると、あのRUMの効果が付与されてOCG化されるのではないかと!」
アルケミ「エクシーズ素材1つを取り除いて1つ上のモンスター・エクシーズにランクアップ…だっけ?」
ななず「だといいな」
アルケミ「もしそうなら凄くいい効果だけど、どうかしら」
ななず「名前はやっぱり『7つの大罪』から来てるのかな?」
アルケミ「デッドリー・シンが『大罪』って意味だからそうじゃない?」
ななず「70なのは、『七重』ってことで7つを意味してるんじゃないかな」
アルケミ「白紙のNo.って格好いいわよね!」
ななず「本当に。主人公みたいな能力というかなんというか」
アルケミ「漫画版ゼアル、漫画もOCG化されるカードも面白くて良いわよね」
ななず「絵、綺麗だしね」
アルケミ「このブログも頑張っていくわよ!」
ななず「一時更新中止まで後1ヶ月ちょっと!頑張るぞー!」
アルケミ「おー!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
仕事のためブログから蒸発。
「ブログはアルケミにまかせた!」
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
ななず失踪のため、現行ではこのブログの最高責任者。
「ふざけるんじゃないわよ、たまには顔みせなさい」
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ブログ『フラッシュありますか?』の管理人。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。
現在は真竜を組み始めたとか…。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ