《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》考察

《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》

《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》
☆8 闇 ドラゴン族/融合 ATK 3500/DEF 2000
レベル7「レッドアイズ」モンスター+レベル6ドラゴン族モンスター
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
②:このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

アルケミ「悪夢のようなカエルの効果判明、もとい犯行予告は一先ず置いておいて、新パックのカード考察よ!」
ななず「『流星竜』かっけー!イラストもかっけー!それよりも『流星竜』って響きがかっけー!英語で言うとシューティング・スター・ド………」

ゴッ

ななず「痛い!」
アルケミ「テンション上がってても言って良いことと悪いことがあるわ」
ななず「ごめん、ちょっと調子にのったよ」
アルケミ「効果はシンプル、『バーン&リボーン』ね」
ななず「まるでそんな単語があるかのようにサラッと言ったね」
アルケミ「造語よ!」
ななず「知ってた!」

アルケミ「とはいえ、『レッドアイズ』の攻撃力の半分ってのは穏やかじゃないわ。こいつも《真紅眼融合》で出せる以上、レッドアイズデッキはいつでも1200ライフ削れることになるものね」
ななず「ガンマンやグスタフみたいなラインをガンマンより強力に、グスタフより手軽に仕上げられた感じだね」
アルケミ「ちなみに」

1《真紅眼融合》発動、効果で《真紅眼の黒竜》と《メテオ・ドラゴン》を墓地へ送り《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》をSS、効果で《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を墓地へ送り相手に1400ダメージ。
2《真紅眼融合》で出した《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》は《真紅眼の黒竜》として扱うので、《黒炎弾》発動、相手に3500ダメージ。
3『2』と一緒。

アルケミ「で、ゲームセットよね」
ななず「そっか!《黒炎弾》って《真紅眼の黒竜》の元々の攻撃力分か!」
アルケミ「2枚で7000ダメージ、悪くないわね」
ななず「先行ワンキルじゃねーか……」
アルケミ「本当に《レッドアイズ・インサイト》でサーチ出来なくて良かったわね、《黒炎弾》」
ななず「本当だよ!」
アルケミ「3500ダメージと思えば《レッドアイズ・バーン》も悪くないわ」
ななず「互いに3500ダメージの後に、こっちは流星竜の効果でレッドアイズ出せるもんな…」
アルケミ「誰よさっき1200ラインとか言った奴。3500ラインじゃないの」
ななず「こうして見ると《真紅眼融合》持ってこれる《レッドアイズ・インサイト》が不気味な強みを持ち始めるな」
アルケミ「《レッドアイズ・バーン》も持ってこれるわよ」
ななず「頭おかしくなりそうな効果ダメージテーマのカテゴリと化したな……」

ななず「本当にこいつがレベル10じゃなくてよかった…!」
アルケミ「隣のレダメとグスタフなんか作られたらたまったもんじゃないわ」
ななず「そうそれ!」
アルケミ「良かったわねレベル8で」

アルケミ「これからは《真紅眼融合》止めれなきゃ負け…ってのも有りうるわね」
ななず「先行取られたらどうすれば…」
アルケミ「神に祈るのよ、遊戯王OCGの神に!」
ななず「ライフ払わないと何もしてくれない神に!」
アルケミ「やめなさい、お世話になってるでしょ」
ななず「そうだけど…。泣けてくるわ」
アルケミ「一応ヴェーラーで止めれるわよ」
ななず「そうだけど…」

アルケミ「セーィル」
ななず「今僕らを乗せー漕ぎ出すーせかーいでー」
アルケミ「かー、ぜはー」
ななず「音もたーてずーにゆれーてるー………って、最近のアルケミ時々、唐突に歌い出すよね」
アルケミ「え、いいじゃない?」
ななず「え?…いや……あれ?」
アルケミ「え、駄目?」
ななず「………じゃ、ないけど………あれ?」
スポンサーサイト

《餅カエル》判明時の身内の反応

餅カエル

PIN「はああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!??」

ななず「どうしたPIN、いつになく声上げて」
PIN「こっ、こいつ……ヤバくね!!」
アルケミ「どうしたの?そんなに騒いで」
PIN「次のパックの新カード《餅カエル》が…………えっ!?いや、……強くね!!」
ななず「持ちカエル?」
アルケミ「強い……そこまでいうなら、名前からして《イレカエル》系の効果かしら」
ななず「そんなに?」
PIN「『たぶん』……とは答えられないレベルくらいに」
ロクク「まじか」
ななずロクク「みてみよー」

餅カエル01

ななず「ヤバイだろこれ……」
アルケミ「これは、ヤバイでしょ……」
PIN「だよな!」
ななずアルケミ「イラストが…………」
PIN「そっちね」
ロクク「このイラストは……!」
ひきだし「この後光が指してるのじわじわ来るな」
ななず「えーと、何々?」

①:自分・相手のスタンバイフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから「ガエル」モンスター1体を特殊召喚する。

ななず「確かに!これは強い!」
アルケミ「ガエルサポートとしては嬉しい効果ね」
PIN「そこは大した問題じゃない」
ななず「え?」
PIN「次を読んでみろ」

②:1ターンに1度、相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時、自分の手札・フィールドの水族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。その後、破壊したカードを自分フィールドにセットできる。

ななずアルケミ「……………………………………………………………」
ロクク「ハアーーーーッ!?なんだこれ!?」
ひきだし「へー、おもしろいこうかだね(棒)」
ななず「いやいやいやいや」
アルケミ「狂ってるから!!イラストとあわせて狂気しか詰まってないわこのカード!!」

③:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

ななず「なんで効果3つもついてんのこいつ」
アルケミ「このカード見てると涙が出てくるわね………………。……ななず、次、わたしのカード考察してね…私の強いところ探してね……」
ななず「こんなしおらしいアルケミ初めて見た!!!なんだこのカードすげぇ!」
PIN「そこかよ」
ななず「イラストもカードパワーも狂っててどっから突っ込めばいいのかわからん!」
ひきだし「100点満点中、そうだな……35点くらいかな」
ななず「135点くらいだろ!!」
ロクク「なんでこいつ攻撃力2200もなんの!」
PIN「《ゴブリン突撃部隊》入れるか」
イザナ「《ナイト・ドラゴリッチ》でいいんじゃ…」
ななず「【ガエル】組み直すか!」
PIN「現金な奴め……」
ななず「あー!でもこれを気に【アクアアクトレス】も組んでみたい!」
PIN「合わせろよ」
ななず「いやそれは無理……………………………………か?」

ロクク「にしても本当にこのイラストは酷いな!w」
ななず「ギネス持ってる遊戯王OCGの種類の中でも、個人的に屈指のイカれたイラストだと思う」
ロクク「ホントにな!」

餅カエル01

ななず「もう、しばらく《餅カエル》のことしか考えれなさそうだわ……」
PIN「お?次回から『餅カエルの遊戯王ブログ』に……」
ななず「しません!!」

餅カエル01

【ライオホープレイシャドール】

【ライオシャドール】

【ライオホープレイシャドール】

モンスター20
《ジェムナイト・ガネット》×2
《シャドール・ビースト》
《シャドール・ドラゴン》×2
《シャドール・リザード》×2
《シャドール・ハウンド》×2
《シャドール・ヘッジホック》×2
《Emトリック・クラウン》×2
《Emハットトリッカー》×3
《妖精伝姫-シラユキ》
《マジカル・コンダクター》
《召喚僧サモンプリースト》
《ZW-一角獣皇槍》

魔法16
《ブリリアント・フュージョン》×3
《簡易融合》×3
《黒魔術のヴェール》×2
《影依融合》×2
《神の写し身との接触》
《超融合》
《死者蘇生》
《ソウル・チャージ》
《ツインツイスター》
《ハーピィの羽根帚》

罠4
《堕ち影の蠢き》×2
《神の宣告》
《神の警告》

エクストラ15
《エルシャドール・シェキナーガ》×2
《エルシャドール・ミドラーシュ》
《ジェムナイト・セラフィ》×2
《ペアサイクロイド》
《カオス・ウィザード》
《サウザンドアイズ・サクリファイス》
《ZW-獣王獅子武装》
《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》
《CNo.39 希望皇ホープレイ》
《No.39 希望皇ホープ》
《No.59 背反の料理人》
《アルケミック・マジシャン》
《励輝士ヴェルズビュート》


ななず「デッキできたー」
アルケミ「なんか机の上に残骸が見えるんだけど!」
ななず「このデッキにパーツ集めるのにデッキ3つ崩したからね」
アルケミ「な、……なに崩したの?」
アルケミ「えーと、《ブリリアント・フュージョン》のために【AFジェムスピリット】、《影依融合》と下級シャドールのために【植物シャドール】、《簡易融合》のために【アルケミックビート】かな」
アルケミ「え!3つも!?……ってえええええ!私の【アルケミックビート】もこんな姿にしてえええぇ!」
ななず「まあ、これが新しいアルケミのデッキだから…」
アルケミ「……」
ななず「ほら!【アルケミ騎士団】もラウンチ来たら完成するし!」
アルケミ「…まあ、ちゃんと私も入ってるし……うーん…」

ななず「基本的な回し方はシャドールを使ってる感覚だけど、相手に隙が見えたらライオ・ホープレイで一気にライフを削る!そんな感じ」
アルケミ「デッキの《ジェムナイト・ガネット》が《ブリリアント・フュージョン》だけじゃなく、《エルシャドール・シェキナーガ》の素材にもなれるってのは噛み合ってるわね」
ななず「そうそう」
アルケミ「にしても、融合モンスター多いわね」
ななず「そうなんだよね、エクシーズもライオ・ホープレイ入れたらもう枠がなくって…」
アルケミ「実際使ってみてどうなのよ」
ななず「シャドールをベースにしてるだけあって回りやすい。そしてシェキナーガがこれでもかって言うくらい強い」
アルケミ「あれ……。これ私要らないんじゃ」
ななず「そんなことないよ!」
アルケミ「そ、そう?」
ななず「《影依融合》引けないときに持ってきたり、《超融合》持ってきたり役にたってるよ!」
アルケミ「そうなんだ」

アルケミ「あ!この《ペアサイクロイド》!なんでこれを採用してるの?このデッキじゃ出ないでしょ!《簡易融合》用にしてももっといいのいるはずよ」
ななず「うん、これは、最近注目されてる『ABC』で《トランスターン》から《銀河戦士》が出てくるじゃん?」
アルケミ「あっ、なるほど!ノヴァインフィニティのためには場に《銀河戦士》×2を揃える必要があるからそこを狙って《超融合》するのね!」
ななず「そう!だから初ターンアルケミ出して《超融合》セットとかもよくやるよ」
アルケミ「へー、やるじゃない」
ななず「あと、いざってときに蘇生したりするとダイレクトアタッカーとして思わぬところで活躍する」

アルケミ「あれ、もしかして魔法カードって特殊召喚系が多い?」
ななず「うん、《ハーピィの羽根帚》と《ツインツイスター》の2枚以外は全部モンスター特殊召喚系にしてあるよ」
アルケミ「うわ、こうして見ると多いわね」
ななず「うん、切り札はやっぱり『ライオ・ホープレイ』だからそれが出るように全力は尽くさないと」
アルケミ「で、結果は?努力だけじゃ認められないわよ」
ななず「これが割りといいんだよね、増Gとか打たれても一撃で決めに行くから問題なくライオ・ホープレイ作れるし。何より、これだけ特殊召喚カード多いと、作りたいときに作れるから、相手に伏せが無くなったら一気にライフ削りに行ってるよ」
アルケミ「作りたいときに作れるってのは大事ね。でもミドラーシュとの相性は悪いわよね?」
ななず「だから1枚にしてあるんだよ」
アルケミ「なるほど」
ななず「ミドラーシュは1度呼べば《黒魔術のヴェール》で都合のいいときに呼び戻せるし、そもそも《簡易融合》で呼んでこれるしね」
アルケミ「ミドラーシュ、1000ライフで使い勝手いいことこの上無いわね」
ななず「都合のいいモンスター」
アルケミ「やめなさい」

ななずアルケミ「せーのっ」

ななず「闘志がまといし、その衣」
アルケミ「とどろく咆哮、大地を揺るがし」
ななずたばしる迅雷、神をも打ち砕く!」
ななずアルケミ「獣装合体!ライオ・ホープ…
アルケミ「ザ!ライトニング!!」
ななず「元も子もない!!」

『ライオ・ホープレイ』考察。

ライオ・ホープレイ

ななず「みんなホープは何が好き?」
ひきだし「《CNo.39 希望皇ホープレイV》かな」
PIN「《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》かなあ」
ななず「じゃ、それ、手札2枚から出してみよう」
ひきだし「え!」
PIN「は!?……出来たわ」
ななず「え!?」

PIN「手札2枚で《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》」
1《聖刻龍-トフェニドラゴン》SS。
2《聖刻龍-トフェニドラゴン》をリリースして《聖刻龍-シユウドラゴン》をSS。
3《聖刻龍-トフェニドラゴン》の効果で《エレキテルドラゴン》SS。
4《聖刻龍-シユウドラゴン》と《エレキテルドラゴン》で《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》をエクシーズ。

ななず「あっ…はい」
ひきだし「そりゃそうなる」
アルケミ「普通ね」
PIN「これが一番だろ!」

ななずひきだしはどう?」
ひきだし「実質ならなんとか……」

ひきだし「手札消費実質1枚で《CNo.39 希望皇ホープレイV》」
1《ファーニマル・ドッグ》召喚、効果で《ファーニマル・ベア》をサーチ。
2《ファーニマル・ベア》を捨てて、効果で《トイポッド》をセット。
3《トイポッド》発動。
4《ブリリアント・フュージョン》発動、《ファーニマル・ウィング》と『ジェムナイトモンスター』を墓地へ送って《ジェムナイト・セラフィ》SS。ウィングの効果で自身とベアを除外し1枚ドロー、さらに《トイポッド》を墓地へ送って1枚ドロー。《トイポッド》の効果で『☆4ファーニマル』をサーチ。
5《ジェムナイト・セラフィ》の追加召喚権で『☆4ファーニマル』を召喚。
6《ファーニマル・ドッグ》と『☆4ファーニマル』で《No.39 希望皇ホープ》をエクシーズ。
7《RUM-リミテッド・バリアンズ・フォース》発動。希望皇ホープをランクアップし《CNo.39 希望皇ホープレイV》をSS。

ひきだし「実質手札消費はRUM1枚!」
ななず「すげぇ!!」
PIN「おおー」
アルケミ「ファーニマルはなにやっても恐いモンスターが立つのね……」

アルケミ「ちなみに、ななずは何が好きなのよ?もちろん手札消費2枚で出してくれるんでしょうね?」
ななず「『ライオ・ホープレイ』だね」
PIN「ライオってどんなだっけ」
ひきだし「あれか、ライオアームズ装備するやつか」
ななず「そうそう、『ライオ・ホープレイ』と『CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー』が好きなんだけど、ヴィクトリーはひきだしのVと被るので、ライオで行くよ」
アルケミ「見せてもらいましょうか」

ななず「手札2枚で『獣装合体 ライオ・ホープレイ』」
1《ブリリアント・フュージョン》発動、効果で《ジェムナイト・ラズリー》と《Emトリック・クラウン》を墓地へ送り《ジェムナイト・セラフィ》SS。《Emトリック・クラウン》の効果でクラウンをSS。
2《簡易融合》発動、《パンツァー・ドラゴン》SS。
3《パンツァー・ドラゴン》と《ジェムナイト・セラフィ》で《ZW-獣王獅子武装》をエクシーズ。
4《ZW-獣王獅子武装》の効果で《ZW-一角獣皇槍》をサーチ。
5《ZW-一角獣皇槍》召喚。
6《ZW-一角獣皇槍》と《Emトリック・クラウン》で《No.39 希望皇ホープ》をエクシーズ。
7《No.39 希望皇ホープ》をカオスエクシーズチェンジし《CNo.39 希望皇ホープレイ》SS。
8《ZW-獣王獅子武装》を《CNo.39 希望皇ホープレイ》に装備。

ななず「出来た!」
アルケミ「やるじゃない、人に言うだけあるわね」
ななず「まあね」

ガイドラアクナイト

アルケミ「じゃあ私は1~5までななずと同じにして」
6《ZW-一角獣皇槍》と《Emトリック・クラウン》で《No.101 S・H・Ark Knight》をSS。
7《ZW-獣王獅子武装》をエクシーズチェンジし《迅雷の騎士ガイアドラグーン》SS。

アルケミ「アークナイトで《CNo.39 希望皇ホープレイ》、もとい『ライオ・ホープレイ』を素材にして、2体で攻撃よ!!」
ななず「鬼か!」

《流星方界機デューザ》考察

デューザトラスタインフィニティ

ななず「海馬のストラクに入ってるABCが早速、環境に食い込んだらしいね」
アルケミななずの推してる電磁石は全く見ないわね」
ななず「おっかしいなー」
アルケミ「なんでも聞いた話じゃ《トランスターン》から銀河戦士持ってきて《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》を出すらしいわ」
ななず「確かに一切の無駄なくつええ…」

1《B-バスター・ドレイク》召喚。
2《トランスターン》発動、ドレイクを墓地へ送り《銀河戦士》AをSS。
3《銀河戦士》Aの効果にチェーンして墓地のドレイクの効果発動。ドレイクで《A-アサルト・コア》、《銀河戦士》Aで《銀河戦士》Bをサーチ。
4《A-アサルト・コア》を手札から墓地へ送り《銀河戦士》BをSS。
5《銀河戦士》AとBで《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》をエクシーズ。
6《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》をノヴァに重ねてSS。

アルケミ「てことらしいわ。…強いわ!」
ななず「あ、光機械ならデューザ!あいつを使ってもインフィニティ出せるんじゃない?」
アルケミ「うーんと、」

1《流星方界機デューザ》A召喚、効果で《方界業》を墓地へ送る。
2《トランスターン》発動、効果でデューザAを墓地へ送り《銀河戦士》AをSS、効果で《銀河戦士》Bをサーチ。
3《方界業》を除外し《流星方界機デューザ》Bをサーチ。
4《流星方界機デューザ》Bを手札から捨てて《銀河戦士》BをSS。
5《銀河戦士》AとBで《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》をエクシーズ。
6《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》をノヴァに重ねてSS。

アルケミ「で、どうかしら」
ななず「おお、そうそう。流石アルケミ
アルケミ「えっへん!……あれ、これって《シルバー・ガジェット》が手札にあったら隣に《ギアギガントX》が立つんじゃない?」
ななず「え?」

1《シルバー・ガジェット》召喚、効果で《流星方界機デューザ》AをSS、効果で《方界合神》Aを墓地へ送る。
2《トランスターン》発動、効果でデューザAを墓地へ送り《銀河戦士》AをSS、効果で《銀河戦士》Bをサーチ。
3《方界合神》Aの効果で《流星方界機デューザ》BをSS、効果で《方界合神》Bを墓地へ送る。
4《シルバー・ガジェット》と《流星方界機デューザ》Bで《ギアギガントX》をエクシーズ、効果で《流星方界機デューザ》Cをサーチ。
4《流星方界機デューザ》Cを手札から捨てて《銀河戦士》BをSS。
5《銀河戦士》AとBで《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》をエクシーズ。
6《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》をノヴァに重ねてSS。

アルケミ「ねっ」
ななず「なんか今日のアルケミ冴えてるね」
アルケミ「ちなみに、手順3の《方界合神》Bを墓地へ送る所は正直、何でもいいわ。ヴィジャム入れてないと《方界業》入れにくいかなと思って、この手順に《方界業》を混ぜたくなかっただけだから。方界デッキならここで落とすのは《方界業》でぜんぜんOKだけどね」
ななず「なるほど」
アルケミ「これ、あんまり流行りすぎると《トランスターン》が規制あるかも知れないわね…」
ななず「どうだろう……でも、環境は本当に色んなデッキが入賞してるよね」
アルケミ「そうね、遊戯王OCGとは思えないわ」
ななず「それは言い過ぎ!」

《アロマセラフィ-アンゼリカ》考察。

《アロマセラフィ-アンゼリカ》
☆1 光 植物族 チューナー ATK 0/DEF 0
「アロマセラフィ-アンゼリカ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨て、自分の墓地の「アロマ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復する。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在し、自分のLPが相手より多く、自分フィールドに「アロマ」モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

ななず「アロマージの新規カード!」
アルケミ「正確には『アロマ』の新規ね」
ななず「最初に見たときは『アロマセフィラ』かと思って戦慄した。…え!手札誘発なのに神託でサーチ出来るじゃん!って」
アルケミ「いやいや、ないでしょ。あと、手札誘発じゃなくて起動効果だから」

ななず「①と②の効果はそれぞれ1ターンに1度だから、一気に使ってシンクロしていきたいと思っちゃうね」
アルケミ「でも、簡単に墓地を肥やすカードなんてアロマには無いわよ?」
ななず「そうそう、アロマと名の付く…いわば『アロ末の騎士』みたいなのがいればアロマを場に出しながらアロマを墓地に遅れて手札のこのカードを活かせるんだけどな」
アルケミ「妄想はほどほどにね」
ななず「ということで、考えたけ結果、このカードにたどり着いた」

《超栄養太陽》
永続魔法
自分フィールド上のレベル2以下の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターのレベル+3以下のレベルを持つ植物族モンスター1体を、手札・デッキから特殊召喚する。このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。そのモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。

アルケミ「ああ、アロマ召喚、《超栄養太陽》発動、ロンロンロンファ、アロマージってことね。確かにこれなら場と墓地にアロマを用意できるわ。……で、これだけじゃないんでしょ?」
ななず「うん、」

《ゴヨウ・ディフェンダー》
シンクロ ☆3 地 戦士族 ATK1000/DEF1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが 戦士族・地属性のSモンスターのみの場合に発動できる。エクストラデッキから「ゴヨウ・ディフェンダー」1体を特殊召喚する。
②:このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。 このカードの攻撃力はそのダメージステップ終了時まで、 このカード以外の自分フィールドの戦士族・地属性のSモンスターの数×1000アップする。

ななず「ロンファ×3の後に《アロマージ-ジャスミン》を持ってくれば、手札のアンゼリカ捨てて回復、ジャスミンでドロー、アンゼリカ蘇生してディフェンダーから★3を出せるなーと思って」
アルケミ「ディフェンダーって、悪いことできそうなのにあんまり目立たないわよね」
ななず「てことで、このカード!」

《ダーク・ヴァージャー》
☆2 地 植物族 ATK 0/DEF 1000
自分フィールド上に植物族のチューナーが召喚された時、このカードを墓地から攻撃表示で特殊召喚する事ができる。

ななず「これで、アンゼリカ召喚からディフェンダーが簡単に!」
アルケミ「そう言えば、こんなモンスターいたわね」
ななず「ディフェンダー×2は、★3…《メリアスの木霊》を作れるからわりと使い易いと思うんだ」
アルケミ「ふーん、てことは」

1《ダーク・ヴァージャー》召喚。
2《超栄養太陽》発動、《ローンファイア・ブロッサム》×3から《アロマージ-ジャスミン》SS。
3《アロマセラフィ-アンゼリカ》を捨ててライフ回復。ジャスミンで1枚ドロー。
4《アロマセラフィ-アンゼリカ》を墓地からSS。
5《アロマセラフィ-アンゼリカ》+《アロマージ-ジャスミン》=《ゴヨウ・ディフェンダー》Aをシンクロ。
6《ゴヨウ・ディフェンダー》B、《ゴヨウ・ディフェンダー》CをSS。
7《ゴヨウ・ディフェンダー》AとBで《メリアスの木霊》Aをエクシーズ。効果で《ローンファイア・ブロッサム》を墓地からSS。
8《ローンファイア・ブロッサム》の効果で《スポーア》SS。
9《スポーア》+《ゴヨウ・ディフェンダー》=《古神クトグア》をシンクロ。
10《ローンファイア・ブロッサム》を墓地から除外し、墓地の《スポーア》を☆4としてSS。
11《スポーア》+《古神クトグア》=《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》をシンクロ。

アルケミ「てのはどうかしら」
ななず「次のターン以降の用意もしながらクリスタルウィングってのはいいけど、手順長いなー!」
アルケミ「ディフェンダー使ったらどうやっても長くなっちゃうのよね」
ななず「まあ、うちのアロマージでは使わないかな。パーツいれるスペース無さそうだし」
アルケミ「え!折角考えたのに!」
ななず「ロンファ×3のスペースがなかなか出来ないんだよなー。スペース出来たら考えてみるよ」
アルケミ「むむむ」

《レッドアイズ・インサイト》考察。

《レッドアイズ・インサイト》
通常魔法
「レッドアイズ・インサイト」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。デッキから「レッドアイズ・インサイト」以外の「レッドアイズ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

ななず「今回は7月9日発売の『INVASION OF VENOM』から《レッドアイズ・インサイト》を考察」
アルケミ「あれ、これって《レッドアイズ・スピリッツ》と打ち合わせしたように歯車が噛み合うわね」

《レッドアイズ・スピリッツ》
通常罠
①:自分の墓地の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

ななず「吃驚するほど相性いいよね……はぁ」
アルケミ「どうしたの?」
ななず「ドラゴン中心のテーマで専用の墓地肥やしをわざわざ出してくるってことは、『《竜の渓谷》の緩和はありませんよ』って間接的に言われてる気がして」
アルケミ「ああ、なるほど」

ななず「気を取り直して考察していくと、このカード、『「レッドアイズ」モンスター』を墓地へ遅れるってことは」

《真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン》
《真紅眼の不死竜》

ななず「あたりも、墓地へ遅れるよね」
アルケミ「そうね、この2種類は何がいいの?」
ななず「この2枚は「レッドアイズ」モンスターだけど、ドラゴンじゃない種族だから《龍の鏡》から《冥界竜 ドラゴネクロ》、《ダーク・コーリング》から《E-HERO ダーク・ガイア》を呼ぶ布石に出来るなーって思って」

《冥界竜 ドラゴネクロ》
融合 ☆8 闇 ドラゴン族 ATK 3000/DEF 0
アンデット族モンスター×2
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
このカードと戦闘を行うモンスターはその戦闘では破壊されない。また、このカードがモンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時、そのモンスターの攻撃力は0になり、そのモンスターの元々のレベル・攻撃力を持つ「ダークソウルトークン」(アンデット族・闇・星?・攻?/守0)1体を自分フィールド上に特殊召喚する。
「冥界龍 ドラゴネクロ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

アルケミ「ああ、なるほどね」
ななず「これって、レダメとワイバーンとスピリッツでドラゴン族用の出張セット作れないかな」
アルケミ「うーん、ちょっとパーツ多いから難しそうね…」
ななず「そっか…」
アルケミ「アライブエアープリズマーからインサイト、《龍の鏡》ですぐに悪魔竜呼べるわね」
ななず「割りと手間かかるような気もするけど、でも…アライブエアーって色んなコンボの真理だよなあ」
アルケミ「The answer is in the air♪」
ななず「The answer is in the…」
ななずアルケミ「air!」

2016年7月新禁止制限予想!

ななず「もうすぐ新禁止制限だね」
アルケミ「そうね、ななずは何が新しく来ると思う?」
ななず「今わりとバランス良い環境だからこのままでもいい気がする一方で、やっぱりこれは制限した方が良いかなってのもあるよね」
アルケミ「そんなななずに、この『(私怨)』と『(願望)』をあげるわ!」
ななず「なにこれ、どうやって使うの?」
アルケミ「制限や禁止に新しくなると思うカードの中で、『本当のところなってほしくてたまらないっていうか、なれ!』ってカードには(私怨)、緩和されると思うなかで『本当はただの願望なんです帰ってきてください!』ってカードには(願望)をつけるの」
ななず「なにこの心さらけ出し要素」
アルケミ「早速やっていくわよ!新禁止制限予想!」


※以降の記事はあくまでも予想です。

PIN「そんなに念をおさなくても大丈夫だ、ここの予想はいつも当たらないから」


新禁止予想
《DDD烈火王テムジン》
《マジェスペクター・ユニコーン》

新制限予想
《PSYフレームロード・Ω》(私怨)
《復活の福音》
《地獄門の契約書》
《神の通告》

《Emダメージ・ジャグラー》(願望)

新準制限予想
《SRベイゴマックス》

《神の警告》
《竜の渓谷》(願望)

新解除予想
《馬頭鬼》

アルケミ「テムジン禁止とか、色々聞きたいこと出てくるけど、個別に解説していくのよね?」
ななず「うん、解説っていうか、単なる意見だけどね」


新禁止予想

《DDD烈火王テムジン》
アルケミ「これこれ!これはなんで禁止なの?」
ななず「これはまあ、今の【DD】の軸を構築する強カードっていうのがまずあるよね」
アルケミ「そうだけど、強カードってだけで禁止にしてたらキリが無いわよ」
ななず「うん、これが禁止かなって思う理由はもうひとつあって。それは、今後の新規DDのためかな」
アルケミ「つまり何が言いたいの?」
ななず「《生還の宝札》って判る?」
アルケミ「判るわよ」
ななず「もともと強いカードではあったんだけど、シンクロ時代に入って《ジャンク・シンクロン》やゾンキャリ、ヘッジホックなんかが出て、【アンデシンクロ】なんかで手がつけられなくなって禁止になったけど、これを皮切りに《レベル・スティーラー》なんかが作られ、以降、蘇生カードは《ソウル・チャージ》を始めとして、強力なものが多いよね」
アルケミ「そうね」
ななず「この前の《ラヴァルバル・チェイン》も、《幻影霧剣》や《復活の福音》みたいに、墓地から除外して発動できる魔法と罠が出始めて、《錬装融合》や、禁止後には《沈黙の剣》なんかも出てる。これからこういったカードは増えていくと思うんだ」
アルケミ「えーと、つまりこういうこと?これから新規DDを作るにあたって、比較的にスライム2種で出しやすくて、蘇生効果を持ったこいつを禁止にして、これから強力な下級を増やしていくと予想するわけ?」
ななず「そうそう。『~が禁止になったからこういうカードが出せたんだろうな』ってカードってあると思うんだ」
アルケミ「うーん、単に妄想と切り捨ても出来るけど…どうかしら。まあ、これは7月になってみないと分からないわね」
ななず「そうだね」
アルケミ「あなた、このブログの新禁止制限予想があんまり当たらないからって『なにも考えずに適当にデカイことを好き勝手言える!』って調子にのってるわけじゃないわよね」
ななず「まさか」

《マジェスペクター・ユニコーン》
アルケミ「これは?…ってこれは聞くまでもないわよね」
ななず「うん、もしかしたら制限止まりかもしれないけど…広範囲耐性と除去効果、スケールも悪くない」
アルケミ「ちなみに、これが禁止なら《霞の谷の巨神鳥》はなんで規制かからないのよ?」
ななず「それは、レベルが7で素出しの場合は生け贄が2体必用で、ユニコーンと違ってペンデュラムモンスターでもないから手札で事故りやすいってのが大きいと思うよ。…耐性も、持ってるみたいなものだけど持ってないし」
アルケミ「…なるほど。……やっぱりユニコーンって強いわね」


新制限予想

《PSYフレームロード・Ω》(私怨)
ななず「これが3枚並ぶコンボがあるってきいて、満足トリシューラを思い出した人は少なくないはず」
アルケミ「除去のしにくさも光るわよね。仁王立ちとのコンボも、完全ではないものの強力だわ」

《復活の福音》
ななず「【青眼】使っている立場から見てもこのカードが3枚もあるって状況は凶悪だと思う」
アルケミ「《ドラゴン・目覚めの旋律》は?」
ななず「うーん、考えたけど、亜白龍に規制かけないなら、旋律規制してもそこまで打撃ないと思うんだよね…。今回の制限で環境のデッキのレベルをどこまで押さえようと思ってるかが気になる」

《地獄門の契約書》
アルケミ「テムジン禁止よりはこっちのが現実味あるわね」
ななず「そうだよね」

《神の通告》
ななず「これが制限にされると思う理由は、まあ単純に強いからなんだけど。後で書くけど《神の警告》が準制限になるかなと思ってるからこれを制限にしてくると思う」

《Emダメージ・ジャグラー》(願望)
ななず「お願いします。返してください。ヒグルミが全部悪いんです」
アルケミ「まあ、1枚くらいならいいと思うけど強力な効果には違いないわよね」


新準制限予想

《SRベイゴマックス》
ななず「自身をサーチできないからなっても準制限かなって気がする」

《神の警告》
ななず「通告を制限にする代わりにライフコストの高い警告を準制限にって、ないかな?」
アルケミ「これは…どうかしら、ずいぶん制限でやって来てるカードをここで緩和するとは思えないんだけど」

《竜の渓谷》(願望)
ななず「毎回言ってるけど、切実」
アルケミ「本当に毎回言ってるわね」


新解除予想

《馬頭鬼》
ななず「これは解除して、不知火が環境に乗るかどうか見てみたい」


アルケミ「ふーん、ま、わたしはテムジン禁止はないと思うわよ」
ななず「やっぱりそうかなあ」
アルケミ「それよりも、《強欲で貪欲な壺》や《解放のアリアドネ》、《彼岸の悪鬼ガトルホッグ》なんかも候補だとおもってたんだけど、こいつらはいいの?」
ななず「うん、順番にいってみようか」

《強欲で貪欲な壺》
ななず「制限にかけるのは早いかなーって思う。後、ターンに1枚って条件があるからかけられても準制限じゃないかな」
アルケミ「大会だとほとんどみんな入れてるわね」
ななず「多分だけど、これから先はテーマの核となるカードを制限にして、このカードを使いづらくすることでこのカードに歯止めをかけてくる形をとるんじゃないかな」
アルケミ「そういわれると…どうかしら」

《解放のアリアドネ》
ななず「新テーマの【メタルフォーゼ】をいきなり規制で表彰台から落としはしないと思う。通告制限くらいはあるかもだけど、このカードに規制が入るのはまだ先じゃないかな」

《彼岸の悪鬼ガトルホッグ》
ななず「彼岸もだんだん影霊衣みたく言われ始めてる」
アルケミ「どういうこと?」
ななず「マリオンとガイド制限で比較的大人しくなったのに、次はガトルホッグでしょ?…ブリュとユニコーンの影霊衣制限にさせられてそれでも『まだたりない、つぎはこいつ!』ってシュリットと反魂術も制限にさせられた影霊衣を思い出すなあって」
アルケミ「なるほど。影霊衣ももう少し規制緩めてもいあと思うけどなあ」
ななず「本当にそれ!(願望)

ななず「ここまで書いておいてあれだけど、今回の新禁止制限変更は『無し』でも十分いいと思う」
アルケミ「なによそれ、でもまあそうね。まんべんなく各環境デッキのキーカードを制限や禁止に挙げていったけど、まんべんなく挙げれるのは拮抗してる証明かもね」
ななず「本当に、珍しく今は色んなデッキが活躍できるいい環境だと思う」
アルケミ「そうね、まあ、Vジャンプの発売を待ちましょう」

アルケミ軸の幻影騎士団デッキ制作案

アルケミ騎士団案

ななず「この前《RUM-幻影騎士団ラウンチ》でブレイクソードからアルケミが出せるって話したじゃん?」
アルケミ「したわね、それがどうかしたの?」
ななず「その時にアルケミ、そのコンボのことを『騎士からお姫さまが出せるなんて素敵!』って言ってたじゃん」

《RUM-幻影騎士団ラウンチ》考察

アルケミ「え、…………買うわよ?」
ななず「え、何を?ブレイクソード?」
アルケミ「喧嘩」
ななず「飛躍しすぎ!別に喧嘩売ってるわけじゃないから!」
アルケミ「じゃあなんなのよ」
ななずアルケミデッキ改造計画を練ってて、本当に幻影騎士団を取り入れようかと」
アルケミ「話を聞きましょう」
ななず「そうこなくっちゃ。ことの始まりはイザナなんだけど、面白い発見があって」
アルケミ「先日のゼロランサーは見事だったわ。期待しましょう」

『ゴーストリックとゼロランサー』

ななず「イザナから教えてもらったのは単純、《天帝従騎イデア》で《幻影騎士団ダスティローブ》を呼べるってことなんだけど」
アルケミ「そう言えば、ダスティローブはいわゆる『家臣スペック(~帝家臣モンスターたちと同じ攻守)』ね」
ななず「そうそう、で、《RUM-幻影騎士団ラウンチ》を持ってきやすいダスティが呼びやすいってことで、アルケミ主軸の幻影騎士団デッキを組もうかと思う」
アルケミ「わたし中心のデッキを組むと言っておきながら、わたしを出すのをラウンチに限ろうってわけ!?良い度胸じゃない!やっぱり買わせてもらうわ!」
ななず「デッキタイトルは【アルケミ騎士団】とかどうだろうか」
アルケミ「でも、イデアの効果使ったらエクストラから出せないわよ?《トゥルース・リィンフォース》を使うんでしょうけど、その戦術にも限界はあるわよ?」
ななず「…セーフ……」
アルケミ「帝…、戦士族にするならクライスでも入れるの?」
ななず「ううん、特殊召喚はエクストラから出来ないだけで手札からは出来るからね。《沈黙の剣士-サイレント・ソードマン》を出そうと思う」
アルケミ「……なるほど、ななずの考えが判ったわ」
ななず「…?」
アルケミ「わたしのデッキはそのまま残すんでしょう?…だったら元々の【アルケミックビート】にはきっと、《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》を入れて魔法使い特化のデッキと双璧を組み上げるつもりね」
ななず「その通り!流石だねアルケミ!」
アルケミ「ま、イザナから提言があったって所でしょ」
ななず「その通り…流石だねアルケミ…」
アルケミ「何年一緒にやってると思ってるのよ」
ななず「で、今デッキを鋭意制作中。ラウンチ以外のリストが出来たら1度レシピあげてみようと思う。【アルケミックビート】の方も合わせて考えてみるよ」
アルケミ「【アルケミックビート】の方はずっと更新されてないから楽しみにしてるわ、てか、いい加減に更新してよね」
ななず「ははー、王女様」
アルケミ「大根役者」
ななず「まんざらでもないくせにー」
アルケミ「ふんっ」

ゴーストリックでゼロランサー

デュラハン→ゼロランサー

ななず「この前イザナとデュエルしてきたんだけど、ちょっと面白いと思ったことがあって」
アルケミ「なになに?」
ななず「ゴーストリック系のデッキだったんだけど、」

1《ゴーストリック・デュラハン》の効果で相手の攻撃力半分。
2《ゴーストリックの駄天使》を重ねてSS。効果でサーチ。
3《RUM-リミテッド・バリアンズ・フォース》で《CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ》を重ねてSS。効果で攻撃力半分にしたモンスターを選択してダメージ+除外。
4《FA-クリスタル・ゼロ・ランサー》を重ねてSS。攻撃力3200で攻撃。

ななず「なるほどー!って思わず声が出たよ」
アルケミ「へー、面白いわね。デュラハンで半分にして、その半分の攻撃力分のダメージ+除外ってのは良い感じで繋がってるわね」
ななず「インフィニティでダメージ受けるから3200の攻撃力が存外痛くって」
アルケミ「RUMは色々出来るから面白いわね。これからもエクシーズモンスターは絶えずに出し続けて欲しいわ」

ななず「そう言えば、新沈黙ソードマンが以外と安かった」
アルケミ「へー、そうなんだ。新サイマジは?」
ななず「1600円くらいだったよ、これは想像できたけど」
アルケミ「新沈黙ソードマンは?」
ななず「700円くらい。…《沈黙の剣》が強いからソードマンはもっと高くなると思うんだけどなー」

アルケミ「あ、そうだ!」
ななず「どしたの?」
アルケミ「Twitterを始めたわ!」
ななず「……え!?アルケミが?」
アルケミ「そうよ?何?」
ななず「いや、なんでもない」
アルケミ「『@arukemi_bot』でやってるわ。bot機能を使って呟かなくても自動で呟いてもらえるのよ!便利!」
ななず「なるほど、botとしてやっていくのね」
アルケミ「遊戯王について、ななずよりも有意義なものを呟こうと思ってるわ。とりあえずフォロワー100人位を目指していこうかしら」
ななず「おー、がんばってー」
アルケミ「とりあえず、ななずひきだしロククをフォローしてあげるわ。……何してるの、早くフォロワーになりなさいよ」
ななず「いきなり力業で3人稼いできたな…」
アルケミ「あと97人!」
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ