祝☆15000アクセス!

ななず「そういえば、ブログ閲覧数が15000を越えました!」
アルケミ「いや、越えてからもうすでに何日経ってると思ってるのよ。カウンターも400以上越えているわ」
ななず「まあまあ。それはそれこれはこれ」
アルケミ「いや、それもこれだから」
ななず「兎にも角にも、この『アルケミの遊戯王ブログ』を初めてもう4年と4ヶ月くらいが経つわけで」
アルケミ「…もうちょっとキリのいいときにやりなさいよ、そういう話は」
ななず「まあまあ。最初の頃は『祝☆500アクセス!』とか『祝☆1000アクセス!』とかお祝いをやってたんだけど…」
アルケミ「そう言えば『祝☆10000アクセス!』ってやらなかったわね。どうして?」
ななず「確か、それをやるために…一昨年、2014年の3月末に更新頻度を上げてアクセス数も増えていってたんだけど」
アルケミ「だけど?」
ななず「4月に入って修業が始まってブログ一時閉鎖した時が9986アクセス位だったのを覚えてる」
アルケミ「あちゃー。で、修業終わってみたら余裕で10000越えててタイミングを逃したと」
ななず「そうそう」

アルケミ「ブログ始めた当時は私も生まれてないから、ななずが一人で記事を書いてたのよね」
ななず「そうそう。だからブログの名前も当時は『ななずの遊戯王ブログ』だったんだ」
アルケミ「……正直、その頃の記事、ぱっとしないわね」
ななず「うっ…、おっしゃる通りです」
アルケミ「ま、その辛抱も3ヶ月。いよいよ『RETURN OF THE DUELIST』の発売よ」
ななず「エクスカリバーが表紙のパックだね。ここで《アルケミック・マジシャン》を手に入れてカード考察」
アルケミ「そのカード考察から、今みたいな私とななずの会話形式でブログが進むようになっていったわ」
ななず「いやー、一人で記事考えてた時は『どんな記事書こうか』って悩んでたけどアルケミと出会ってからはこうやって喋るだけでいいなんて。本当に助かってるよ」
アルケミ「まあ、そのせいで『雑談』カテゴリなんてものが誕生し、味をしめたかのように『雑談』カテゴリが蔓延っていくわけなんだけど」
ななず「で、会話が記事になるならと思いついたらPINロククの登場だね」
アルケミ「このブログに書いてあるPINロククとの会話、9割は実際にあった会話だからね」
ななず「そうだね、ほぼノンフィクションでお送りしております」
アルケミ「で、最初のクリスマス。当然覚えてるわよね」
ななず「も、もちろん」
アルケミ「まさかクリスマスプレゼント忘れてるとは思わなかったわ」
ななず「ごめんなさい」
アルケミ「で、お正月まで引っ張った結果、用意されたプレゼントがこのブログってわけ」
ななず「これを境にブログ名を変更。『ななずの遊戯王ブログ』から『アルケミの遊戯王ブログ』へとなりました」

アルケミ「まあ、こうやってやって来たわけだけれども何とかやっていけてるわね」
ななず「うん、最近は毎日20人くらい来てくれてるし」
アルケミ「みんな、ありがとうございます」
ななず「ありがとうございます」

PIN「あれ?1月末に同じような記事見たぞ?」
ARIA「あれ?こいつネタ切れじゃね??」
ひきだし「全然カード考察されないんだけど」
ななず「ちょっとそこ!まだカメラ回ってるから!!後、変な言いがかりはやめてもらお……」
アルケミ「はいカット」
スポンサーサイト

【星屑ドラグニティ4】

【星屑ドラグニティ4】

モンスター19
《スターダスト・ドラゴン/バスター》×2
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
《ドラグニティナイト―ミスティル》×3
《ドラグニティ―ドゥクス》×3
《ドラグニティ―ファランクス》×3
《ハーピィ・ダンサー》×3
《BF-精鋭のゼピュロス》
《風の聖霊ガルーダ》×2

魔法15
《竜の渓谷》
《霞の谷の神風》
《半魔導帯域》
《テラ・フォーミング》×3
《調和の宝札》×3
《竜の霊廟》×2
《コズミック・サイクロン》×2
《ハーピィの羽根帚》
《死者蘇生》

罠6
《バスター・モード》×3
《神の宣告》
《神の通告》×2

エクストラ15
《アルティマヤ・ツィオルキン》
《スターダスト・ドラゴン》×2
《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》
《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
《ドラグニティナイト―ガジャルグ》×2
《ドラグニティナイト―ヴァジュランダ》×2
《瑚之竜》
《レッド・ワイバーン》
《聖刻竜王―アトゥムス》
《フォトン・ストリーク・バウンサー》
《励輝士ヴェルズビュート》
《電光千鳥》


ななず「新しく組み直したドラグニティデッキ!」
アルケミ「《半魔導帯域》や《コズミック・サイクロン》と、早速新弾を入れてきてるわね」
ななず「《半魔導帯域》は前に考察したようにやっぱ魅力感じてるしね。コズミック・サイクロンは《アーティファクト・デスサイズ》とか踏みたくないからかな」
アルケミ「イザナが《シャドール・フュージョン》とかにチェーンして除外するのもいいよって言ってたわ」
ななず「確かに!…そういえば、久しぶりにドラグニティ回して気づいたんだけど、ドゥクス+ファランクスから息をするようにクリスタルウィングが出て来て便利」
アルケミ「そう言われればそうね。でもコンセプトは前から変わらずにスターダストバスター狙いなのね」
ななず「うん、新しく、《瑚之竜》でツィオルキン使いながら展開していくようにしてみた」
アルケミ「本当だ。使いやすい?」
ななず「うん。ツィオルキン出して《バスター・モード》をセットするとスターダストが出てくるって流れがかなり胡散臭い」
アルケミ「相手は舌打ちものでしょうよ」
ななず「回してみたところ、やっぱりかつての《竜の警告》3枚のような安定感は無いもの、《ハーピィ・ダンサー》+《霞の谷の神風》も入ってるお陰でなんとか。エクシーズはほとんど使わないけど千鳥を考えながらデュエル出来るのは気持ちが楽でいいね。風属性様々だよ」
アルケミ「うーん、安定感取り戻すとなると何がいいのかしら」
ななず「やっぱり、渓谷を引き込むドローカードかな」
アルケミ「ここで強貪はどうなの?」
ななず「強貪でテレフォ引き込んで、渓谷が除外されるって状況が心折れそうでやめてる」
アルケミ「それは……確かに…」
ななず「やっぱり断札かなー」
アルケミ「ま、またすこしづつ考えていきましょう」
ななず「そうだね」

アルケミ「あれ?前回『次回はカード考察』みたいに言ってなかった?」
ななず「ああ!」

『COLLECTORS PACK 閃光の決闘者編』開封結果

ななず「『COLLECTORS PACK 閃光の決闘者編』買ってきたー!」
アルケミ「今回は何箱?」
ななず「2箱と10パック」
アルケミ「またその微妙な数字…。あと5パック買って綺麗に3箱とかにしなさいよ」
ななず「ちなみに欲しいカードは、光波竜、ホープレス、ドラギュラス、プルート!」
アルケミ「あれ?今私を無視した?…いい度胸じゃないの」

1箱目
《花札衛ー雨四光ー》(コレクター)
《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》
《サイバー・エンジェルー荼吉尼ー》
《No.24 竜血鬼ドラギュラス》
《幻想の黒魔導師》

2箱目
《No.24 竜血鬼ドラギュラス》(コレクター)
《The suppression PLUTO》
《サイバー・エンジェルー荼吉尼ー》
《No.98 絶望皇ホープレス》
《花札衛ー雨四光ー》

10パック
《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》(コレクター)
《No.100 ヌメロン・ドラゴン》
《No.98 絶望皇ホープレス》
《銀河眼の光波竜》
《幻想の黒魔導師》

合計
《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》(コレクター)
《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》
《The suppression PLUTO》
《サイバー・エンジェルー荼吉尼ー》×2
《No.100 ヌメロン・ドラゴン》
《No.24 竜血鬼ドラギュラス》(コレクター)
《No.24 竜血鬼ドラギュラス》
《No.98 絶望皇ホープレス》×2
《銀河眼の光波竜》
《花札衛ー雨四光ー》(コレクター)
《花札衛ー雨四光ー》
《幻想の黒魔導師》×2

ななず「欲しいやつあたって嬉しいけど、要らないやつは本当にそう。どうしたものか」
アルケミPINを連れてきたわ!」
PIN「おう」
ななずPINはどうだった?」
PIN「俺のはこんな感じ↓」

1箱目
《No.100 ヌメロン・ドラゴン》(コレクター)
《The suppression PLUTO》
《No.98 絶望皇ホープレス》
《銀河眼の光波竜》
《花札衞-雨四光-》

2箱目
《The suppression PLUTO》(コレクター)
《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》
《No.100 ヌメロン・ドラゴン》
《花札衞-雨四光-》
《幻想の黒魔術師》

合計
《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》
《The suppression PLUTO》(コレクター)
《The suppression PLUTO》
《No.100 ヌメロン・ドラゴン》(コレクター)
《No.100 ヌメロン・ドラゴン》
《No.98 絶望皇ホープレス》
《銀河眼の光波竜》
《花札衞-雨四光-》×2
《幻想の黒魔術師》

PIN「…ドラギュラス当たらなかったー!」
ななず「この前Ωもらったし1枚あげるよー」
PIN「…え!?嘘!」
アルケミ「どうしたの?」
PIN「は!?…もしかしてそういうこと!!?」
ななず「?」
PINななず、アーカイブ何枚出た?」
ななず「ナンバーズアーカイブ?普通に出たと思うけ……まじで!?そういうこと!?」
PIN「複数枚でた?」
ななず「本当だ!1枚しか出てない!」
PIN「それきっとノーレアだわー!」
ななず「ノーレア存在してるのかこのパック。……あれ?じゃあもう1枚存在するんじゃ…?」
PIN「なんだー!?何が当たってないんだー!?」
ななず「えー、なんだろ……サイバー・プチ…は…複数あった。えーと」
PIN「はっ…」
ななず「?」
PIN「ズシン……」
ななず「まじか!……あった!1枚!」
PIN「まじかよ!俺どっちもあたってないじゃん」
ななず「やっちまったな」
PIN「ズシンはともかくアーカイブ…まあ、今は必要じゃないしいいか……」
ひきだし「ズシンってアニメだと『みんな持ってるけど誰も使わないカード』じゃなかったっけ」
PIN「みんな持ってる…………ノーレア…」
ななず「まあ、ノーレアってのは通称であってノーレアってレアリティは公式には存在しないから」
ロクク「そうなんだっけ」

ななず「ちなみにPLUTO、集めておきたかったから190円で2枚買ってきた。荼吉尼は保留」
ひきだし「今回箱で買おうかな……」
ななず「どうしたの珍しい」
ひきだし「今回欲しいの多いから箱買いも悪くないんだよな…」
ななず「何が欲しいの?」
ひきだし「えーと、光波竜、ホープレス、ドラギュラス、プルート」
ななず「俺と全く同じだなー」
ひきだし「今回のパックって光り物はどんな枚数ではいってるの?」
PIN「ウルトラ×2、スーパー×2、コレクター1枚だな。コレクターはウルトラかスーパーからランダムで選ばれてる」
ななず「キラカードは合計5枚だね」
ひきだし「キラカードって言い方凄い久しぶりに聞いたわ」
PINひきだしの欲しいの一箱で集まるじゃん」
ひきだし「ほんまや、やったぜ!」
ななず「レアリティ的にはね……」

アルケミ「何か、…これは!ってカードはあった?」
PIN「花札衛がわりと気になってる」
ななず「流石ドロー中毒者」
PIN「ドローはカードゲームの真理だからな」
アルケミななずは?」
ななず「リチュアルチャーチル?テラフォから儀式魔法サーチ出来るようになったのはアリだと思う」
アルケミ「じゃあ次回はカード紹介でもする?」
ななず「いいねー!」
PIN「ここの次回予告は守られないからなぁ……」

《No.59 背反の料理人》考察。

アルケミ「また新しい『No.』が出るみたいよ」
ななず「ランクは?」
アルケミ「★4ですって」
ななず「★4多いなー。効果は?」
アルケミ「ジャン!」


《No.59 背反の料理人》
★4 炎 戦士族 ATK 2300/DEF 200
レベル4モンスター×2
①:自分フィールドのカードがこのカードのみの場合、このカードは他のカードの効果を受けない。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカード以外の自分フィールドのカードを全て破壊する。その後、このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊され墓地へ送られたモンスターの数×300アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

ロクク「え、『ジャン』ってそういう意味か?」
アルケミ「それはどうかしら」
ロクク「カカカカカーー!!!ってか」

ななずロクク「え、なにこれこいつ強すぎじゃね!」
PIN「……いや、勘違いしてるだろお前ら」
ななずロクク「え!?…あ、本当だ!」
アルケミ「巷は今のあなたたちみたいなやり取りで溢れてるわ。念を押すけど、破壊できるのは」

このカード以外の『自分フィールド』のカード

アルケミ「よ!勘違いしないでよね!」
PIN「勘違いしないでよね!」
アルケミ「…なんで繰り返したの?」
ななずロククPIN「勘違いしないでよね!」
アルケミ「何なのよあなたたち!」

アルケミ「で、考察は?」
ひきだし「相手ターンにアーティファクト全部起動できるな」
ななず「え、でもそれやるとコックの耐性無くなるよ?」
ひきだし「そんなんこいつは捨て鉢やろ」
ななず「えぇ…。…って、…起動するだけの捨て鉢のためにアーティファクトにわざわざ☆4モンスター積むの?」
ひきだし「アーティファクトだからってアーティファクト以外が入らない訳じゃないだろ」
ななず「まあ、そうかもしれないけど…」
PIN「むしろアーティファクト起動できる★4が出てきたんだぞ」
ななずPINなら《ゴブリンのやりくり上手》を割ってドロー枚数を稼ぐ!…とか言うと思ってたわ」
アルケミ「《呪われた棺》とか」

《呪われた棺》
通常罠
セットされたこのカードが破壊され墓地へ送られた時、相手は以下の効果から1つを選択して適用する。
●自分の手札をランダムに1枚捨てる。
●自分フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。

PIN「これはまた古いカードだな」
アルケミななずは?」
ななず「うーん、《グレイモヤ不発弾》かな」

《グレイモヤ不発弾》
永続罠
フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター2体を選択して発動できる。選択したモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。このカードが破壊された時、選択したモンスターを破壊する。

アルケミ「罠カード多いわね。火力は上げないの?」
ななず「自分の破壊するから、ついでに相手に除去打ち込みたい。除去ってしまえば火力気にならないし」

もじき「あれ?これってモンスター破壊しなかったらパワーアップ処理入らずに《歯車街》使える?」
ななず「え、あ、いけるかもね」
もじき「まじか、ガジェルにここに来て日の光が。★4なら金銀ガジェがいるし」

ななず「あれ?こいつって相手モンスター破壊しても攻撃力上がるのか」
もじき「…え?自分フィールドだけでしょ」
ななず「そうじゃなくて、《精神操作》とかで奪ったあと、効果だけ使って…お前はもう用済みだー!効果発動!どっかーん!ってやって相手の墓地に送られても攻撃力は上がるんじゃない?」
アルケミ「あ、『墓地へ送られたモンスター』だから、送られる墓地は相手のでもいいのね」
ななず「だから《簡易融合》でサウサク呼んで相手吸収して爆破すれば相手を除去しながら攻撃力600アップと耐性復活、サウサクの攻撃できない縛りからも脱出できるね」
ひきだし「サウサクで吸収したら装備魔法になるからモンスターを墓地へ送ったことにはならないんじゃね」
ななず「え、墓地へ送られたらモンスター扱いにもどらないかな?どうなんだろ」

アルケミ「ライトニングに弱いのは仕方ないわね」
ななず「前に話した《No.98 絶望皇ホープレス》を使って、ライトニングが出てきた瞬間にホープレスでライトニングを吸収。相手が除去使ってきたらホープレスを爆破すれば耐性が戻って攻撃力アップ、次のライトニングにも構えられるよ」
アルケミ「それもそうね。てか『爆破』って言い方してるけどきっと『調理』だからね」

ななず「エクストラソード使えば3300の完全耐性持ちはかなり使えると思う。デッキ考えてみようかな」
アルケミ「さっきの《精神操作》の話と被るけど《造反劇》なら相手ターン中にモンスター奪って料理できるわね」

ひきだし「さっきから肯定的に進めてるけど、単体じゃ使い物にならないコンボ前提の効果だし使いづらいだろ」
PIN「結局破壊するの自分のだからその瞬間はどうにかなってもアドバンテージに差が出そうなんだよな」
ななず「いや、カード考察なんだからいいんじゃね。折角なんだから面白いところ見つけていこうよ」

ななず「…と、うちの面子ではイマイチ受けがよくなかったなぁ。メタルフォーゼの罠破壊したり、《異次元海溝》で手札の水属性踏み倒したりできて面白そうだったんだけど」
アルケミ「あらら、残念ね。…破壊されたとき効果だと《おもちゃ箱》や《腐乱犬》、《火口に潜む者》なんかもいるわね。もれなくモンスター出て来て耐性無くなるけど」
ななず「やりくりターボは割りといいと思うんだ。ちょっとみんなを見返す意味でもデッキを組んで見ようと思った」
アルケミ「応援してるわー」

【方界】


【※注】今回の記事は『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARKSIDE OF DIMENSIONS』のネタバレを含みます(主に作品中の台詞で)。




ななず「この俺に記事を書かせたこと、後悔させてやる!」
アルケミ「後悔?…ななず、私たちの次元に招待するわ!次元領域ブログにね!」


ロ□■ロ□■回ロ■品□ロ回■ロロ■品■□■品ロ■回■□■□ロ■■口>ロ□■ロ□■回ロ■品□ロ回■■


□ロ回■ロロ■品■□■回ロ■品□ロ回■ロロ■品■□■品ロ■回■□■□ロ■■ロ■品□ロ回■■口■


アルケミ「今からこの記事は次元の狭間にその場所を…移す!」
ロクク「何だ!?………カテゴリが…」


【方界】

モンスター23
《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》×3
《流星方界器デューザ》×3
《方界超獣バスター・ガンダイル》×2
《方界超帝インディオラ・デス・ボルト》×2
《方界獣ブレード・ガルーディア》
《方界帝ヴァルカン・ドラグニー》
《方界帝ゲイラ・ガイル》×2
《方界胤ヴィジャム》×3
《召喚僧サモンプリースト》
《レッド・リゾネーター》×2
《増殖するG》×3

魔法9
《方界業》×3
《方界波動》×2
《ウィルスメール》
《フューチャー・ヴィジョン》×2
《ソウル・チャージ》

罠8
《方界合神》×3
《方界輪廻》×2
《和睦の使者》×2
《虚無空間》

エクストラ15
《暗黒方界邪神クリムゾン・ノヴァ・トリニティ》
《天弓覇龍ドラゴアセンション》
《ABF-神立のオニマル》
《PSYフレームロード・Ω》
《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》
《瑚之竜》
《BF-星影のノートゥング》
《SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング》
《CNo.39 希望皇ホープレイ》
《No.39 希望皇ホープ》
《No.77 ザ・セブン・シンズ》
《No.84 ペイン・ゲイナー》
《No.35 ラベノス・タランチュラ》
《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》
《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》


ななず「何?…コストも無しに文字の色を変えれるだと?」
アルケミ「次元領域ブログでは通常文字に代わり台詞の文字をその色にかかわらず次元入力することができる。そして、その台詞の文字数内で色の数を変え発言するのよ。…ただし、どれだけ色を変えれるかはあなたの気力次第だけどね!」
ななず「色の数を決めるだと?…ふぅん、これがお前たちのブログというわけか。ならばこの俺が!土足で踏み込んでやるわ!」

ななず「俺のターン!俺は手札から《レッド・リゾネーター》を召喚!…はあああああ!」

1《レッド・リゾネーター》召喚。効果で《流星方界器デューザ》AをSS。デューザAの効果で《方界合神》を墓地へ送る。
2《レッド・リゾネーター》+《流星方界器デューザ》A=《瑚之竜》をシンクロ。
3《方界合神》を墓地から除外して効果発動。デッキから《流星方界器デューザ》BをSSし、効果で《方界業》を墓地へ送る。
4《方界業》を墓地から除外して『方界』モンスターをサーチ。
5《瑚之竜》+《流星方界器デューザ》B=《天弓覇龍ドラゴアセンション》をシンクロ。アセンションのシンクロ召喚時効果にチェーンして《瑚之竜》効果発動し、1枚ドロー、アセンション攻撃力4000。

アルケミ「台詞の色を全部変えてくるとはね…。だけどこの記事、バトルダメージの代わりにプレイヤーは、色を変えたモンスターの攻撃力分のダメージを受ける!」

アルケミ「私のターン!…あなたを低次元へ送るモンスターを見せてあげるわ!」

1《フューチャー・ヴィジョン》発動。
2《流星方界器デューザ》召喚。ヴィジョンの効果にチェーンしてデューザの効果を発動し《方界合神》を墓地へ送る。
3《流星方界器デューザ》が除外され、墓地の《方界合神》の効果を発動し《方界超獣バスター・ガンダイル》をSS。
4《方界業》を発動しガンダイルを対象に《方界胤ヴィジャム》を3体墓地へ送る。《方界超獣バスター・ガンダイル》ATK 2400
5《ウィルスメール》発動。効果でガンダイルを選択

アルケミ「《ウィルスメール》の効果によりガンダイルで直接攻撃!2400×3=7200のダメージを受けなさい!」
ななず「ぐっ!だが、ライフはまだ残っている!…次のターンで」
アルケミ「いいえ、あなたに次のターンはないわ!」
ななず「何!?」
アルケミ「確かにライフは残った…そう、この…《方界帝ゲイラ・ガイル》1発分のね!」
ななず「!!」

6《方界超獣バスター・ガンダイル》を墓地へ送り《方界帝ゲイラ・ガイル》をSS。効果で800ダメージ。

アルケミ「方界帝モンスターがフィールドに現れた時…相手に800ポイントのダメージを与える!!」
ななず「ぐわああああ!!!」


ななず「と、デューザから成るこのデッキの『安定』と『ロマン』の初動2パターンを映画の台詞を真似て紹介してみたけど」
アルケミ「映画見たあとだと楽しいわね!…ななず何回見に行ったの?」
ななず「今の時点で5回」

《破滅竜ガンドラX》×2
《暗黒騎士ガイアロード》
《レモン・マジシャン・ガール》

ななず「って感じでもらってきた。カードの枚数合わないのは、イザナがレモン集めてるから1枚レモンをあげたからだよ」
アルケミ「結構行ったわね」
ななず「だんだん台詞を覚えてきたから、それはそれで見てて楽しいね」
アルケミ「デュエルディスク演説のシーンとか?」
ななず「多分8割くらいは覚えてる。細かいところ違うかもだけど。…次世代だったか次世代型だったか…とか」

アルケミ「さて、このデッキだけど、方界モンスターは妙な割り振りになってるわね」
ななず「うん、元々は《方界獣ブレード・ガルーディア》はいなくて《方界帝ヴァルカン・ドラグニー》が2枚入ってたんだけど、《ウィルスメール》でダメージを一気に稼ぐためにガルーディアを1枚採用してみたんだ」
アルケミ「《フューチャー・ヴィジョン》や《瑚之竜》の1ドローなんかは、処理の順番を上手く使ってて良いと思うわ」
ななず「うん、いい動きが出来てると思う。単純に…」

1《フューチャー・ヴィジョン》発動。
2《流星方界器デューザ》Aを召喚。ヴィジョンにチェーンして効果発動、《方界合神》を墓地へ送る。
3《流星方界器デューザ》Aが除外され《方界合神》効果発動、《流星方界器デューザ》BをSS。効果で………

ななず「ってすれば単純にデューザ通常召喚と変わらないし、デッキも圧縮できる」
アルケミ「《フューチャー・ヴィジョン》+《虚無空間》で映画の『トラップ発動!《方界曼荼羅》!』みたいな感じて召喚も特殊召喚も封じれるわね」
ななず「あ、本当だ。…まあ、厳密には通常召喚は封じれてる訳じゃないけどね」
アルケミ「《方界輪廻》を採用してるのは?」
ななず「やっぱりヴィジョンあるし、後は、単純に事故によるモンスター出せない現象のためにね」
アルケミ「なるほど。ちなみに、トリニティは出る?」
ななず「はっきり言うと、このデッキじゃ出ない!《悪夢再び》も《E・HEROプリズマー》も入れてないし、そもそもトリニティ特化型じゃないからね。ただ、この先に神がかった初手事故でノヴァ×3って可能性が無いこともないからエクストラにトリニティはちゃんと1枚入ってる」
アルケミ「まあ、無いでしょ」
ななず「俺もそう思う」
アルケミ「回してみて何か思ったことは?」
ななず「やっぱり初手事故の可能性は考えなきゃいけないようなデッキであることは間違いない。これだけは覚えておかなきゃいけない。けど、回してると特にノヴァで相手のライフガリガリ削れて楽しいね!普通にやってたらそうそう起こらない『引き分け』も少なくないから新鮮。そしてその引き分けを勝利に変えてくれるのが《レッド・リゾネーター》のライフ回復効果」
アルケミ「あ、そうね。ノヴァの攻撃力分回復すれば、ノヴァのダメージ1回分になるものね」
ななず「《方界業》で攻撃力上げてればその分だけ回復できるし」
アルケミ「《方界波動》もそうだけど、方界のパワーアップカードって永続なのが嬉しいわよね」
ななず「本当にそう。攻撃力っていかに重要かってのを一線を越えた数値で教えに来る感じ」
アルケミ「カード見てるだけだと微妙なんだけど、実際にやってみると方界帝の800ダメージって結構大きいわよね」
ななず「戦闘やノヴァの3000ダメージでライフがガリガリ減っていくからね。とどめになるのも少くない」
アルケミ「ちなみに、エクストラはほとんど使わないわ。ほとんどがアセンションと《瑚之竜》。たまにライトニングって感じかしら」
ななず「うん、それ以外は枠を埋めてみただけでぜんぜん出したことないね」
アルケミ「あ、ダメージ取るなら《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》、バーンならコーン号や、方界帝と同じ数値の《ガガガガンマン》もいいわね」
ななず「…そっちのほうがいいじゃん!!」

アルケミ「ちなみに、映画はまだ見に行くつもり?」
ななず「マハード欲しいし、セリフ覚えたいしね。もう1、2回くらいかな」
アルケミ「『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARKSIDE OF DIMENSIONS』はまだまだ公開中よ!」
ななず「おー!」

ロ□■ロ□■回ロ■品□ロ回■ロロ■品■□■品ロ■回■□■□ロ■■口>ロ□■ロ□■回ロ■品□ロ回■■


□ロ回■ロロ■品■□■回ロ■品□ロ回■ロロ■品■□■品ロ■回■□■□ロ■■ロ■品□ロ回■■口■

《No.89 絶望皇ホープレス》考察。

PIN「へぇ、コレクターズパック、面白い『No.』出るな」
ななず「え、どうしたの?」

《No.98 絶望皇ホープレス》
★4 闇 戦士族 ATK 2000/DEF 2500
レベル4モンスター×2
「No.98 絶望皇ホープレス」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手のモンスターの攻撃宣言時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。そのモンスターを守備表示にする。
②:このカードが墓地に存在する場合、フィールドの「希望皇ホープ」モンスター1体を対象として発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚し、対象のモンスターを下に重ねてX素材とする。この効果は相手ターンでも発動できる。

ななず「なんだこれ!いいな。最近初手エクシーズは何を出そうかよく迷うけど、これは候補に考えられる」
PIN「相手のライトニングを喰えるってのもいいな」
ななず「あ、ホントだ。相手フィールドのホープも使えて、相手ターンにも発動できるのか」
ロクク「あれ?ライトニングってエクシーズ素材に出来ないんじゃなかったっけ?」
PIN「正確には『エクシーズ召喚の素材に出来ない』だな」
ななず「今回のはエクシーズ召喚じゃなくて、特殊召喚した後で素材にしてるからS・H・Ark Knightなんかで吸収したのと同じだから出来るね」
PIN「あからさまだけど、ライトニングに対しての抑止力になるな」
ななず「『絶望皇』だから『希望皇ホープ』サポートからは外れてるんだよね」
PIN「アンチホープとは一体…」
ななず「…希望から絶望が生まれる構図であって、逆ではないんだな」
PIN「リビデでホープ蘇生、絶望皇を特殊召喚することで、効果と守備2500の壁で防御力結構高いな」
ななず「守備で出すからS・H・Ark Knightの驚異にも晒されにくいし」
PIN「割りと色んなデッキに、ライトニング対策として入ってもらうことになりそうだな」

【電磁石の戦士】

アルケミ「結局昨日は更新できなかったわね。わかってたけど」
ななず「ごめんね」
アルケミ「気を取り直して、電磁石の戦士デッキの紹介!」


【電磁石の戦士】

モンスター23
《ブロック・ドラゴン》×3
《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》×3
《電磁石の戦士α》×3
《電磁石の戦士β》×3
《電磁石の戦士γ》×3
《岩石の番兵》×3
《ゴルゴニック・ガーゴイル》×3
《マスマティシャン》
《A・ジェネクス・バードマン》

魔法12
《トレード・イン》×3
《強欲で貪欲な壺》×2
《おろかな埋葬》
《異次元からの埋葬》
《死者蘇生》
《ソウル・チャージ》
《ツインツイスター》×2
《ハーピィの羽根帚》

罠5
《岩投げアタック》×3
《虚無空間》
《神の宣告》


ななず「エクストラはまだ確定してないかな」
アルケミ「回してみた感じどう?」
ななず「結構いけると思うんだけど、今一歩何か足りない」
アルケミ「というと?」
ななず「回してると《ゴルゴニック・ガーディアン》+《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》の組み合わせが強いみたいでサレンダーを受けることも多い一方で、初手から《ゴルゴニック・ガーディアン》立てれないなんて事故に遭遇すると手も足も出なくなっちゃう」
アルケミ「前回の考察で考えた《ナチュル・ビースト》は結局デッキに入らなかったのね。代わりにタイタニックってのはアリだと思うわ」
ななず「覚えてはいたけど、いざそうなってみると、ベルセリオンがやられて3体特殊召喚された時に3体とも効果発動できるのは強いと思う」
アルケミ「このデッキ構成だと、『電磁石の戦士』の下級たちの、バニラを呼ぶ効果は発動しないのね」
ななず「初手に来ちゃったら事故になるかと思って。ただ、《ブロック・ドラゴン》のコストには出来るから、1、2枚くらいなら入れても良いかなと思ってる」
アルケミ「エクストラは、《ゴルゴニック・ガーディアン》とタイタニック以外は何が入ってるの?」
ななず「安直にダンテから始まって★3多目の★8に少し触ってる感じかな。★3はリヴァイエールとか銀嶺、トライエッジなんかも入れたりしてるよ」
アルケミ「…シンクロ入ってるの?」
ななず「今は《瑚之竜》だけかな『電磁石の戦士』を捨てて相手の場を破壊、捨てた電磁石を使ってベルセリオンや《ブロック・ドラゴン》呼べばかなり火力でるしね」
アルケミ「《異次元からの埋葬》はかなり便利そうね」
ななず「これが手札にあるとすごく気持ちが楽になる。あと、《ゴルゴニック・ガーゴイル》。これがかなり事故を回避してくれるよ」
アルケミ「《ブロック・ドラゴン》ってどうなの?実際に使ってみて」
ななず「奈落を警戒しなくて済むから頼りになるよ」
アルケミ「そうなんだ」
ななず「とりあえず、こんな感じて組んでいって上手く回るようならデッキ組んで行こうかな」
アルケミ「思ったんだけど、ストラクチャーの4枚でデッキ組めるってのも面白いわね」
ななず「もしかしたらこのストラクチャーは『あれ?こいつらでデッキ組んだら面白そう』っていう『こいつら』の集まりになるのかも。このストラクチャー1つでいろんなデッキが組めるような」
アルケミ「もしそうだったら最近見ない形のストラクチャーだから面白そうだわ」
ななず「うん、楽しみにしてよう」

『電磁石の戦士』考察。

ななず「『電磁石の戦士』シリーズ見てたら強いことしか書いてなくて驚いた」
アルケミ「6月に出る武藤遊戯のストラクチャーのカードね」
ななず「そうそう。先ずはカード紹介」

《電磁石の戦士α》
☆3 地 岩石族 ATK 1700/DEF 1100
「電磁石の戦士α」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベル8の「磁石の戦士」モンスター1体を手札に加える。
②:相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。

《電磁石の戦士β》
☆3 地 岩石族 ATK 1500/DEF 1500
「電磁石の戦士β」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「電磁石の戦士β」以外のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を手札に加える。
②:相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。

《電磁石の戦士γ》
☆3 地 岩石族 ATK 800/DEF 2000
「電磁石の戦士γ」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札から「電磁石の戦士γ」以外のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。
②:相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。

《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》
☆8 地 岩石族/特殊召喚 ATK 3000/DEF 2800
このカードは通常召喚できない。自分の手札・フィールド・墓地から、「電磁石の戦士α」「電磁石の戦士β」「電磁石の戦士γ」を1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
①:自分の墓地からレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、除外されている自分の「電磁石の戦士α」「電磁石の戦士β」「電磁石の戦士γ」を1体ずつ対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。


ななず「簡潔に説明をすると」

1《電磁石の戦士γ》召喚。効果で《電磁石の戦士α》を特殊召喚。
2《電磁石の戦士α》の効果で《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》をサーチ。
3《トレード・イン》を発動し《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》を墓地へ送って2枚ドロー。

アルケミ「あー……なるほど」
ななず「【SR幻影彼岸】があの手この手で★3エクシーズを出そうと努力する中で《魔界発現世行きデスガイド》が規制された今、電磁石を使えば手軽に★3が出せる」
アルケミ「まあSRはデッキから引っ張ってこれるのが強いんだけど…確かに。てかやっぱりだけど思考回路が完全に『☆8サーチ』=『トレード・イン』なのね」
ななず「さらに、γもαも☆3だから★3屈指の強力モンスター《ゴルゴニック・ガーディアン》も作れる!」
アルケミ「確かに。『トラミッド』との相性はどう?」
ななず「下級をみる限り《トラミッド・ハンター》が相性よさそう。……実はあんまり注目してなかったからフィールド魔法とか罠とか見てなかったんだけど、ちょっと効果見てみて、出来たら今晩辺りにレシピ1度上げようと思う」
アルケミ「ふと思ったんだけど、先行1ターン目で《ゴルゴニック・ガーディアン》立つじゃない?その隣に《ナチュル・ビースト》を用意できたら強そうよね」
ななず「……いいねそれ。考えてみよう」
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
仕事のためブログから蒸発。
「ブログはアルケミにまかせた!」
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
ななず失踪のため、現行ではこのブログの最高責任者。
「ふざけるんじゃないわよ、たまには顔みせなさい」
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ブログ『フラッシュありますか?』の管理人。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。
現在は真竜を組み始めたとか…。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ