【ストームNINJA】

【ストームNINJA】

ひきだしのアイデアを形にする企画その1


アルケミ「何これ、急に変な企画が始まったわね」
ななず「企画名のまんまなんだけど、とりあえずはデッキレシピをどうぞ」


【ストームNINJA】

モンスター20
《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》×2
《ストーム・シューター》
《ヴォルカニック・クイーン》
《忍者マスターHANZO》×3
《トリトンの蟲惑魔》
《ティオの蟲惑魔》
《BF-残夜のクリス》×3
《BF-黒槍のブラスト》
《BF-精鋭のゼピュロス》
《BF-疾風のゲイル》×2
《BF-隠れ蓑のスチーム》
《BF-極北のブリザード》
《赤い忍者》
《青い忍者》

魔法9
《黒い旋風》×3
《増援》
《ソウル・チャージ》
《死者蘇生》
《サイクロン》×2
《ハーピィの羽根帚》

罠11
《神風のバリアーエア・フォースー》×2
《奈落の落とし穴》×2
《トゥルース・リインフォース》×2
《忍法 変化の術》×2
《リビングデッドの呼び声》
《神の宣告》
《神の警告》

エクストラ15
《ABF-涙雨の千鳥》
《BFT-漆黒のホーク・ジョー》×2
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《BF-星影のノートゥング》
《スターダスト・チャージ・ウォリアー》
《幻獣機ドラゴサック》
《No.74 マジカル・クラウン―ミッシング・ソード》
《No.11 ビッグ・アイ》
《SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング》
《CNo.39希望皇ホープレイ》
《No.39希望皇ホープ》
《No.101 S・H・Ark Knight》
《零鳥獣シルフィーネ》
《フレシアの蟲惑魔》


アルケミ「また毛色の違うデッキレシピね。で、何なの?この企画」
ななずひきだしが…」

ひきだし「今日午前中ずっと《ストーム・シューター》のこと考えてたんだけど、ラヴァゴなら相手の好きなとこに出せるし使い回せるしで良いと思って、《ストーム・シューター》は忍者で呼ぼうと思ったんだけど、そこから先が思い付かなくて…結局デッキにならなかった」
ななず「またか。ひきだし、良くあるなーそれ」
ひきだし「こういうの、結構思い付くんだけど結局デッキにならないんだよなー。……てことで、よろしく」
ななず「うーん、まあ、何かまたアイデアは面白そうだしやってみるか」

ななず「ってことで、俺が組んでみたデッキ」
ひきだし「デッキタイトルのセンス酷いな」
アルケミ「それはそうとして……1日の半分も使って何やってるのよ、ひきだしは…」
ななず「とりあえず、ひきだしの言う《ストーム・シューター》のおさらいをしよう」

《ストーム・シューター》
☆7 風 鳥獣族 ATK 2300/DEF 500
1ターンに1度だけ、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●使用していない隣のモンスターカードゾーンに移動する。
●このカードの正面に存在する相手の モンスター・魔法・罠カード1枚を持ち主の手札に戻す。

アルケミ「ふーん、レベルと火力に目を瞑ればまあ、効果自体は悪くないわね」
ななず「そうなんだよね」
アルケミ「ただ、これを出した以上、目の前にモンスターが置かれることは無くなるから、」
ひきだし「目の前にラヴァゴを自分で出して、で、ラヴァゴを戻せば使い回せるなーっていう」
アルケミ「かなり『BF』よりにしてるけど、こんなことしたら《ストーム・シューター》が要らなくなっちゃわない?」
ななず「そんなことないよ、むしろ《ストーム・シューター》の為に入れてるくらいなんだから」
アルケミ「へー、というと?」
ななず「まず、HANZOと変化の術で《ストーム・シューター》自体は比較的簡単に呼べるでしょ」
アルケミ「そうね。手札とデッキの両方から呼べるから《ストーム・シューター》は1枚にしてあるのよね」
ななず「そうそう。で、問題は倒された後。墓地からの蘇生なんだけど」
アルケミ「リビングデッド1枚じゃ不安じゃない?」
ななず「うん、そこでこの《BFT-漆黒のホーク・ジョー》の出番なわけよ」

《BFT-漆黒のホーク・ジョー》

シンクロ ☆7 闇 戦士族 ATK 2600/DEF 2000
「BF」チューナー+チューナー以外の「BF」モンスター1体以上
「BFT-漆黒のホーク・ジョー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地のレベル5以上の鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが相手の効果の対象になった時、または相手モンスターの攻撃対象になった時、このカード以外の自分フィールドの「BF」モンスター1体を対象として発動できる。その対象を正しい対象となるそのモンスターに移し替える。

アルケミ「へー、一切縛りの無い蘇生なんて便利な効果ね。これで《ストーム・シューター》を蘇生するわけね」
ひきだし「なるほど、やるな」
ななず「こいつの素材が両方とも『BF』縛りだったから、どうしても入れなきゃいけなくて…ただ、そんな中でいいカードを見つけたんだ」
アルケミひきだし「??」
ななず「それがこの《BF-隠れ蓑のスチーム》!」

《BF-隠れ蓑のスチーム》
チューナー ☆3 闇 鳥獣族 ATK 800/DEF 1200
「BF-隠れ蓑のスチーム」の(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。自分フィールドに「スチーム・トークン」(水族・風・星1・攻/守100)1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、 自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードをS素材とする場合、他のS素材モンスターは全て「BF」モンスターでなければならない。

アルケミ「…?」
ひきだし「どう使うんだ?」
ななず「まず、フィールドを離れたらトークンが出るってのは《ストーム・シューター》の生け贄として便利。次に、(2)の効果だけど、《ストーム・シューター》をリリースして」
アルケミ「え!?《ストーム・シューター》リリースするの??」
ひきだし「何?バカなの!?」
ななず「最後まで聞いてー!」
アルケミ「で、どうするの?」
ななず「《ストーム・シューター》リリースしてスチームを出す。で、手札から《BF-残夜のクリス》や《BF-黒槍のブラスト》何かを特殊召喚して《BFT-漆黒のホーク・ジョー》をシンクロ召喚して、効果で《ストーム・シューター》を蘇生」
アルケミ「…え、なんの意味があるの?」
ひきだし「あ、なるほど。好きな位置に蘇生してバウンスできるのか!そういうことか!」
ななず「そういうこと!ホークジョー使ってれば蘇生には困らないし、変化の術は手札、デッキの両方から出せるから、《ストーム・シューター》は1枚で足りるんだよね」
ひきだし「で、1度出してしまえば後は、ラヴァゴで殲滅していくと」
ななず「そりゃもう、最強の除去カードですから」
アルケミ「ああ、《ストーム・シューター》いないときのラヴァゴは《神風のバリアーエア・フォースー》で戻すのね」
ななず「そうそう。《強制脱出装置》でもいいんだけどね」

アルケミ「気になってたんだけど、申し訳程度に入っている蟲惑魔と《青い忍者》、《赤い忍者》はなんなの?」
ななず「この忍者たちは、《トゥルース・リインフォース》で呼んでこれる忍者で、レベルは低いけど、変化の術を使えば下級の『BF』を呼んでこれる。変化の術は昆虫も呼んでこれるからサイクロン代わりになる《トリオンの蟲惑魔》」
アルケミ「《ティオの蟲惑魔》が手札に早い段階で来たら積極的に《トリオンの蟲惑魔》を持ってくるわけね」
ひきだし「なるほど、以外と伏せ除去は徹底してるんだな。その辺はななずのデッキらしいな」
アルケミ「やりたいことをやるために手段は選ばない、ね」
ひきだし「今思ったけどこのデッキ、寄せ集めに見えて…」

《忍者マスターHANZO》×3
《トリオンの蟲惑魔》
《増援》
《黒い旋風》×3
《トゥルース・リインフォース》×2
《忍法 変化の術》×2

ひきだし「って、デッキからサーチしたりリクルートしたりと、デッキ圧縮するカードが12枚も入ってんのか、そりゃ不思議と回るわ」
アルケミ「あれ、でも忍法と忍者の数が全然合わないんじゃない?」
ななず「そんな、1デュエルで3回も変化の術打たせてくれる相手なんていないよ。こっちは1度《ストーム・シューター》を呼べればいいんだから、変化の術ばっか積んでも事故率上がるし」
ひきだし「いざとなったら《BF-精鋭のゼピュロス》で戻せばいいようになってるのか」
アルケミ「何だか、うまい具合に『BF』と合わせたようで実は、元々かなり相性がよさそうに見える不思議ね」
ななず「『BF』のファンデッキとしてではなく、ちゃんと《ストーム・シューター》が出て来て回るってのがいいね」
アルケミ「そうね、切り札モンスター中心のファンデッキならその切り札が出ないと回してて面白くないものね」
ななず「そういった意味では《忍法 変化の術》っていいカードだよね」
アルケミ「そうね。……で、どうするの?この企画」
ななずひきだしがまた何かネタを持ってきたときに、ってことで不定期企画かな」
ひきだし「じゃ、また何か思い付いたら教えるわ」
ななずアルケミ「了解!」
スポンサーサイト

《幻夢境》とシンクロ&エクシーズ論争

《幻夢境》
フィールド魔法
「幻夢境」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):フィールドのモンスターの種類によって、以下の効果を得る。
●融合:1ターンに1度、自分の手札・フィールドのモンスターが 効果で墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
●S:モンスターの召喚・特殊召喚成功時に自分はこの効果を発動できる。 そのモンスターのレベルを1つ上げる。
●X:自分エンドフェイズに発動する。 フィールドのレベルが一番高いモンスターを破壊する。


アルケミ「今日はカード考察ね。カードは…げんむきょう?」
ななず「ルビは『ドリームランド』だよ」
アルケミ「ふーん、何か、漫画版『5D's』みたいな名前の付けかたね」

アルケミ「アブソリュート・ヘル・ドグマ!」
ななず「地 獄 の 絶 対 独 断 !」
ひきだし「佐藤くんの悪口はやめろ!沢山強力なカード作ってもらっただろ!」
ななず「確かに」

アルケミ「話がずれたわね、で、このカードはどう使うの?」
ななず「融合の効果はちょっと使いづらいんだけど、シンクロとエクシーズは中々いいと思うんだ。試しにADSでクラウンブレードっぽい★4デッキ組んで、《幻夢境》3枚入れてみたんだけど、相手の場の強いモンスターに対していつでも『じゃあ、エクシーズしてエンド』って行動で対処出来るっていうのがいいね」
アルケミ「何かやる気ない感じね。でもまあ確かに、『攻撃』や、出したエクシーズモンスターの『効果発動』の手順が無いから、危険な罠や手札誘発なんかにもかかりにくいわけね」
ななず「そうそう。相手の上級モンスターに対して《フレシアの蟲惑》をエクシーズしてエンド、ってのは切り返しとしてもかなり使いやすかったね」
アルケミ「性格悪い感じね…。エクシーズはわかったわ、シンクロとしてはどうなの?」
ななず「今、これで《シューティング・クェーサー・ドラゴン》までたどり着くデッキを考えてる」
アルケミ「へー!どうやるの?」
ななず「まずは」

手札
《幻夢境》
《レッド・リゾネーター》
《シンクローン・リゾネーター》
『☆1モンスター』(今回は《チューニング・サポーター》)

1《幻夢境》発動。
2《レッド・リゾネーター》召喚。効果で《チューニング・サポーター》SS。
3《レッド・リゾネーター》+《チューニング・サポーター》で《ゴヨウ・ディフェンダー》AをSS。《幻夢境》の効果でレベルを4にする。
4《ゴヨウ・ディフェンダー》Aの効果で《ゴヨウ・ディフェンダー》BをSS。《幻夢境》の効果でレベルを4に。
5《ゴヨウ・ディフェンダー》Bの効果で《ゴヨウ・ディフェンダー》CをSS。
6《シンクローン・リゾネーター》をSS。
7《シンクローン・リゾネーター》と《ゴヨウ・ディフェンダー》Cで《波動竜フォノン・ドラゴン》をSS。
8《波動竜フォノン・ドラゴン》と《ゴヨウ・ディフェンダー》Aと《ゴヨウ・ディフェンダー》Bで《シューティング・クェーサー・ドラゴン》SS。

ななず「てな具合で」
アルケミ「うーん、手札消費見るとやっぱ【ジャンド】のがよさそうに見えるけど、リゾネーター自体はサーチ出来るし、何か悪用出来そうな『芽』が見えるわね」
ななず「うーん、ちょっと色々考えてみようかな。《幻夢境》と☆1~3あたりでシンクロデッキが組めるような気がするんだよね」
アルケミ「まあ、いっぱいシンクロ出来そうな感じがするわよね」

ななず「実はシンクロ使うの苦手なんだよね」
アルケミ「そうなの?」
ななず「エクシーズの方がレベル調整とか考えなくて好きなんだよね」
アルケミ「でも、シンクロも使ってるわよね」
ななず「まあ、ブラック・ローズとかノートゥングとか、強いのは分かるし、効果がデッキに必要になればエクストラに入るよ」
アルケミ「ふーん、そう言えばロククなんかはシンクロが好きそうよね」
ななず「と、いうわけでゲスト召喚!!」
アルケミ「シンクロ次元よりロクク、エクシーズ次元からひきだしを呼ぶわ」
ななず「2人にそれぞれのいいところを聞いてみましょう」

※以下の会話はアルケミの台詞以外は9割9部そのままの、2人のSkypeでの会話です。

アルケミ「上の説明いる?いつもの、ってかこのブログの台詞って全部そうじゃない」
ななず「そうなんだけどね!」

ななずロククはシンクロ好きだよな」
ロクク「そうだな」
アルケミひきだしはこっち側ね」
ひきだし「うん」
ロクク「エクシーズってなー、デッキの幅が狭くなるからなー」
ななず「というと?」
ロクク「エクシーズ使うとなるとデッキに同じレベルのモンスター多くなるじゃん?」
ななず「まあね」
ロクク「ってことは同じカードを複数積むのが1番だからデッキのモンスターの種類が少なくなってデッキの幅がせまくなるじゃん」
ひきだし「それは、安定性が高いってことだろ。どんなデッキにも『勝ち筋』ってのがあるでしょ」
アルケミ「そうだわ」
ひきだし「なら、僕としては持たせた『勝ち筋』を最大限で遂行出来るようにしてあげたいし、同じカードを複数積むことを縛りだとは考えられないな」
ロクク「でも同じカード複数積んでメインデッキの幅を狭くした結果、対応力が落ちることになるだろ。シンクロならチューナー1体から『こいつとなら☆6だけどこいつとなら☆8…』って具合に1体からの可能性が限りなく多くデッキが組めるじゃん」
ひきだし「だからそれは、決まったことの出来る確率が減るってことにつながるだろ」
ロクク「あとなー、エクシーズは素材となるモンスターたちはあくまで『素材』。道具のように扱われててあんま好きじゃねーんだよな」
ひきだし「はあ!?シンクロだって道具みたいに使ってるだろ!」
ロクク「シンクロは力会わせて呼び出してる感じがあるだろ!」
ひきだし「《TG-ハイパー・ライブラリアン》、道具にしてるだろうが!」
ロクク「ライブラリアンはなぁ…。あと、エクシーズはシンクロと比べて『切り札感』が無い」
ひきだし「《SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング》は十分に『切り札感』あると思うけど?」
ロクク「ライトニングはなぁ…死ね」
ひきだし「おい!」
ロクク「あと、あれじゃん。ソリティアした時って結局、シンクロ主体の流れのが強いし」
ひきだし「強さで議論するなら、今の環境トップ【EM竜剣士】のエクストラでも見てこいよ。歴代の環境デッキ、シンクロ入ってないデッキはあったかも知れないけれどエクシーズ入ってないデッキは無いからな!後、エクシーズはランクアップが格好いい!」
ロクク「アクセルシンクロもかっこいいだろおうおおお!!!」

ななず「白熱してきたな」
アルケミ「会話に入る隙が無くなったわね」

ひきだし「シンクロはチューナーを入れなきゃいけないってのが既に縛りなんだよなあ」
ロクク「それは縛りじゃなくてデッキの行動範囲を拡げる『可能性』だから」
ひきだし「エクシーズは《緊急テレポート》みたいなシンクロ用のカードも利用できるけど、『対シンクロ』カードにはほぼかからないしな」
ロクク「それはもう、『後から出た』っていう強みだろ?…シンクロはエクシーズと違って一度倒れても蘇生すればまた効果使えるけど、エクシーズは素材無くなったら使い捨ての道具になるし」
ひきだし「『道具』強調やめろや!!」
ロクク「エクシーズってトークン使えないじゃん、あれ不便だと思うわ」
ひきだし「それはそうだけど、エクシーズ主体のデッキはわざわざトークンなんて使わないから関係ないね。後、黒枠が格好いい」
ロクク「はあ!?いやいや、白枠のが格好いいから」
ひきだし「は?」
ロクク「アニメも5D'sのが面白かったしな」
ひきだし「いや、僕はZEXALのが好きだから!…ま、言うほどシンクロ嫌いじゃないけどなスターダスト格好いいと思うし」
ロクク「俺も。…俺もビヨンドよく使うしな」

ななず「なんだお前ら、仲良しか!」
アルケミ「瓦で殴りあってきたみたいな展開ね」
ななず「『河原』な。瓦で殴ったら死んじゃうだろ…」
ひきだし「ちなみに、ななずはどっちなん?」
ななず「俺はエクシーズかな」
ひきだし「なんだ、アカデミアに滅ばされた負け犬次元の出身かよ」
ななず「言い方!!…って、お前もだろうが!!」
ひきだし「ま、シンクロ次元ほど民度低く無いからな!」
ロクク「おい!言いたい放題だな!こ……」

ななず「長くなるのでここでカット!」
アルケミ「英断ね。なんか気になってきたんだけど、融合と儀式だとどうなのかしら」
ななず「またこの娘は興味本意で火種を巻くようなことを…」
アルケミ「で、次は?」
ななず「うーん、またレシピかな」
アルケミ「了解!」

アルケミックカウンターと思い出振り返り。

アルケミカウンター


ななず「ブログ心機一転!リニューアルー!」
アルケミ「…え?どこが?特に変わったようには見えないけど……あ!!!」
ななず「そう!『アクセスカウンター』を『アルケミックカウンター』にしてみました!」
アルケミ「どうしたのこれ!?」
ななず「気に入った?」
アルケミ「……ま、まあね…」
ななず「それは良かった。実は、ロククが昔、ドット絵をやってたことがあって…前々からカウンター制作頼もうと思ってたんだけど、今回それがようやく実ったのです」
ロククアルケミの狂暴な面を全面に押し出してつくってみました」

ゴッ

ロクク 「痛!!!」
アルケミ「ありがとう!やるじゃないロクク!」

ゴッ

ロクク「痛ー!!!」
ななず「怖ぇ…お礼良いながら殴ってる…」
ロククななずが急かすからしんどかったぜ」
ななず「それはまあ、ごめん。けど、ありがとう!良いものが出来たよ!」
ロクク「久しぶりにドット打ったけど、こうしてブログで見ると割と様になってるな」
アルケミ「あれ、心なしか笑顔が少ないように見えるけど?」
ロクク「き、気のせいじゃ…」
アルケミ「ま、いいけどね!ありがとう!ロクク!」

ロクク「ちなみに、数字のフラスコはななずが作ったぜ」
アルケミ「あら、そうなんだ!ななずもありがとう!」
ななず「……」
アルケミ「どうしたの?」
ななず「かつてこれ程までに素直で機嫌の良いアルケミがいただろうか」
ロクク「いやない」

ゴッ
ゴッ

ななず「痛い!」
ロクク「痛ーー!!!」
アルケミ「そんなことないわよー、わたしはいつでも素直でご機嫌で麗しいわよー」
ロクク「麗しいとは言……」
ななず「それ以上言うとまたフラスコで殴られるぞロクク
ロクク「おっと…」
アルケミ「何かいった?」
ななずロクク「何も!」

ななず「後は、『プロフィール』を『登場人物紹介』として、このブログに出てくる人の紹介を簡単にしてみた」
ロクク「俺はいつまでクレイジー野郎なんだ」
ななずアルケミ「一生でしょ!」
ロクク「まじかよ!」

アルケミ「ちなみに、中学とか高校とか大学とか色々なななずの友人が書いてあるけど、ここに書いてある人って全員、どういうわけか顔見知りなのよね」
ロククななずを通して一緒に遊んでるからな」
PIN「最近は、ななずは京都にいるから、岡山の俺、ロククARIA先輩で遊んだりしてるけどな」
ななず「いつの間にか俺抜きで遊ぶようになってるんだよね……」
PINロクク「だってななず、京都じゃん!」
ななず「くっ!」

ななず「そう言えば、アルケミと会ってもうすぐ4年建つのか」
アルケミ「今年の4月18日でちょうど4年ね。2012年4月18日の『★カード考察★《アルケミック・マジシャン》』で初めて会ったのよね」
ななず「よく覚えてるな…」
アルケミ「それから、2013年1月1日の『あおこよ!』で、このブログのタイトルが『ななずの遊戯王ブログ』から『アルケミの遊戯王ブログ』に変わったのよね」
ななず「もうここまで覚えてると、このブログのデータベースみたいだな」
アルケミ「プロフィール編集したり、ブログの記事の名前に色付けたり、色々進化してきたわね」
ななず「うん、卒業論文に必死になってるとき【1】【2】は励ましてくれたし、風邪ひいたとき【1】は看病してくれたし、修行で1年間ブログを留守にした時【1】【2】もちゃんと待っててくれて…なんだか色々あったね」
アルケミ「今となってはいい思いでよね」
ななず「うん、とりあえず、今年もよろしく。アルケミ
アルケミ「もちろん!これからもガンガン行くわよ!」

PIN「こういうのを新年1本目の記事でやれよな」
ひきだし「折角見に来たのに茶番回かよ」
ロクク「まあ、今まで真面目にデッキレシピあげてた方が、今思えば不思議だったんだよな」
PINひきだし「せやな」

【青眼の白龍】

【青眼の白龍】


【青眼の白龍】

モンスター18
《青眼の白龍》×3
《青眼の亜白龍》×3
《ドラグニティ―ファランクス》×2
《青き眼の乙女》×3
《青き眼の賢士》×3
《太古の白石》×2
《伝説の白石》
《エフェクト・ヴェーラー》

魔法15
《光の霊堂》×2
《竜の渓谷》
《テラ・フォーミング》×2
《ドラゴン・目覚めの旋律》×2
《銀龍の轟咆》×2
《ワン・フォー・ワン》
《龍の鏡》
《死者蘇生》
《禁じられた聖槍》×2
《ハーピィの羽根帚》

罠7
《リビングデッドの呼び声》×2
《デモンズ・チェーン》×2
《神の宣告》
《神の警告》
《神の通告》

エクストラ15
《青眼の究極龍》
《青眼の双爆裂龍》
《トライデント・ドラギオン》×2
《青眼の精霊龍》×2
《蒼眼の銀龍》
《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
《月華竜ブラック・ローズ》
《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》
《No.77 ザ・セブン・シンズ》
《No.84 ペイン・ゲイナー》
《No.15 ギミック・パペット―ジャイアント・キラー》
《No.46 神影龍ドラッグ・ルーオン》
《神龍騎士フェルグラント》


ななずPINに遊戯王に誘われた高校時代からここまで、一緒に戦ってきた《青眼の白龍》のデッキ!」
アルケミななず、ドラギオン好きよね」
ななず「シンクロが出て来て、効果のない《青眼の白龍》が歯が立ちにくくなった時にやたらと助けてもらったからね。シンクロの中でも一番好きなモンスターだよ。1つ前の時はデッキ構成上どうしても入らなかったから残念だったんだけどね」
アルケミ「今回はエクストラに2枚も入れてるのね」
ななず「うん、今回は3000打点で嵐のように叩き込むデッキだからね。《リビングデッドの呼び声》で《青き眼の乙女》を蘇生して、その2枚を対象に《トライデント・ドラギオン》を打つと乙女の効果で《青眼の白龍》が出るから、場に12000打点が揃うんだよね」
アルケミ「なんかもう、相手のライフが8000ってのを忘れているような火力を目指してるわね」

ななず「今回は、前に【神風アロマージ】で話した、イザナのフィールド魔法の入れ方を真似してる」
アルケミ「フィールド魔法2種類を、メイン2枚―サブ1枚で入れて、《テラ・フォーミング》を2枚入れる方法ね」
ななず「うん、多分だけど、テラフォ入れるほどのフィールド魔法を運用するデッキって…」


フィールド魔法×3
《テラ・フォーミング》×3


フィールド魔法×3
《テラ・フォーミング》×2


フィールド魔法×3
《テラ・フォーミング》


フィールド魔法×2
《テラ・フォーミング》×2

ななず「とかになると思うんだ。俺は…2のパターンがよく使う感じのパターンだね」
アルケミ「そうね、その理由とかも説明する?」
ななず「うーん、それは今回はあまり重要ではないかな。重要なのは、フィールド魔法を2種類入れることによって、戦略の幅が広がるってことかな」
アルケミ「そうね。メインは、乙女と相性の良い霊堂。サブは渓谷ね。…あれ?《竜の霊廟》は1枚も入ってないの?」
ななず「以外と、使わないんだよね。『青き眼の』たちが増えて、乙女の効果が発動させやすくなったから《青眼の白龍》をわざわざ墓地に置く必要がなくなったってのと、白石2種はもう渓谷で落とせばいいやってなったんだ」
アルケミ「ふーん」
ななず「ま、実は《竜の渓谷》を入れるかは迷ってたんだけど、前、滋賀でイザナとデュエルした時にアドバイスもらってなんだけどね」

イザナ「そういや、そのデッキ《竜の渓谷》は入れないの?」
ななず「いやー、入れるか悩んでるんだけど…墓地へ落とすなら《竜の霊廟》で良いかなーって」
イザナ「でも、《青眼の白龍》落としたいんじゃないなら別に霊廟じゃなくてもいいよね」
ななず「うん、まあ。でも、そうなんだよ、『霊廟じゃなくてもいい』ってだけで『渓谷じゃないといけない』ってわけじゃないんだよね」
イザナ「…?」
ななず「どうかした?」
イザナ「ななず、ドラギオン好きじゃん?」
ななず「え、うん」
イザナ「渓谷、《ドラグニティ―ファランクス》サーチ出来て、ドラギオンのコストにもなれるよ?」
ななず「…!!!」

イザナ&アルケミ「え、気付いてなかったの?」
ななず「全く」
イザナ「ななず、ドラグニティ使ってたのにな」
ななず「渓谷制限で崩れてからすっかり忘れてたよ」
アルケミ「で、渓谷にしたと」
ななず「そうそう」

ななず「《青き眼の賢士》と《光の霊堂》から《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を呼べるのは知ってる?」
アルケミ「賢士で乙女サーチ、霊堂で乙女召喚、乙女で《青眼の白龍》SS、シンクロして☆7光ドラゴン、で、シンクロでしょ?とーぜん!」
ななず「あら、知ってた。俺は知った時、割りと感動したんだけど」
アルケミ「で、そこからどう話を進めるの?」
ななず「ここで呼ぶ☆7光ドラゴンを《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》にする」
アルケミ「まあ、2枚目の《光の霊堂》を持ってくるのは堅実な考えよね」
ななず「今回はそこで《竜の渓谷》を持ってくる。これで《ドラグニティ―ファランクス》がいつでも持ってこれるから《トライデント・ドラギオン》がすぐに見えてくるよね」
アルケミ「そうね。ま、ドラギオン出すだけなら《青眼の亜白龍》+ファランクスが1番簡単そうだけど」
ななず「うん、よく使うよ。渓谷でファランクス持ってきてたらドラギオンのコストにも困らないから。…そのままゲームエンドとかもあり得るからね」

アルケミ「エクストラはやっぱりとういか何というか…偏ってるわね。…あ、何でセブンシンズ入ってるのかと思ったらジャイアントキラーからペイン・ゲイナー、で、セブンシンズに繋がるのね」
ななず「うん」
アルケミ「ダークマターは入れないの?」
ななず「うーん、セブンシンズの流れの方が魅力的だったのと、場の☆8を2体使ってまで墓地肥やししなくてもいいかなって思って。後は…ドラギオン入れたかったからかな」
アルケミ「ふーん、タイタニック入れないのは?」
ななず「持ってないから!…手に入ったら悩むかも知れないけど、持ってないカードはデッキリストには組み込まないから」
アルケミ「《No.46 神影龍ドラッグ・ルーオン》が入ってるのが気になるわね」
ななず「これは、同じ【青眼の白龍】とやることになった時のためかな。後は、亜白龍で見せただけの《青眼の白龍》を踏み倒したりとか」
アルケミ「なるほどね、ちなみに、各所で見られる《ヴェルズ・オピオン》対策は?」
ななず「全くしてないから、このデッキはオピオン出されると積んじゃうね。まあ、こう言っちゃうとあれだけど…もう、【ヴェルズ】をあんまり見なくなったから」
アルケミ「まあ、そうね。【青眼の白龍】が環境に出てきたら分からないけどね」
ななず「う…確かに」

ななず「持ってないから入ってないだけだから、同じ理由で、『ストラクチャーデッキR―巨神竜復活』が発売したら、今の《銀龍の轟咆》は全部《復活の福音》に代わるよ」
アルケミ「まあ、そうね。破壊体制も付与出来る上に、クリスタルウィングなんかも蘇生出来るものね」
ななず「そうそう、便利」

アルケミななずのデッキにしては珍しく、《サイクロン》が入ってないわね。攻撃型のデッキなのにどうして?」
ななず「いつもならこういう攻撃特化のデッキには必ず、最低でも《サイクロン》×2と《ハーピィの羽根帚》を入れるようにするんだけど、今回入れてない理由は2つあって」
アルケミ「何なの?」
ななず「えーと、1つ目は単純に…枠がなかった。情けない話だけどこれ以上やりたいことを削りたくなかったんだ」
アルケミ「えー…それは情けないわね。あなたのデッキ構築の根幹は、『やりたいことをやるためにデッキを組む。でも、できなきゃ意味無いから、やりたいことを通す為に全力を尽くす』って言ってたのに、その『全力を尽くす』ってとこをおろそかにするなんて」
ななず「まあ、確かに。それに関しては返す言葉もないよ」
アルケミ「《禁じられた聖槍》はあるけど《白き霊竜》も入ってないし、大丈夫なの?」
ななず「それが、大丈夫なんだよね…というか、大丈夫だったんだよね」
アルケミ「どういうこと?」
ななず「乙女や亜白龍、蘇生魔法に蘇生罠と、3000打点を本当に…大量に出していくのと、双爆裂竜やドラギオンを高速で召喚していくから、相手の除去が間に合わない…というか足りないんだよね」
アルケミ「爽快な計算ね、それにはもう、こっちが返す言葉もないわ」
ななず「乙女にヴェーラーを打たれるとどうしようもなくなるけど、ブレイクスルーなら聖槍が対応できるし」
アルケミ「ああ、そっか。聖槍が…ドラギオンや双爆裂竜みたいな、1体で何千ものダメージ要因になるモンスターに相性のがいいのね。複数の伏せから1枚を破壊するより、打ってきた1枚を対処する方が効率が良いってことね」
ななず「そうそう、乙女に打てば《青眼の白龍》呼べるから、相手ターンの臨時の壁になったりしてもらったりとかね」

ななず「あと、入ってないカードでいうと、《グローアップ・バルブ》と《ソウル・チャージ》は入れたかったかなって思うカードだよ」
アルケミ「うーん、そう言われると《死者蘇生》は《ソウル・チャージ》でもいい気がするわね」
ななず「やっぱり?…悩むんだよなー」
アルケミ「ま、デュエルしながら考えたら良いんじゃないの?」
ななず「うん、そうしよう!」

【DD月光】

【DD月光】


【DD月光】

モンスター18
《月光白兎》×3
《月光黒羊》×3
《月光狼》
《月光紅狐》×2
《DDD極智王カオス・アポカリプス》×2
《DDスワラル・スライム》
《DDネクロ・スライム》
《増殖するG》×2
《エフェクト・ヴェーラー》×3

魔法16
《融合》×3
《融合回収》×2
《炎舞―天キ》×3
《地獄門の契約書》×2
《死者蘇生》
《おろかな埋葬》
《ブラック・ホール》
《サイクロン》×2
《ハーピィの羽根帚》

罠6
《デモンズ・チェーン》×2
《神風のバリアーエア・フォースー》×2
《神の宣告》
《神の警告》

エクストラ
《月光舞猫姫》×2
《月光舞豹姫》×2
《月光舞獅子姫》
《DDD神託王ダルク》
《DDD刻竜王ベオウルフ》
《DDD呪血王サイフリート》
あとはお好きにどうぞ

アルケミ「空白のスリーブのところは言わずもがな、《月光紅狐》よ!」
ななず「前に考察した『DD出張セット』を組み込んだ『月光』のデッキ組めたー!」
アルケミ「ずいぶんかかったわね」
ななず「1回組んでみて1人で回してみて、『お、行けるんじゃね?』ってなって……昨日、イザナと遊びに滋賀まで行って相手してもらったらまさかのボロボロで。こりゃブログには乗せれないわー、ってなって昨晩調整し直した」
アルケミ「デッキ作りのあるあるね」

ななず「月光1度組んでみて、何個かレシピを見たりして、重大な問題点が1つ見えたんだ」
アルケミ「なになに?」
ななず「月光の下級モンスター達に関して、融合と融合モンスターのサポートとしては申し分ない効果が揃っているんだけど、揃っているからこそ、どのカードもデッキに複数積みたくなるんだよね」
アルケミ「ああー、まあ、そうね」
ななず「デッキのモンスター枚数が圧迫されるんだよね」
アルケミ「なるほど」
ななず「で、今回は厳選しつくした結果、効果的に大好きな《月光虎》も抜け、今の状態になった」
アルケミ「さっぱりしたわね」
ななず「下級の考察なんだけど、白兎と黒羊はセットとして独立した回転力を発揮できる月光の要だと思う」
アルケミ「そうね、初手あの2枚から舞猫出せるから、この2種類は必須よね」
ななず「さらに、紫蝶と蒼猫は舞猫を初めとした融合モンスターサポートとして完璧なペアユニットな訳よ。で、融合モンスターの方もこのペアの力を受けることで自身のスペックをより強力に仕上げることが出来るデザインになってる」
アルケミ「だんだん言いたいことが分かってきたわ。この『月光』ってテーマ、デッキを作ろうとする人が、何かやりたいことがあるとそれを完遂するために必要な投入数が他のテーマより比較的多くなっちゃのね」
ななず「そうそう。ペンデュラムの2匹もそうで、虎は舞猫も蘇生できるし、両側に張ればそれぞれ1度、合計2回の蘇生で融合素材に困らなくなって…と、効果を読めば読むほど強力に見えてくる」
アルケミ「狼もヒーローでいうところの《ミラクル・フュージョン》だもの。ヒーローの動き知ってる人からすると抜きにくいわよね」
ななず「うん。どれも必要だし、必要な理由もきっちりしてるからピン刺しでも入れたくなる。例えば、『蒼猫を入れない』と決意するとそれは、持ち味のワンショットキルのチャンスを捨てることになる」
アルケミ「虎を入れないなら舞豹までの、狼を入れないなら舞獅子までのハードルが高くなるわね」
ななず「うん、そんな中で、でも、【月光】を組んだら『月光』が出来ることを完遂できる、だけになるんだ……言いたいことが解りにくかったかな」
アルケミ「えーと、つまり、『月光』を入れて組もうとすると、『やりたいことに必要な枚数』が多くなって結局モンスターの枠が埋まっちゃって【月光】という単色のデッキになる。かといって、枚数を削ると持ち味を確実に損ねることに繋がっちゃうってことね」
ななず「そういうこと。で、今回はこういうデッキを組みました」

アルケミ「いつものことだけど、あんた、考えてること全部書くから文章やたら長くなるわよね」
ななず「いやあ」
アルケミ「誉めてないわよ。で、今回はどういう理由でここにいない娘たちを削ったの?」
ななず「まずは蒼猫と紫蝶だけど、これはワンショットを捨てる覚悟をした。1度、《ミニマム・ガッツ》や《野生の解放》なんかを使ってのワンショットも考えたりしたけど、シンクロなんかと違って『融合モンスター』を使うとなると難易度が上がってやり辛くって、いつもどうり相手と殴りあって行くデッキにしようと思ったんだ」
アルケミ「ふーん、虎は?狼の枚数が少ないのも気になるわ」
ななず「虎は、アポカリプスのコストとしてや、舞豹を出すために欲しかったんだけど……諦めた。効果無効で蘇生ってのは直接的な切り返しに繋がらないからね…って言ってみるけど本音は1枚入れておきたかったかな。……狼は単純に遊び心かな。やっぱ『月光』で組むからには《月光舞獅子姫》は狙ってみたくなるじゃん?」
アルケミ「そういうとこはどのデッキも変わらないわね。で、PINと考察した『DD出張セット』が入ってるわけね」
ななず「そうそう。これがまた、この枚数で頼りになるんだよ。ダルクやベオウルフの高火力、打点としてもそうだけど、この出張セット4枚でアポカリプス×2、ダルク、ベオウルフの上級4枚壁が相手のエクストラに潜む、ライトニングやアークナイトといった『切り返し要因』を引き付けてくれる。もちろん、除去カードも」
アルケミ「………………なるほど、本命の舞猫が…ううん、本命の舞猫や舞豹が倒されたらDDが本命にうって代わる。上級の連続で相手を息切れさせる戦い方ね。…まあ、正直なところ言うと、本命の矢を通すためとはいえ、倒れたものを囮とするって戦術は好きじゃないわ」
ななず「まあ、それは分かる…かな…」

アルケミ「後は…そうね。《月光舞猫姫》を生かすつもりはあるのに《ブラック・ホール》や《神風のバリアーエア・フォースー》といった『モンスターを残さず除去するカード』の採用が見える理由が知りたいわ」
ななず「うん。確かに、舞猫でダメージを一気に稼ごうと思ったら相手の場にはモンスターが残っていた方がいいに決まってる」
アルケミ「もちろん」
ななず「でもそれって、『舞猫で倒せるモンスター』、もっと言うと『舞猫の効果を邪魔しなくて、さらに舞猫で倒せるモンスター』が残ってないといけないんだよ」
アルケミ「まあ、そうよね」
ななず「例えば、ダメージを与えることで次の舞猫で相手をワンショットキルする狙いで入れてる……《魔法の筒》を例にあげるけど、用はモンスターを破壊しないカードを入れてたとしてもそれは……このデッキでは、舞猫で倒せるようなモンスターにしか効果のないカードになる」
アルケミ「あー、なるほど。『舞猫で殺せないモンスターを倒す術の無いデッキ』が完成しちゃう恐れがあるわけね」
ななず「うん。舞猫で相手のライフを削りたいあまりに、倒さなきゃいけないモンスターを見失いたくないんだ。まあ、このデッキは蒼猫や紫蝶を抜いたりして火力に自信が持てないからちゃんとした除去手段が欲しかったんだよ」
アルケミ「ふーん、まあ、納得出来ないこともないわ」

アルケミ「後は何かあるかしら?」
ななず「《おろかな埋葬》と同じくらい《マスク・チェンジ・セカンド》の採用を悩んだ。ダーク・ロウは入れたかったんだけど、これはやっぱり、デッキの魔法の数が多くなるから見送った。手札の消費も、融合使う時点で覚悟しなきゃいけないのに、これ以上多くなると困るからね」
アルケミ「まあ、そうよね」
ななず「こんなところかな」

アルケミ「ふう、久しぶりにじっくり話したわね」
ななず「うん、色々考えて組んだから……考えたこと全部話したくて」
アルケミ「ま、それもいつものことよね」
ななず「次はどうしようか」
アルケミ「手持ちのデッキでもさらしていったら?前、ほとんど崩してしまって以降の『デッキリスト』のデッキの数が少なくなってるわ」
ななず「本当だ。じゃあとりあえずブルーアイズのデッキでもやろうか」
アルケミ「いいわ、じゃあ次回は【青眼】!」

もじきの『SHVI』開封結果とランキングについて

ななず「と、いうわけで」
もじき「俺の買ってきた『シャイニング・ビクトリーズ』の開封結果は↓」


『シャイニング・ビクトリーズ』×2

1箱目
シークレット
《竜魔王レクターP》
レリーフ
《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
ウルトラ
《虚竜魔王アモルファクターP》
《月光舞獅子姫》
《A BF-涙雨のチドリ》
スーパー
《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》
《アモルファージ・イリテュム》
《浮幽さくら》
《月光舞豹姫》
《HSR快刀乱破ズール》

2箱目
シークレット
《アモルファージ・イリテュム》
レリーフ
《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
ウルトラ
《月光舞獅子姫》
《A BF-涙雨のチドリ》
《青眼の精霊龍》
スーパー
《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-》
《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》
《青き眼の賢士》
《竜魔王レクターP》
《HSR快刀乱破ズール》
《RR-アルティメット・ファルコン》
《電子光虫-ライノセバス》

もじき「賢士いるんだっけ?」
ななず「いる!あと、使わないなら精霊竜も欲しい」
もじき「まあ、使わねーからいいよ。その代わり持ってるダイナミストちょうだい」
ななず「持ってるやつ全部送るわ」

もじき「今回は機械族いないなー」
ななず「その後どうよ、復帰できた?」
もじき「とりあえずADSでブンボーグとダイナミスト組んではみたけどブンボーグ強いなー」
ななず「今回で009も出たしな。そう言えば、SRとかは組まないの?」
もじき「ベイゴマックスもリバースも高いじゃん!」
ななず「あれだけ買ったの見せつけられた後に言われても…」

アルケミ「そういえば、もじきって自分のブログ持ってたわよね?」
ななず「ああ」
もじき「あれな…」
ななず「多分もう更新しないんだろうなって思ったから昨日リンク削除しといた。開封結果をこっちに持ってきてるくらいだし」
もじき「うん、それでいいと思うよ」
ななず「今回は別けちゃったけど、今度から一緒に1つの記事で書くかー」
アルケミ「そうね、PINもじきも2箱買うみたいだし、開封結果の箱数は多い方が情報としていいしね」
ななず「うん、1人でそうそう何箱も買えないからね」

アルケミ「そう言えば。見知らぬリンクが増えてるわね」
ななず「5日前くらいから『遊戯王ブログランキング』に参加したんだよ」
アルケミ「へー、ランキングね」
ななず「存在事態はブログ始めて2年くらいしたころには知ってたんだけど、当時は『不定期だし、そこまでカード考察とか真面目にやらないしなー。あんまり人の目にとまりすぎるのも怖いし』と思って参加はしなかったんだ」
アルケミ「まあ、あなた、一時期の『制限改正予想』の記事あげてアクセス数が一気に伸びたとき、びびって1週間更新やめるくらいだったものね」
PIN「マジ意味がわかんねーよな」
アルケミ「全くだわ」
ななず「その話はいいから!全然予想も当たらなかったし!」
PIN「ちなみに10日な」
アルケミ「で、そんなチキンがどうして参加することにしたの?」
ななず「あれ!自然にディスられてる!?…いや、『シャイニング・ビクトリーズ』発売したじゃん?」
アルケミ「うん」
ななず「 うん」
アルケミ「え?」
PIN「は?」
アルケミ「発売して、それでどうしたってのよ」
ななず「いやー、面白いカード一杯でて、遊戯王熱が高まって」
アルケミ「高まって?」
ななず「高まっ…………たから」
ひきだし「は?(威圧)」
アルケミ「あら、ひきだし、いらっしゃい」
ひきだし「どうも」
アルケミ「え、つまり、テンション上がって特に考えなしにやったってこと?」
ななず「まあ、そうなるかな」
アルケミ「あきれたわ」
PIN「まじかよ」
ひきだし「クズだな」
ななず「最後が酷すぎるだろ!」
PIN「ただ、順位は割りといいのな」
アルケミ「え!嘘!!一桁じゃないのよ!!!」
ななず「そうなんだよね、100位くらいまで行けたらいいかなーと思ってたんだけど。…まあ、始めたばかりだから一時的なものかもしれないしね」
アルケミ「どうするのよこの始末!」
ななず「『始末』!?『手柄』じゃなくて!?」
アルケミ「この責任どう取るのよ!」
ななず「え!どういう……」
PIN「この順位に見合うクオリティでやっていけるのかってことだよ」
ななず「無理だよ!」
アルケミ「でしょうよ」
PIN「だろうな」
ひきだし「知ってた」
ななず「お前ら…」
アルケミ「いや、無責任に『頑張って行こうと思う』とか言ったら叩いてたわよ」
ななず「まじかよ」
アルケミ「今年で実はこのブログ、4年目に入るけど、記事は『カード考察』の倍以上が、こんな雰囲気の『雑談』よ!」
ひきだし「本当に茶番だらけだからな」
ななず「まあ、確かに」
PIN「まあ、ひと月もすれば適当な順位に落ち着くだろ、気にせずやればいいんじゃね」
ななずPIN…」
アルケミ「でも更新速度は適当に上げなさいよ」
ななず「え?」
アルケミ「とりあえず次は【月光】でしょ?」
ななず「そうだった。融合って普段使わないから使ってて楽しいんだよね」
アルケミ「最近はデッキレシピが増えそうで私はご機嫌よ、頑張りなさい」
PIN「まあ、がんばれ」
ななず「みんな、ありがとう!」


ななず「あれ?ブログの記事がまだ終わらない・・・?まだ何かあったっけ?」
ひきだし「もし良ければ、下の矢印のあたりにある『遊戯王ブログランキング』をクリックしていただくとランキングのポイントになるらしいので、管理人が喜びます」


遊戯王 ブログランキングへ


ななず「え、…ありがとう。実はいいやつだろお前…ってかこれやるために今回出てきたのか。すげえな」
ひきだし「あと、クリックするとここの管理人より有意義な遊戯王ブログもたくさん見つけられます」
ななず「おい!!…いやまあ、事実だけどさ」
ひきだし「いいから【月光】の記事早く書けよ」
ななず「お、おう!」

DD出張セット考察

ななずPIN!!ブログ用にDD出張セットの写真あげたいんだけど、ジャンヌ今手元に無いから写真とって頂戴!」
PIN「ダルクな。仕方ねーな」

DD出張セット

前回のあらすじ

PIN「そういやストラクチャー買ってきた」
ななず「え、何の?」
PINななずの【月光】見て《DDD極智王カオス・アポカリプス》欲しくなったから『ペンデュラム・ドミネーション』2箱」
アルケミ「え、ななずの【月光】、カオス・アポカリプス入ったの?」
ななず「うん、天キやデモチェ、時獄門にペンデュラムと破壊対象には困らなさそうだったから。さらに《月光虎》はアポカリプスで破壊されたら月光呼んでこれるしね」
PIN「で、DDの良い感じの俺なりの出張セット思い付いた」
ななず「マジで。…じゃあ次の記事それで」
PIN「雑だなー」

で、本編↓

PINななずは今、DDどんな感じで入れてる?」
ななず「えーと、俺は↓ので入れてるな」

《DDD極智王カオス・アポカリプス》×3
《地獄門の契約書》×2


PIN「なるほど。で、今回俺がやってみてるDDの出張セットは↓」

《DDD極智王カオス・アポカリプス》×2
《地獄門の契約書》×2
《DDスワラル・スライム》
《DDネクロ・スライム》


ななず「あれ?スライムってどんな効果だったっけ?」

《DDスワラル・スライム》
☆2 闇 悪魔族 ATK 200/DEF 200
「DDスワラル・スライム」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、自分メインフェイズに発動できる。「DDD」融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。手札から「DD」モンスター1体を特殊召喚する。


《DDネクロ・スライム》
☆1 闇 悪魔族 ATK 300/DEF 300
「DDネクロ・スライム」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。「DDD」融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。


PIN「これで地獄門で持ってきたアポカリプスを『受け』だけじゃなくてベオウルフやダルクなんかのアタッカーに変換できる」
ななず「なるほど。ジャンヌは1で足りるの…か」
アルケミ「ダルクよ」
ななず「そう、ダルク」
PIN「エクストラあんまり圧迫したくないしな。最大2回の融合のチャンス、1度ダルク出しとけば、よっぽどの事がない限りベオウルフの素材も揃うし、わざわざダルク2枚積む必要はないだろ?」
ななず「まあ、そうか。ジャンヌのが火力も低いしな」
アルケミ「ダルクね」
ななず「そうそれ」
PIN「モンスターに対して地獄門が2枚で済むのは、サーチが発動時だけの《炎舞―天キ》と違って1ターンに1度だけってことだな」
ななず「ダメージ覚悟で2回の発動を狙うってこと?」
アルケミ「まあ、序盤なら1000ライフはさほど痛くはないし、展開力上げるなら必要経費ね」
PIN「強いのは、それを選択出来るってことだな」
ななず「どういうこと?」
アルケミ「あ、なるほど。手札にアポカリプスがいるけど出せそうにないならダルクの為にスワラル。ここは引き付けて相手を切り替えそうとするならアポカリプスを加えて相手を威嚇。スワラルかネクロがいれば、いないもう片方を…。手札や状況を見てパターン多く選べるのね」
PIN「そういうこと。まあ、俺のデッキはななずと違って除去罠ほとんどないから、アルケミが2つ目に上げた『威嚇』の案はほとんど使わないけどな。アポカリプスは手札に来たら基本的に素材として使うな」
ななず「デッキの構成違うからあれだけど、せっかく奇襲性のあるアポカリプスの特殊召喚効果を使わないのは勿体ない気もするなー」
PIN「でも、融合した方がアポカリプスより火力上がるしな」
ななず「そっか、ジャンヌのが微妙に高いのか!」
アルケミ「…ダルク」
ななず「そうそう、ダルクな」
アルケミ「で、レベル1チューナー入れてサイフリートって訳ね」
PIN「そう、まあ、入れるならななずがやってたヴェーラーなんかがどのデッキにも入りやすいだろうな」
ななず「あ!ジャンヌもレベル7なのか!」
PIN「ダルクだっつってんだろ!」
アルケミ「いい加減にしなさいよ!覚える気ないでしょあんた!」
ななず「やば、ダムが決壊した」
PIN「なんでそんな間違えるんだよ!」
ななず「いやー、きっとモチーフはジャンヌダルクじゃん…」
アルケミ「『ジャンヌダルクじゃんぬ?』とか言ったら殴るわよ」
ななず「くっ」
PIN「まじかよ、言うつもりだったのかよ…」
アルケミ「はぁ、…話を戻すわよ」
PIN「頼む」

アルケミ「そう言えばPINが『ななずと違って除去罠ほとんど無いから威嚇には使えない』って言ってたけど、ななずはどうやって使ってたの?」
ななず「えーと、PINに試し回しの相手になってもらった時に上手く行ったのは、《波紋のバリアーウェーブ・フォースー》に合わせた時かな。相手を一掃してアポカリプスの2700打点を立てれるのはいい切り返しになると思う」
PIN「バリア系とは相性いいかもしれないな。フリーチェーンのが打ちやすいけどバリアはアドの取り方が違うからな」
ななず「でも今回のPINとの話で俺もスワラルとネクロ入れたくなってきたから手札からアポカリプス捨てちゃうようになるのかな…」
PIN「いいんじゃね?墓地からも発動できるし」
ななず「……え!!?」
PINアルケミ「え?」
ななず「え!?墓地からも使えんの!!?」
PIN「ちゃんとテキスト読めよ」
ななず「ほんとだ!……すげぇ、そりゃ素材として優先されるわ」
アルケミ「知らなかったのね。相手ターンだけだけど手札と墓地から両方行けるから《マシンナーズ・フォートレス》みたいなものよ」
PIN「……え!!?」
ななずアルケミ「え?」
PIN「え?相手ターンしか使えないの?」
アルケミ「何なのよあんたたち」
ななず「行けるよ、ちゃんとテキスト読めよー」
アルケミ「あなたもでしょ!……まったく、デッキに入れる前にテキストくらい読みなさいよね」
ななずPIN「あれ、アルケミってエンドフェイズにしか効果発動ど……」

ゴッ
ゴッ

アルケミ「え、続きを言ってみなさいよ」
ななずPIN「ごめんなさい」


アルケミ「次は?」
ななず「次は、この出張セット使った【月光】のレシピかな」
アルケミ「なんか最近デッキ作りがはかどってきてるわね。いいことじゃない」
もじき「あれ、今回はDDの出張セットか」
アルケミ「あら、もじきじゃない」
ななず「いや、もじきだよ」
アルケミ「そういう意味じゃないわよ、めんどくさいわね」
もじき「いやー、なんか前に俺の『シャイニング・ビクトリーズ』の開封結果やるとか言ってたからリスト持ってきたんだけど、既に幾つか記事更新されてるのな」
ななず「やべえ、すっかり忘れてた」
アルケミ「しっかりしなさいよ」
ななず「何箱買ったんだっけ?」
もじき「2箱だなー、1月11日の記事ては1箱ってことになってるけど」
アルケミ「ぐだぐだね」
ななず「まじか、じゃあ次回こそ、もじきの『シャイニング・ビクトリーズ』開封結果!」

【風属性シャドール】

【風属性シャドール】


【風属性シャドール】

モンスター21
《シャドール・ビースト》×2
《シャドール・ドラゴン》×2
《シャドール・リザード》
《シャドール・ヘッジホック》×3
《シャドール・ファルコン》×2
《裏風の精霊》×3
《デブリ・ドラゴン》×3
《イービル・ソーン》×3
《グローアップ・バルブ》
《スポーア》

魔法12
《影依融合》×2
《神の写し身との接触》
《超融合》
《おろかな埋葬》
《ワン・フォー・ワン》
《太陽の書》×2
《死者蘇生》
《サイクロン》×2
《ハーピィの羽根帚》

罠7
《墜ち影の蠢き》×2
《神風のバリアーエア・フォースー》×2
《黒魔族復活の棺》
《神の警告》
《神の宣告》

エクストラ15
《エルシャドール・ウェンディゴ》×2
《エルシャドール・ミドラーシュ》×2
《エルシャドール・シェキナーガ》
《星態龍》
《天穹覇竜ドラゴアセンション》
《えん魔竜レッド・デーモン・アビス》
《煉獄竜オーガ・ドラグーン》
《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
《月華竜ブラック・ローズ》
《レッド・ワイバーン》
《転生竜サンサーラ》
《ダウナード・マジシャン》
《森羅の姫芽宮》


ななず「風属性軸のシャドールデッキ!」
アルケミ「《イービル・ソーン》は《森羅の姫芽宮》のため、ダウナードがいるのは姫宮に重ねて《黒魔族復活の棺》やミドラーシュの素材になる為ね。にしても、エクストラはほとんどシンクロのドラゴンに寄ったわね」
ななず「まだエクストラについては確定じゃないけど、回してみたら大体こんな感じで出てきたから」
アルケミ「エアフォース入れたのね。どうしてエアにしたの?」
ななず「…風属性デッキだったから?」
アルケミ「特に考えてないのね」

ななず「最初は《スポーア》は入ってなかったんだけど、ソーン除外することを考えたらレベル2チューナーだし、ウェンディゴの素材としてデッキから墓地へ遅れるしアリだと思って」
アルケミ「で、同じ考えで《マスマティシャン》を抜いて《グローアップ・バルブ》にしたのね」
ななず「そうそう」

アルケミ「《太陽の書》は?」
ななず「ヘッジホックと合わせての事故回避かな。2枚だとどうしても《影依融合》を初手に引き込めなくて。ただ、ドラゴンによる除去や、ファルコンの蘇生にも使えたりと割りと役に立ってるね」

アルケミ「シャドールと名の付く魔法・罠、《影依の原核》とか入れないの?枯渇しない?」
ななず「前半は融合だけど、後半はほぼシンクロメインになってくるから枯渇しても平気かな。ウェンディゴ1度出したらすぐにシンクロ特化にして動いていく感じ」
アルケミ「でも《影依の原核》、レベル9だから、入れておけばアセンション呼びやすくなると思うけど」
ななず「やっぱりそう思うよねー」
アルケミななずも思ってんじゃないのよ」
ななず「やっぱり1枚入れようかなー、でも枠がなー!」
PIN「どうしようも無くなったら俺は41枚デッキにするけどな」
アルケミ「あらPIN、いらっしゃい」
ななず「41じゃ駄目なんだよー」
PIN「何がだよ」
ななず「40って数が美しいんじゃん、この中にいかにハイクオリティを詰め込めるかってのがいいんじゃないか」
PIN「いや、分からなくはないけど、やりたい事が1つ欠けてる状態で俺は満足出来ないからな」
ななず「う、こいつ。40枚にすることを『やりたいことを厳選して』とかではなく『1つ欠けてる』って言ってきた」
アルケミ「どう違うの?」
ななず「説得力。『欠けてる』ってマイナスの言葉であたかも41枚が完成形のように聞こえる言い方をしてきている」
PIN「聞こえてるぞ」
アルケミ「あれ、でも41枚が完成形になるデッキもあると思うわよ?デッキなんてデュエリストの数だけ、それこそ星の数ほどあるんだから」
ななず「あれ!?40枚こだわり派が劣勢!?」
PIN「逆に考えるんだ、41枚にしたデッキを40枚だと思えば良いんだよ」
ななず「それは41枚だろ!!」
アルケミ「今のは意味不明だったわね」

ななず「まあ、調整しながらまた少しずつ改良していこうと思います」
アルケミ「そうね」


次回予告
PIN「そういやストラクチャー買ってきた」
ななず「え、何の?」
PINななずの【月光】見て《DDD極智王カオス・アポカリプス》欲しくなったから『ペンデュラム・ドミネーション』2箱」
アルケミ「え、ななずの【月光】、カオス・アポカリプス入ったの?」
ななず「うん、天キやデモチェ、時獄門にペンデュラムと破壊対象には困らなさそうだったから。さらに《月光虎》はアポカリプスで破壊されたら月光呼んでこれるしね」
PIN「で、DDの良い感じの俺なりの出張セット思い付いた」
ななず「マジで。…じゃあ次の記事それで」
PIN「雑だなー」

【シャドール】改造考察

『カード考察』
・【シャドール】
・《裏風の精霊》
・《黒魔族復活の棺》
・《イービル・ソーン》

ななず「今回は新しく、というか立て直した風属性軸のシャドールデッキに組み込んだカードの考察をば!」
アルケミ「久しぶりのカード考察ね、って、↑のカード名が書いてあるのは何?」
ななず「あれは、『今回は、シャドールデッキと、それに使う《裏風の精霊》、《黒魔族復活の棺》、《イービル・ソーン》の3枚を考察するよ』ってこと。ブログ開いた人が何について書いてあるか分かりやすくするためにね」
アルケミ「ふーん、まあ、いいんじゃない?分かりやすいし」
ななず「まあ、主に自分が過去の記事見てて『この記事何の考察だっけ』って分かり辛かったからなんだけどね」
アルケミ「ま、だろうと思ったわ」

アルケミ「それはともかく、それで、新弾開けて早速デッキ改良したと」
ななず「うん、新弾買ってからデッキ構築欲が高まってて、いろんなデッキ改良したんだけど」
アルケミ「へー!何々」
ななず「完全に機能停止してた【シャドール】がいい感じに改良できたんだ」
アルケミ「新弾のカード、《裏風の精霊》ね!早速カード考察よ!」
ななず「今回紹介するのは《イービル・ソーン》!!!」
アルケミ「……え?」
ななず「の、前に、《裏風の精霊》!!」
アルケミ「え、何今の無意味なフェイク」
ななず「今回の考察の目玉は《イービル・ソーン》だから」
アルケミ「まあ、いいわ。始めるわよ、先ずは!」

《裏風の精霊》
☆4 風属性 天使族 ATK 1800/DEF 900
このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキからリバースモンスター1体を手札に加える。

ななず「このカードが出ると知って急いで《エルシャドール・ウェンディゴ》を3枚買いに行ったよ」
アルケミ「うん、私も一緒に行ったわよ。で、そのあと値上がりしてる?」
ななず「別に……」
アルケミ「切ないわね、で、何でウェンディゴなの?」
ななず「シャドールって手札が結構余裕持てるじゃん?それで、自信もウェンディゴの素材になれる《デブリ・ドラゴン》を使って《エルシャドール・ウェンディゴ》吊り上げて《天穹覇竜ドラゴアセンション》をやろうと思って」
アルケミ「また良くわからないことを思い付いたわね…。あれ?《裏風の精霊》の話からずれてない?」
ななず「おっと、本当だ。《裏風の精霊》は、その効果でシャドールを漏れ無くサーチしてこれるから、ウェンディゴに繋げやすいよね。ってことでこんな型を思い付いたわけです」
アルケミ「なるほどね、それだけ?」
ななず「それだけ!」
アルケミ「まあ、シンプルな効果だし仕方ないか。じゃあ次!」

《黒魔族復活の棺》
通常罠
(1):相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時、そのモンスター1体と自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスター2体を墓地へ送る。その後、自分のデッキ・墓地から魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

アルケミ「これはまあ、言わずともなく相性が良いわね」
ななず「うん、相手を除去しながら、シャドールの効果発動できて、さらに好きなシャドールをリクルート出来るからね」
アルケミ「まあね」
ななず「いままで《奈落の落とし穴》だったのを総入れ換えして、これにした」
アルケミ「え、魔法使いがいないと発動できないし、奈落と入れ換えるほどとは思えないんだけど」
ななず「それは、次の考察で。良い魔法使い見つけたんだ」
アルケミ「あれ、次は《イービル・ソーン》でしょ?」


《イービル・ソーン》
効果モンスター
☆1 闇属性 植物族 ATK 100/DEF 300
このカードをリリースして発動する。相手ライフに300ポイントダメージを与え、自分のデッキから「イービル・ソーン」を 2体まで表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。この効果で特殊召喚した「イービル・ソーン」は効果を発動する事ができない。

ななず「レディース・エーン・ジェントウメー!今回の目玉はこの《イービル・ソーン》!」
アルケミ「発音ぐだぐだね。でも、今回の考察の目玉ってのは本当なの?」
ななず「もちろん!まず、評価したいのはそのデッキ圧縮性。1枚引けばデッキ内の全ての《イービル・ソーン》を消費出来るところ。属性も、ミドラーシュに繋がる闇属性」
アルケミ「いやいや、闇属性の融合素材にわざわざこれを入れたりはしないでしょ。まったく!さっさと言いなさいよ。シンクロ?エクシーズ?」
ななず「流石アルケミ。出すのはエクシーズ!《シャイニート・マジシャン》」
アルケミ「 な ん で す っ て ? 」

《シャイニート・マジシャン》
★1 光属性 魔法使い族 ATK 200/DEF 2100
レベル1モンスター×2
このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。また、このカードを対象とする魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし破壊する。

アルケミ「どういうことなの、ななず。まさかシャイニートの力を借りるなんて、私に対する反抗かしら」
ななず「え、や、ちが」

ゴッ

ななず「痛い!」
アルケミ「じゃあ何、当て付け?」
ななず「違う!」

ゴッ

ななず「痛い!」
アルケミ「考察してる暇があったら弁明のひとつでもしてみたら?」
ななず「逆だよね!?とりあえず、話外れてるから戻すよ」

ななず「まあ、知っての通りの態勢で、魔法使いなので『壁』兼『棺のコスト』になってもらえる」
アルケミ「あ、コストにするんだ。…以外と冷酷ね。デッキを回す為とはいえ、仮にも学友だったあの子がコスト扱いなのはモヤモヤするわ」
ななず「え!学友だったの!?」
アルケミ「『マスターズガイド4』読んでないの!?…って、また話がずれたじゃない!この話はあとで!」
ななず「で、もうひとつの案が、こちら!」

《森羅の姫宮》
★1 光属性 植物族 ATK 1800/DEF 100
レベル1モンスター×2
「森羅の姫芽宮」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。自分のデッキの一番上のカードをめくる。めくったカードが魔法・罠カードだった場合、そのカードを手札に加える。違った場合、そのカードを墓地へ送る。
(2):手札及びこのカード以外の自分フィールドの表側表示モンスターの中から、植物族モンスター1体を墓地へ送り、自分の墓地の「森羅」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

アルケミ「なるほどね、こっちは使いやすそう」
ななず「うん。まあ効果自体は(1)の方しか使わないんだけどね。効果はシャドールと相性抜群だから」
アルケミ「墓地へ送られたシャドールモンスターも効果を発動できるし、融合魔法サーチも狙えていいじゃない」


ななず「というデッキを組んだんだ」
イザナ「なにそれ、面白いな。じゃあ早速やってみようか」
ななず&イザナ「デュエル!」



ななず「…おかしい、完全にやりたいこと出来てるし、デッキは回ってるのに勝てない」
イザナ「うん、良いんじゃないかな。姫宮は良いし上手いと思ったわ」
ななず「ライフほとんど残して三連敗した後じゃ説得力ないよー!」
イザナ「アセンションは出てこなかったけど、レモン・アビス出てきた時は驚いたし、ウェンディゴで姫宮守ったり、ちゃんと回ってるから…今回はこっちのデッキが調子よかっただけだよ」
ななず「ぐぬぬ」
イザナ「姫宮見て思ったんだけど、欲張らないならメイン2で《ダウナード・マジシャン》重ねたら良いんじゃないかな。アタッカーにもなるし、属性も姫宮(光)→ダウナード(闇)になるからミドラーシュの素材にもなれる。後は、棺のコストにも出来るよ」
ななず「良いとこ尽くしじゃねーか!あなたが神か!」
イザナ「あ、とりあえず、賢士渡しとくわ」
ななず「ありがとう!じゃあこれ、レクターP…本当によかったの?ヴェーラーとか持ってこれるよ?こいつ」
イザナ「いや、ヴェーラーをわざわざサーチするためにカード増やしたくないし」
ななず「た、頼もしい一言。PINに聞かせてやりたいぜ」
イザナ「まあ、PINは【手札誘発】に必要だと思うよ」
ななず「言ってないのに、なんのデッキに入ったか当ててきたな、流石だわ」

アルケミ「賢士、2枚目が手に入ったのね」
ななず「うん、ただ、家に帰って組んでたら2枚でよかった賢士と、ピンでいいと思ってた巫女が3枚ほしくなってきて…」
アルケミ「まったく、どうしようもないわね…」
もじき「賢士出たよ」
ななずアルケミ「もじき!!」
もじき「今ダイナミストとブンボーグ組んでみようと思ってる」
ななずアルケミから話は聞いてる!ダイナミスト全部あげるよ」
もじき「まじか」
ななず「ちなみに、賢士…使う?」
もじき「いや、ブルーアイズ関連なら使わないかな」
ななず「…ヴェーラーサーチしてこれる…よ?」
もじき「ヴェーラー入るデッキ作ってないしな」
ななず「凄いなお前ら」
もじき「『ら』?」

ななず「とりあえず、しばらくは遊戯王熱が覚めそうにないので、デッキ構築、改良をしていって、デッキ組めたらブログにあげるよ」
アルケミ「待ってるわ」
ななず「そういや、もじき、何当たったの?箱?」
もじき「一箱」
ななず「じゃあ次回、開封結果やるかー」

次回『もじきのシャイニング・ビクトリーズ開封結果』

『シャイニング・ビクトリーズ』開封結果

PIN「2箱買ってきた」
アルケミ「あれ、いつもはそこななずの台詞じゃないの?ななずは?」
PIN「今買いに行った」
アルケミ「あらそう。で、なんなの?もしかして繋ぎ?」
PIN「まあそんなところだな」
アルケミななずが賢士当たったら交換してっていってたわよ」
PIN「まあ、ブルーアイズ関連だし別にいいか」

PINの『シャイニング・ビクトリーズ』開封結果
1箱目
シークレット
『白き霊龍』
レリーフ
『ABF-涙雨のチドリ』
ウルトラ
『白き霊龍』
『虚竜魔王アモルファクターP』
『クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン』
スーパー
『EMオッドアイズ・ライトフェニックス』
『アモルファージ・イリテュム』
『浮幽さくら』
『HSR快刀乱破ズール』
『電子光虫ーライノセバス』
『波紋のバリア-ウェーブ・フォース-』
ノーレア
『無念の手札』
『天使の涙』

2箱目
ホログラフィック
『クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン』
シークレット
『RR-アルティメット・ファルコン』
レリーフ
『青眼の精霊龍』
ウルトラ
『白き霊龍』
『虚竜魔王アモルファクターP』
『ABF-涙雨のチドリ』
スーパー
『EMオッドアイズ・ライトフェニックス』
『青き眼の賢士』
『アモルファージ・イリテュム』
『HSR快刀乱破ズール』
『RR-アルティメット・ファルコン』
『電子光虫-ライノセバス』

PIN「賢士……こんな効果なのか、いいなぁ。…これは交換出来なくなってきたぞ」
アルケミ「ドンマイねななず
PIN「他にモンスターいるときに出してシンクロしながらヴェーラー手札に加えれるのがいい」
アルケミ「他には?」
PIN「《龍大神》はデッキ組みたくなる見た目だな。気になるわ」

ななず「ただいま!『シャイニング・ビクトリーズ』買ってきた!」
アルケミ「おかえりなさい」
PIN「お、早かったな」
ななず「賢士は!?」
PIN「悪いな、デッキに入ったよ」
ななず「何いいいい!?くっ、ぐぬぬ」
アルケミ「いいから開けなさいよ」
ななず「よーし、当たれ賢士!せめて1枚!!」

ななずの『シャイニング・ビクトリーズ』開封結果

1箱目
シークレット
《RR-アルティメット・ファルコン》
レリーフ
《ABF-涙雨のチドリ》
ウルトラ
《白き霊龍》
《虚竜魔王アモルファクターP》
《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
スーパー
《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》
《竜魔王レクターP》
《月光舞豹姫》
《HSR快刀乱破ズール》
《RR-アルティメット・ファルコン》
《電子光虫―ライノセバス》

ななず「なんだ、これ」
アルケミ「欲しいの全然出ないわね」

2箱目
シークレット
《虚竜魔王アモルファクターP》
レリーフ
《青眼の精霊龍》
ウルトラ
《虚竜魔王アモルファクターP》
《月光舞獅子姫》
《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
スーパー
《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》
《青き目の賢士》
《アモルファージ・イリテュム》
《浮幽さくら》
《RR-アルティメット・ファルコン》
《波紋のバリア―ウェーブ・フォース―》

ななず「よっしゃー!!」
アルケミ「首の皮1枚繋がった感じだけど、2箱目は実のところ大当たりね」
ななず「賢士は買おう!」
アルケミ「他には何か気になっているカードあるの?」
ななず「うーん、《龍大神》かな、これは」
アルケミ「イラストでデッキ組みたくなる?」
ななず「え?…え、うん」
アルケミ「その話は終わったわ」
ななず「え?え?」
アルケミ「ちなみに、《月光蒼猫》は3枚あたったの?」
ななず「あった。そして融合モンスターも揃った」
アルケミ「組んでみる?」
ななず「………一度回してみようかな」
アルケミ「アモルファージも結構揃ってるわね」
ななず「うーん、どうしたものか………とりあえず」
アルケミ「とりあえず?」
ななず「賢士買ってくる!」
アルケミ「その前に、他の友人にも聞いてみたら?」
ななず「そうする!」
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ