【神喰恐竜】

ななず「攻撃力4000オーバーの《ディノインフィニティ》を立てて殴るだけ!」
アルケミ「ストレージで半永久的にお留守番のハズの《ディノインフィニティ》を救済!」


【神喰恐竜】

モンスター20
《ラブラドライドラゴン》×2
《焔征竜-ブラスター》
《鳳凰》
《ディノインフィニティ》×3
《ジュラック・グアイバ》×3
《ジュラック・ディノ》×3
《マスマティシャン》×2
《カーボネドン》×3
《レベル・スティーラー》×2

魔法12
《星邪の神喰》×3
《化石調査》×3
《イージー・チューニング》×2
《おろかな埋葬》
《異次元からの埋葬》
《死者蘇生》
《大嵐》

罠8
《サンダー・ブレイク》×2
《因果切断》×2
《奈落の落とし穴》×2
《神の警告》
《神の宣告》

エクストラ15
《神樹の守護獣 牙王》
《氷結界の龍 トリシューラ》
《鬼岩城》
《月華竜ブラック・ローズ》
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《獣神ヴァルカン》
《地底のアラクネー》
《アームズ・エイド》
《ラヴァルバル・チェイン》
《龍姫妃 クィーン・ドラグーン》
《フォトン・ストリーク・バウンサー》
《セイクリッド・トレミスM7》
《幻獣機ドラゴサック》
《No.51 ヴォルカザウルス》
《No.101 S・H・Ark Knight》


ななず「《マスマティシャン》と《星邪の神喰》の2枚から手軽に先行トリシューラ!」
アルケミ「果てしなくクズいわね」
ななず「一応、ストーリーとか考えてデッキ組んだんだよ?」
アルケミ「いいわよ。どうせ、マスマティの『恐竜→ドラゴン』への進化の研究がどうのとか言うんでしょ。エヴォルの二番煎じじゃない」
ななず「図星!」
アルケミ「のくせに、最終的には《ディノインフィニティ》って…退化してるし」
ななず「なんだろう、今日は何か機嫌悪そうだぞ…」
アルケミ「さっさと各々のカードの使い方でも説明しなさいよ。明らかに浮いてるのから」
ななず「《鳳凰》のことかー!」
アルケミ「そうよ」
ななず「いや、今回、魔法の枠に《サイクロン》を積む余裕がなくて」
アルケミ「え、その代わりの《鳳凰》!?…発想が奇抜な方向に行ったわね」
ななず「と、流石の俺も思ってたんだけど…

1《星邪の神喰》発動。
2墓地の《カーボネドン》を除外して《ラブラドライドラゴン》SS。
3《星邪の神喰》の効果で《レベル・スティーラー》を墓地へ送る。
4《ラブラドライドラゴン》のレベルを1つ下げて《レベル・スティーラー》SS。
5《レベル・スティーラー》をリリースして《鳳凰》アドバイス召喚。
6《鳳凰》のレベルを1つ下げて《レベル・スティーラー》SS。
7《ラブラドライドラゴン》☆5と《鳳凰》☆5で《No.51 ヴォルカザウルス》SS。

ななず「…って流れがけっこうできてデュエルが楽だったわ」
アルケミ「伏せ除去からモンスター除去+ダメージに乗り出せるのは確かに魅力ね」
ななず「それでいて炎属性はブラスターに使えるからデッキ内で浮くこともないし、カーボネドンいるから生け贄に困ることも無かったよ」
アルケミ「なら良かったじゃない。…これに味を占めて以後『サイクロン無し、メビウスor鳳凰ピン指し』とかばっかりのデッキにならなきゃいいけど」
ななず「回し方は…

◆序盤
《カーボネドン》+《星邪の神喰》、もしくは《ジュラック・グアイバ》などから、シンクロやエクシーズで攻める。
《ラヴァルバル・チェイン》等も立てながら《焔征竜-ブラスター》を墓地へ送る。
◆中盤
《焔征竜-ブラスター》を絡めていきながら《氷結界の龍トリシューラ》などの高レベルシンクロ、《セイクリッド・トレミスM7》などの中ランクエクシーズ等を出していく。大体3体恐竜が除外されたあたりが《ディノインフィニティ》の出番の目安。
◆終盤
《カーボネドン》からの展開は召喚権を使わないので、《ディノインフィニティ》召喚。《焔征竜-ブラスター》を使ってる頃には攻撃力4000くらいは行くので後は力業。相手が倒れるまで殴る。

ななず「て感じかな。《イージー・チューニング》は、デイノを除外してインフィニティの攻撃力を2700アップさせるためのものです」
アルケミ「アップ値が既に上級の攻撃力並ね」
ななず「ちなみに、友人間とのADSデュエルでの最高攻撃力は7000」
アルケミ「そういえば、こういう『友人とやってて』っていうので辿り着いた数値って、狙って高くして辿りついてるの?それとも持久戦になった結果?…わりと重要だと思うんだけど」
ななず「今回の7000の時のデュエルは狙ってやった。まあ、大抵の相手なら4000を2体並べればダウンしてくれるよ」
アルケミ「4000くらいは普通に行けるの?」
ななず「それはけっこう行ける!」
アルケミ「そういえば、炎・恐竜での選択はジュラックなのね。エヴォルに選択の余地はなかったの?」
ななず「そう、それなんだよ。エヴォルのが回りやすいのかもしれないけど、爬虫類族を入れなきゃいけなくなるから恐竜の枠を圧迫してくるのがね」
アルケミ「それは確かにそうね」
ななず「あとは、エヴォルの回し方を俺がよく知らないっていうのもあるかな」
アルケミ「『のも』じゃなくて、そっちがメインでしょ…」
ななず「まあね…」
アルケミ「そういえば、何かPINが面白いデッキ発明したって聞いたけど?」
ななず「ああ、あれね」
アルケミ「どうしたの?」
ななず「いや、発想は最高だったんだけど事故が酷くてデッキと呼んでいいのかすら怪しい感じ」
アルケミ「どんなでっきだったのよ?」
ななず「『ドラゴン+宣告者+HERO』だった」
アルケミ「うーん、よくわかんないわ。レシピとか載せないの?」
ななず「どうするかなー。まあでもここまで話したし何もなしってのもあれだから、レシピ載せないにしても説明くらいはしようかな」
アルケミ「じゃあ次回の『カード考察』ね」
ななず「いや、『雑談』で」
アルケミ「『雑談』カテゴリばっかり増えていくわね。そろそろ『カード考察+デッキレシピ=雑談』くらいになるんじゃないの?」
ななず「え、いや、流石にそこまではいってない…はず」
スポンサーサイト

『神風神喰ワンキル』

ななず「【神喰ユニコーン】みてたら突然、《星邪の神喰》を使ったワンキル閃いたので書いてみることにする」
アルケミ「突然ワンキル思い付くとか病気だわ」
ななず「やっぱ神風強いわ。他にもあるかもだけど、思い付いたやつだけ書いとく」
アルケミ「…原因は、また神風なのね…」


『神風神喰ワンキル』

手札
《星邪の神喰》
《召喚僧サモンプリースト》
《霞の谷の神風》
墓地
《カーボネドン》

1《星邪の神喰》発動。
2墓地の《カーボネドン》を除外して《ラブラドライドラゴン》SS。
3《星邪の神喰》の効果で《BF-精鋭のゼピュロス》を墓地へ送る。
4《星邪の神喰》を手札に戻し《BF-精鋭のゼピュロス》SS。
5《召喚僧サモンプリースト》召喚。《星邪の神喰》を捨てて《ジェネクス・ブラスト》SS、効果で《A・ジェネクス・バードマン》をサーチ。
6《召喚僧サモンプリースト》と《BF-精鋭のゼピュロス》で《ラヴァルバル・チェイン》SS、効果で《レベル・スティーラー》を墓地へ。
7《霞の谷の神風》発動。
8《ジェネクス・ブラスト》を手札に戻して《A・ジェネクス・バードマン》SS。《霞の谷の神風》の効果で《輪廻天狗》AをSS。
9《輪廻天狗》Aと《A・ジェネクス・バードマン》で《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》SS。《輪廻天狗》Aの効果で《輪廻天狗》BをSS。
10《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》の効果で《霞の谷の神風》を破壊し1000ライフ回復、《竜の渓谷》をサーチ。
10《竜の渓谷》発動。《ジェネクス・ブラスト》を捨てて《嵐征竜-テンペスト》を墓地へ送る。
11《ラブラドライドラゴン》のレベルを1つ下げて《レベル・スティーラー》SS。
12《ラブラドライドラゴン》と《レベル・スティーラー》で《獣神ヴァルカン》SS。効果で《竜の渓谷》と相手フィールドのカード1枚バウンス。
13墓地の《輪廻天狗》Aと《ジェネクス・ブラスト》を除外し《嵐征竜-テンペスト》SS。
◆フィールド◆
《輪廻天狗》
《ラヴァルバル・チェイン》
《獣神ヴァルカン》
《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》
《嵐征竜-テンペスト》
1700+1800+2000+2100+2400=10000


ななず「《獣神ヴァルカン》のところは、除去したいのがモンスターなら《地底のアラクネー》のが火力は出るよ!」
アルケミ「そういやそんなのいたわね」
ななず「ちなみに、これでワンキル出来なかった場合は、もう1枚手札が要るんだけど」

14《嵐征竜-テンペスト》と《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》で《幻獣機ドラゴサック》SS。
15《竜の渓谷》発動。手札を1枚捨てて《焔征竜-ブラスター》を墓地へ送る。
16《ラヴァルバル・チェイン》と《ラブラドライドラゴン》を除外して《焔征竜-ブラスター》SS。
17《焔征竜-ブラスター》のレベルを1つ下げて《レベル・スティーラー》SS。
18《焔征竜-ブラスター》☆6と《獣神ヴァルカン》で《フォトン・ストリーク・バウンサー》SS。
◆フィールド◆
《輪廻天狗》
《レベル・スティーラー》
《フォトン・ストリーク・バウンサー》
《幻獣機ドラゴサック》

ななず「…になるかな」
アルケミ「ドラゴサックがトークン出せないのが痛いわね。バウンサーをトレミスにして天狗を戻せば一応トークン出せるけど」
ななず「うーん、でも相手ライフは結構削れてるはずだから、バウンサー立てておく選択肢は魅力的だよね」
アルケミ「まあ、そうよね」
ななず「とりあえずこんな感じかな」
アルケミ「あれね、渓谷は禁止にしましょう」
ななず「やめてよ!征竜規制の裏ではドラグニティが死んでいるんだよ!」
アルケミ「まあ、ある程度の犠牲は付き物よ」
ななず「酷い!」
アルケミ「まあ、それはおいておいて、これ、PINのデッキに…

《召喚僧サモンプリースト》×2
《輪廻天狗》×2
《BF-精鋭のゼピュロス》
《ジェネクス・ブラスト》
《嵐征竜-テンペスト》
《焔征竜-ブラスター》
《霞の谷の神風》
《竜の渓谷》

の10枚を組み込んだら出来上がるんじゃないの?サイドチェンジで行けるのね…」
ななず「そうだね、ユニコーンの名に恥じないデッキだったね」
アルケミ「…どういうこと?」
ななず「ユニコーン…『可能性の獣』」
アルケミ「ああ、そういう。まあ、あのユニコーンは戦士族だけどね」
ななず「仕方ない…《シャドール・ビースト》を3枚入れた『可能性を食らう獅子』、バンシィデッキを作ろう!」
アルケミ「それただの【シャドール】でしょうがー!!」

ゴッ

【神喰ユニコーン】

ななず「和歌山のバイト1日目終了!」
アルケミ「おつかれー」
ななず「今回はPINのデッキレシピ!」
アルケミ「あ!《星邪の神喰》が入ってる!」
PIN「【カオスハンター】見て、《星邪の神喰》見直して。神喰特化で組んでみた」


【神喰ユニコーン】

モンスター23
《ラブラドライドラゴン》×3
《ガード・オブ・フレムベル》
《ギガプラント》
《異次元の一角戦士》×3
《マスマティシャン》×2
《ネクロ・ガードナー》×2
《カーボネドン》×3
《ローンファイア・ブロッサム》×2
《ダンティライオン》
《クレーン・クレーン》
《A・ジェネクス・バードマン》
《レベル・スティーラー》×2
《スポーア》

魔法12
《星邪の神喰》×3
《増草剤》
《増援》
《ブラック・ホール》
《異次元からの埋葬》
《死者蘇生》
《大嵐》
《おろかな埋葬》
《貪欲な壺》
《貪欲で無欲な壺》

罠5
《リビングデッドの呼び声》×3
《サンダー・ブレイク》×2

エクストラ15
《氷結界の龍トリシューラ》
《ミスト・ウォーム》
《スクラップ・ドラゴン》
《閃洸竜スターダスト》
《エン魔竜レッド・デーモン》
《クリムゾン・ブレーダー》
《月華竜ブラック・ローズ》
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《獣神ヴァルカン》
《天狼王ブルー・セイリオス》
《フォーミュラ・シンクロン》
《CNo.39 ビヨンド・ザ・ホープ》
《虚空海竜リヴァイエール》
《機装天使エンジネル》
《メアリスの木霊》


ななず「シンクロデッキか!どんな感じで回るの?」
PIN「起点になるのは《カーボネドン》と《スポーア》だな」

1《星邪の神喰》発動。
2墓地の《カーボネドン》を除外し《ラブラドライドラゴン》をSS。
3《星邪の神喰》の効果で《レベル・スティーラー》を墓地に。
4《ラブラドライドラゴン》のレベルを1つ下げて《レベル・スティーラー》SS。


PIN「ここまでで単純に☆6シンクロが自由に出せるわけだ。続けて、

5《異次元の一角戦士》をSS、効果で《カーボネドン》SS。

PIN「これで場には☆5、☆4、☆3、☆1。よって☆6・8・9・10・11のシンクロ召喚が可能」
ななず「範囲広いなー」
アルケミ「墓地に《カーボネドン》いれば手札2枚からこの展開力が出せるのね」
ななず「《スポーア》は?」
PIN「《スポーア》が墓地にいるときは大抵《ローンファイア・ブロッサム》も墓地にいるから、

1《星邪の神喰》を発動。
2《ローンファイア・ブロッサム》を除外し《スポーア》☆4をSS。
3《星邪の神喰》の効果で《ダンティライオン》を墓地へ。トークン2体SS。
4《異次元の一角戦士》SS。効果で《ローンファイア・ブロッサム》SS。

PIN「この時点で☆4×2、☆3、☆1×2だから☆5以上のシンクロが可能」
ななず「おお、すげぇ!」
アルケミ「範囲広いわね」
PIN「ここにもう1体チューナーが並べば最高なんだけどなー」
ななず「そうすると、☆1チューナーならアクセルシンクロも見えるね!」
PIN「ただ、一角戦士出してるから召喚権が無いんだよな」
ななず「そうなんだよなー…」
アルケミ「ちょっと考えてみたんだけど、上の続きで

5《スポーア》と《異次元の一角戦士》で《ラヴァルバル・チェイン》SS。効果で《カーボネドン》を墓地へ。
6《カーボネドン》の効果で《ラブラドライドラゴン》SS。

アルケミ「にすれば、チェイン+☆6、☆3、☆1×2となって、トリシューラやミストウォームみたいな『+チューナー以外のモンスター2体以上』っての以外はまかなえるわね」
ななず「このデッキだと神喰が1ターンに1度ってのが本当にネックだな」
PIN「まあ、そうじゃないと悪用されるからな」
ななず「そうだな」
アルケミ「あなたのことよ」
ななず「そう…だったな」
アルケミ「この展開力はかなり、ななずの好みじゃない?」
ななず「うん!こういう感じの展開大好きだわ。割とマジで、真似てデッキ組みたいレベル」
PIN「まあ、別にいいけど」
アルケミ「どっかちゃんと差別化しなさいよ?」
ななず「そりゃもちろん!あれ、これ、一角戦士出す前に安定して2体場に揃えれるってことは…生け贄にも使えるんじゃ」
アルケミ「そうね、そういうのでも面白そうね」
PIN「何を出すつもりなんだ?」
ななず「《光と闇の竜》!」
PIN「うわぁ」
アルケミ「なんかもっと面白いの出しなさいよ」
ななず「いや、流石に冗談だけどね。ちなみに皆なら何出すの?」
PIN「《The Supremacy Sun》!」
ななず「な!」
アルケミ「《凍氷帝メビウス》を召喚!」
PIN「突然のメビウス!」
ななず「ネオ沢渡さん!!」
アルケミ「イェス!イエース!」
PIN「でも《カーボネドン》の方も《ローンファイア・ブロッサム》の方も場に水属性は出てないっていう」
アルケミ「てへペロコツンキラッ
PIN「《超電磁タートル》が凄い欲しい。…買いに行こうかなー…!!」
アルケミ「でも、王国編のあの箱、9月に再販売されるらしいわよ」
ななず「…え!!?」
アルケミ「…もしかして買っちゃった?やっちゃった?」
ななず「1日~8日までのバイト終わって給料入ったら嬉しくなっちゃって」
PIN「給料、いくらになったんだ…?」
ななず「一日分の給料は親に渡して家に入れたから、手元に残ったのは…このくらい」
PIN「…うわあ」
アルケミ「ななずにそんな額与えるのが既に間違いね…」
ななず「まじかー、でも9月じゃ修行再開してるから買えないしなー」
アルケミイザナに頼んだりしないの?もう1枚で十分?」
ななず「…アリだな。確かに2枚目欲しい」
PIN「まじかよ」
アルケミもじきみたいに大人しくプロキシ使ってれば良かったのに、情弱乙!」
ななず「ああ、あの《ゴラ・タートル》な」
PIN「通称:超電磁ゴラ・タートル!!」
ななず「最初見た時何事かと思った。4カ月経って環境そんなに変ったかと思って警戒しまっくったわ」
アルケミ「ドンマイね」
PIN「9月まで待つかな」
アルケミ「それがいいわね」
ななず「ちくしょー!」
PIN「と思ったが《クリフォート・ディスク》をリリース(売却)して《超電磁タートル》を特殊召喚!」
アルケミ「ダメだこいつら」

誕プレと【シャドール】

ななず「隣町のお寺の盆回りバイト1日目!」
アルケミ「お疲れ様!」
ななず「そう言えばイザナから誕生日プレゼントもらった!」
アルケミ「遅い!…って、ななずの誕生日って修行中だったもんね。わざわざ後ででもななずの為に送ってくれるなんて、いい人ね」
ななず「ありがとうございました!」
アルケミ「何貰ったの?」
ななず「えーと、《影依融合》《カオス・ソルジャーー開闢の使者ー》《強欲で謙虚な壺》それと、…ここで遊戯王の話題以外も何だから『パトスピのカード1枚』って言っとく」
アルケミ「滅茶苦茶もらってるじゃない!」
ななず「うん、ちゃんとお返ししないとなー」
アルケミ「そうよ!ちゃんとしないとバチ当たるわよ!」
ななず「実はイザナから貰った《影依融合》で3枚になったから、【シャドール】に2枚、他のデッキに1枚入れてシャドール組み込んでみようかと思ったんだけど…」
アルケミ「ちょ!ちょっとまって!…え?何、そう言えば、【シャドール】組んだの?」
ななず「うん」
アルケミ「帰ってくるなり見境なくガチデッキに手を出したわね。このブログでもう何度か言ったけど『対ガチ用のファンデッカー』がガチ組んでどうするのよ!」
ななず「いや、確かにそうなんだけど…相手にしても自分で使っても【シャドール】がそんな強い気がしないんだよ」
アルケミ「…は?(威圧」
ななず「何か最盛期のインゼクやBF、征竜や聖刻とかと比べると『いや、寧ろ、融合カテゴリってこれくらい強くていいだろ』って感じ」
アルケミ「…それと、環境トップを自称『対ガチのファンデッカー』が使うのがどう関係あるのよ」
ななず「流石に『先ずは倒す相手のことを知らなきゃ』とかの綺麗事は言わないけど」
アルケミ「いや、『綺麗事』として言ったらぶっとばすわよ」
ななず「何だか、まだ先が見える気がして」
アルケミ「先?」
ななず「うん。本当に、環境トップにいるようなデッキに思えないんだよ。もちろん私が使いこなせてないってのもあるかもだけど、人とやってもそう感じなくて『…もっと回る型がまだ見つかってないんじゃないか?』と思えてしまうんだ」
アルケミ「うーん、今回ばかりは、ななずの言ってることが解らないわ。強いと思うわよ?」
ななず「うん、強い筈なんだけどなあ」
アルケミ「まあ、でもそう思うなら探してみたらいいんじゃない?もちろん、シャドールの対策もしっかりしなきゃだけど」
ななず「それはやっぱり【カオスハンター】でやろうと思う」
アルケミ「何か考えてる?」
ななず「やっぱ、クリムゾンブレーダーとかかなあ。今は抜いちゃってるけど《深淵に潜む者》とか《墓地封印》はありだと思う」
アルケミ「なるほど」
ななず「ちょっと『目には目を作戦』で【カオスハンター】にシャドール組み込んでみたけど、失敗だったよ。やっぱメタはメタを貫かなきゃうまくいかないね」
アルケミ「ふふ、ちゃんと痛い目見てるのね」
ななず「まあね。まあ、またデッキ編集して少しづつでも挙げていきたいな」
アルケミ「ま、今年は忙しそうだから無理にとは言わないわ」
ななず「ありがとうアルケミ」
アルケミ「どういたしまして」
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ