ギリギリセーフな7回目

ななず「うおお!7つ目!…………雑談!」

アルケミ「…このアホななず!」

ゴッ

ななず「痛い!…って、あれ?アルケミ?」
アルケミ「『アルケミ?』…じゃないわよ!なによあれ!」
ななず「あれ?」
アルケミ「あの2つのデッキレシピの説明よ!明らかに【カオスハンター】と比べて手抜きじゃない!」
ななず「そ、そんなことないよ!」
アルケミ「それに、1日に…しかもここ3時間で一気に3つあげるなんてどうかしてるわよ、計画性無さすぎ!」
ななず「それは確かに」
アルケミ「おまけに最後を雑談枠で埋めようとするなんて…見てられないから出てきたわよ!」
ななず「え?それって、ずっと見…」
アルケミ「うるさい!」ゴッ
ななず「痛い!」
アルケミ「全く。結局ギリギリになってるし」
ななず「でも、7つあげ終わったよ?」
アルケミ「まだこれが7つ目でしょ!」
ななず「そうでした」
アルケミ「最後が雑談って……何喋るつもりだったのよ?」
ななず「…」
アルケミ「どうしたの?」
ななず「…あ!次の弾と、サイバーのストラク、ライロとギアギアのセットについて!」
アルケミ「うわ、信じられない…、明らかに今思い付いておきながら最もらしい言葉を吐いたわ…」
ななず「そ、そんなことないよ!」
アルケミ「じゃあ、クイズ!」
ななず「クイズ?」
アルケミ「次弾収録《虹クリボー》の効果は!?」
ななず「え!?出たの!?」
アルケミ「不正解!」

ゴッ

ななず「痛い!」
アルケミ「痛いじゃないわよ!全然最新情報チェックしてないじゃない」
ななず「バレたか!」

ゴッ

ななず「そろそろ立ち上がれないダメージ蓄積率になってきたんだけど…」
アルケミ「うるさい、今までの私の心のダメージはこんなもんじゃないわよ」
ななず「ごめん」
アルケミ「反省の態度は来月のブログ更新で見せてもらうわ」
ななず「お、おー!」
アルケミ「じゃあ、週1ね」
ななず「…え?」
アルケミ「じゃ、ま、とりあえずこれで7回、認めてあげるわよ!」
ななず「ありがとう!」
アルケミ「じゃあ、来月週1でよろしく」
ななず「ヒョ!?」
アルケミ「まだ私のお仕置きタイムは終了してないわよ!」
スポンサーサイト

【アステルレイン】

【アステルレイン】

モンスター18
《ZW-荒鷲激神爪》×2
《先史遺産モアイ》×3
《先史遺産トゥーラ・ガーディアン》×2
《太陽風帆船》×3
《デプス・シャーク》
《アステル・ドローン》×3
《先史遺産ゴールデン・シャトル》×2
《召喚僧サモンプリースト》×2

魔法16
《アシッド・レイン》×3
《テラ・フォーミング》×2
《地獄の暴走召喚》×3
《エクシーズ・ダブル・バック》
《闇の護封剣》
《サイクロン》×2
《大嵐》
《ブラック・ホール》
《死者蘇生》
《月の書》

罠6
《奈落の落とし穴》×2
《激流葬》×2
《神の警告》
《神の宣告》

エクストラ15
《迅雷の騎士ガイアドラグーン》×2
《重機王ドボク・ザーク》
《ZW-獣王獅子武装》
《始祖の守護者ティラス》×2
《終焉の守護者アドレウス》×2
《発条装甲ゼンマイオー》
《シャーク・フォートレス》
《イビリチュア・メロウガイスト》
《カチコチドラゴン》
《交響魔人マエストローク》
《ラヴァルバル・チェイン》
《ダウナート・マジシャン》


『リバース女』と呼ばれるショップチャンプのプライベートデッキ。
もちろん、大会優勝のデッキとは別物。

《アシッド・レイン》から《アステル・ドローン》を暴走召喚して★5エクシーズを狙うのが主戦術。

《アシッド・レイン》状況下であれば、トゥーラ特殊召喚からモアイの暴走召喚も可能になり、アドレウスとティラスを同時に並べることも可能です。

訳あってヴォルカやらマシュマックを入れてないんですが、入れた方が強いのは明白です。

ここまであげておいてなんですが、私のデッキはサモプリ乱用が目立ちますね…。

【神竜騎士フェルグラント】

【神竜騎士フェルグラント】

モンスター17
《古代の機械巨竜》
《神獣王バルバロス》×3
《幻水龍》×3
《護封剣の剣士》×3
《召喚僧サモンプリースト》×2
《スクラップ・ビースト》
《幻木龍》
《銀河の魔導師》
《スクラップ・ゴブリン》×2

魔法16
《トレード・イン》×3
《RUM-バリアンズ・フォース》
《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》×2
《テラ・フォーミング》×2
《歯車街》×3
《サイクロン》×3
《大嵐》
《死者蘇生》

罠7
《奈落の落とし穴》×2
《聖なるバリアーミラーフォースー》×2
《強制退出装置》
《神の警告》
《神の宣告》

エクストラ15
《星態龍》
《スクラップ・ドラゴン》
《スターダスト・ドラゴン》
《A・O・J カタストル》
《CX 熱血指導神アルティメットレーナー》
《聖刻神龍エネアード》
《神竜騎士フェルグラント》×2
《ヴァイロン・ディシグマ》
《ジェムナイト・パール》
《カチコチドラゴン》
《恐牙狼ダイヤウルフ》
《交響魔人マエストローク》
《ラヴァルバル・チェイン》
《ガガガガンマン》


ライバルキャラでもあるショップチャンプの1人に使わせようと思っている★8エクシーズデッキ。
いやいや、ショップ大会ではちゃんとガチデッキを使っているんですよ。
こんなデッキじゃ流石に大会は勝ち抜けませんからね。

回しかたは至ってシンプル。機械巨竜とバルバロスで殴りながらフェルグラントを出すだけ。
フェルグラントは場持ちが良いので一度立てておくと安心ですね。

バルバロス+幻水龍が楽で良いですが、バルバロスを引けてないときはサモプリから幻木龍を呼びましょう。

護封剣士は本当に強い。

スクラップ・ビーストでスクドラを出しておけばスクドラ破壊からビースト蘇生できるよね。という安易な考え。

【カオスハンター】

【カオスハンター】

モンスター20
《カオス・ソルジャーー開闢の使者ー》
《ダーク・アームド・ドラゴン》
《カオスハンター》×3
《カオス・ソーサラー》
《D-HERO ディアボリックガイ》×2
《終末の騎士》×2
《ブリキンギョ》
《召喚僧サモンプリースト》
《ネクロ・ガードナー》
《ライトロード・ビースト ウォルフ》×2
《ライトロード・ハンター ライコウ》×2
《ゾンビキャリア》
《魔轟神獣キャシー》×3

魔法13
《聖邪の神喰》×3
《墓地封印》
《サイクロン》×2
《大嵐》
《闇の誘惑》
《増援》
《使者蘇生》
《ブラック・ホール》
《おろかな埋葬》
《月の書》

罠6
《サンダー・ブレイク》×2
《奈落の落とし穴》×2
《神の警告》
《神の宣告》

エクストラ15
《クリムゾン・ブレーダー》
《閃洸竜スターダスト》
《ダークエンド・ドラゴン》
《獣神ヴァルカン》
《超念導体ビヒーマス》
《オリエント・ドラゴン》
《A・O・J カタストル》
《フォトン・ストリーク・バウンサー》
《セイクリッド・トレミスM7》
《ヴェルズ・ウロボロス》
《ジェムナイト・パール》
《交響魔人マエストローク》
《深淵に潜むもの》
《ラヴァルバル・チェイン》
《輝光子パラディオス》


チェインやサック、ライダーやトリシュといった強力なモンスター達を、たとえ相手の先行第1ターンからでも無力化出来る《カオスハンター》と《魔轟神獣キャシー》のコンボを伏兵としながら、闇寄りのカオスビートを行うデッキ。
主戦力は《聖邪の神喰》を軸に展開し、エクシーズやシンクロで攻め立てる。

手札
《聖邪の神喰》
《召喚僧サモンプリースト》
魔法カード1枚
カード1枚(《ゾンビキャリア》用)

基本例
1《聖邪の神喰》発動。
2《召喚僧サモンプリースト》を召喚し、効果発動。《終末の騎士》をSSし効果で《D-HERO ディアボリック・ガイ》Aを墓地へ。
3墓地の《D-HERO ディアボリックガイ》Aの効果発動。《D-HERO ディアボリックガイ》BをSS。
4《D-HERO ディアボリックガイ》Aが除外されたので《聖邪の神喰》発動、《ライトロード・ビースト ウォルフ》Aを墓地へ送り効果でSS。
5《終末の騎士》《召喚僧サモンプリースト》《ライトロード・ビースト ウォルフ》Aの内2体で《ラヴァルバル・チェイン》SS。

この時点で場に、
終末、サモプリ、ウォルフの内1体
《ラヴァルバル・チェイン》
《D-HERO ディアボリックガイ》B
が存在し、以下の流れに発展可能。

発展例ー除去特化
6《ラヴァルバル・チェイン》効果発動、《ゾンビキャリア》を墓地へ。
7《ゾンビキャリア》を蘇生、残っている☆4と共に《獣神ヴァルカン》SS。相手を1バウンスし、こちらは《聖邪の神喰》を戻す。
8《獣神ヴァルカン》と《D-HERO ディアボリックガイ》Bで《セイクリッド・トレミスM7》SS。
★追記1
チェインを終末とウォルフで作っておくorチェインの効果発動コストはサモプリにすることで、上記手順8のトレミスで除去をしない場合はサモプリを手札に戻して次ターンの展開材料を再利用出来る。
★追記2
トレミスの代わりに《フォトン・ストリーク・バウンサー》にすると制圧力が上がる。
★追記3
チェインにウォルフを使い、かつチェイン効果発動コストをウォルフ以外にすると、《ゾンビキャリア》が墓地に落ちた段階で墓地の闇属性は3体。

発展例ー切り返し(相手ATKが2750以下)
6《ラヴァルバル・チェイン》効果発動、《ゾンビキャリア》を墓地へ。
7《ゾンビキャリア》を蘇生、《D-HERO ディアボリック・ガイ》Bと共に《クリムゾン・ブレーダー》SS
★追記1
相手ATKが2800以上の場合、チェインは終末とサモプリで作り、以下の手順へ移る。
6《ラヴァルバル・チェイン》の効果で《ライトロード・ビースト ウォルフ》Bを墓地に送りSS。
7ウォルフ2体で《輝光子パラディオス》SS。

など、汎用性というか、多様な戦略に以降出来るのが、この《聖邪の神喰》の良いところ。
上の例は最大消費手札4枚と、多少重いので、以下に比較的簡単な例を付けます。

手札
《終末の騎士》
《聖邪の神喰》
カード1枚

1《聖邪の神喰》発動。
2《終末の騎士》召喚。効果で《D-HERO ディアボリックガイ》Aを落とす。
3《D-HERO ディアボリックガイ》A効果発動し《D-HERO ディアボリック・ガイ》BをSS。《聖邪の神喰》の効果で《ライトロード・ビースト ウォルフ》を落とし、SS。
4《終末の騎士》と《ライトロード・ビースト ウォルフ》で《ラヴァルバル・チェイン》SS。
5《ラヴァルバル・チェイン》の効果で《ゾンビキャリア》を落とす。
6《ゾンビキャリア》SS。
7《ゾンビキャリア》と《D-HERO ディアボリック・ガイ》で☆8シンクロ

こちらは初手から期待出来る流れなので使いやすいと思います。

只今【征竜】へのメタデッキとして組み上げている所です。
サモプリを2枚にしたり1枚にしたり、《墓地封印》を抜いてみたり色々しながら思案や迷走しています。
これからが望めるデッキなので大切に育てていきたいです。

ごめんなさい

回し方とか色々書いていたらもうこんな時間に…

26日中には上げますのでなんとか…。

※なお、この記事は7回のうちに含みません。

次回予告とメタビート

今月後半になってようやく更新をしはじめ、このブログを見てくださっている皆さんには「こいつ、やっと焦り始めたんじゃ…」と見られているかもしれませんが、

いやいやまさか、もう完全に焦っております。

今回は、次回ブログの記事予告ともしかしたら書くかもしれないと思われるであろう記事の説明をしていこうと思います。

次回から、デッキレシピを連続して上げていこうと思います。
で、そのデッキレシピなんですが、これから書くかもしれない記事に関連してくるので紹介していきます。


【遊戯王】
二次創作小説『Septet』

1つの町にある7つのカードショップ。そのうちの1つでバイトとして働く主人公はすでにOCGを引退した身。
ひょんなことから一日店長を任された主人公の店に「道場破り」もとい「ショップ破り」がやって来る。
自分の店を守るために再びデッキを手に取る主人公。
そして7つの店でも、それぞれが抱える合計7人のショップチャンピオン達が自分の行きつけの店を守るために立ち上がる。
いつもより少し濃い夏休みが始まった。


という、随分と小さい規模の、短い時間のお話になります。
完結までは恐らく7~8話。どれだけ伸ばしても10話にもならないと思うので、後は私のやる気次第。

話は変わりますが、皆さんのデュエル仲間の中に、「ここぞ」という時に強い引きをする人っていませんか。
私の周りにもいます。「ここであれを引かなきゃ!」というタイミングでデッキに1枚の蘇生やブラホ、大嵐を引いてきて逆転負けの記憶もしばしばです。

ふと、考えませんか。
「ここぞ」のタイミングで必ず「その」カードが引けるならその運は戦略に組み込めるのでは、ガチデッキにも勝てる強さなのでは…?と。

今回の小説ではそんな凶悪な「運」を持った人間が何人か出てきます。
そしてもちろん、ショップチャンプが登場するのでその時期に合ったガチデッキ使いも何人か出ます。

そして、主人公のデッキですが。
主人公のデッキはメタ風味のカオスビートです。

…はい、なんでそんな面白くなさそうなジャンルにしたかといいますと、「行き過ぎた」メタは一転してロマンになると私が思っているからです。
確かに、ライオウやカイクウ、デスカリにライダーといった汎用性の高いメタ能力モンスターにロマンがあるとは思えません。では、どんなものが「行き過ぎ」て「ロマンのある」メタビートだというのか。
『遊戯王ZEXAL』のアニメを見ている人に分かりやすい例をあげると、バリアン七皇の1人、アリトのデッキがそれです。
彼のデッキはモンスター同士の戦闘をメインに考え、魔法と罠でそのサポートとダメージコントロールを行うデッキです。
が、「サポート」と「ダメージコントロール」をしようとデッキを組んだらまず、あんな使用タイミングがピンポイントなカウンター罠に埋め尽くされたデッキは到底出来ません。どう考えてもメタがピンポイント過ぎて機能する見込みがないからです。
あのデッキは相手の行動を予想して想定して考察し過ぎた結果のたどり着く形です。
私たちに置き換えるとデッキを組んでる途中に《カウンター・カウンター》を入れようかどうかで悩み、入れるデッキが「相手の行動を読みすぎてピンポイントメタになってしまった」デッキです。

汎用性の低さからその発想はありえない。
あんなもの、テニスラケットのガットを二本で十字にしてボールを打とうとするもんだ。
と、一蹴したいのですが。しかし彼のデッキはとてもいい回転率と、状況に噛み合ったカウンター罠をいいタイミングで打てるデッキでしたし、十字ガットも強かったです。
あれはアニメたから…と、いう意見もあるでしょうが、アニメを見てて判るはずです。
ピンポイントメタは、状況と噛み合えば強力な力を発揮する、と。

何が言いたいかというと、ピンポイントメタを狙う精神はロマンコンボを狙った精神と共通するのではということです。
寧ろ相手依存の分、よりロマンに近いのではないでしょうか。
もちろん、ロマンコンボのような派手さやスター性は微塵もないでしょうが、「行き過ぎた」メタは一度噛み合えば「粋すぎた」メタへと転ずる可能性を孕んでいます。

私たちの世界にも「環境」があり、流行っているデッキがあります。
例えば、環境を支配している【A】というデッキがあるとします。
当然のように環境か【A】一色で染まったりはそうそうしません。そう、【A】に相性の良い、【A】をメタれる戦略を組み込める【B】が出現し、以降はいたちごっこです。
【A】を陥落させるべく対抗手段を考え苦悩するデュエリストたちの姿にロマンが無いはずはありません。
例をあげるなら、《ドロール&ロックバード》は、そういったデュエリスト達が見つけた対【魔導】用のメタカードでした。
誰が見つけたかは知りませんが、私が話を聞いた時は、なるほどと感服しました。

この物語は、ガチデッキや強運といったデュエルに絶対的な差を空けてしまう「要素」に主人公が立ち向かうお話にしたいと思っています。

次回からは、この物語の登場キャラクターのデッキレシピを紹介していこうと思います。
そして次回は主人公のデッキレシピ!
主人公が使うのは私が対【征竜】として組み上げているデッキのプロトタイプです。

※次回の更新は本日中に行います。


では次回!!
【カオスハンター】

『デュエリストパックー神代兄妹編ー』

『デュエリストパックー神代兄妹編ー』

ななず「買ってきたよー!…って、そうか。アルケミはいないんだった」

開封結果
ウルトラ
《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》
スーパー
《No.94 極氷姫クリスタル・ゼロ》
《セイバー・シャーク》
《バハムート・シャーク》

個人的には大当たりでした。まあ、
《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》
《FAーブラック・レイ・ランサー》
《No.73 激瀧神アビス・スプラッシュ》
《No.94 極氷姫クリスタル・ゼロ》
《セイバー・シャーク》
の5枚が欲しかったので、箱で買った場合は絶対満足できるんですけどね。

《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》を出すにはどうすればいいかを悩んでいる所です。
一度場に出せれば、高攻撃力に破壊耐性、効果無効効果までも持つという、痒い所に手の届いた強力なモンスターですが、一方でエクシーズ素材には水属性☆6×3、エクシーズチェンジにも水属性★5と、普通の★5エクシーズデッキには辛いを要求してきます。
『高飛車なお姫様』や『ワガママっ娘』といった印象です。

使うのはもちろん、★5エクシーズが出るデッキになるでしょうが、このカードのために水属性☆5モンスターを新たに加えるのは何とも面倒です。何より安定感を削ることになるのがいただけません。
もちろん、《No.19 フリーザードン》を共にエクストラに入れる案は脳内にすぐに出ます。
しかしwikiに書いてある通り《No.61 ヴォルカザウルス》と《迅雷の騎士ガイアドラグーン》の組合せが既にエクストラにあることを考えると、エクストラを汎用性の低いフリーザードンで圧迫するかといわれると辛い所です。

そこで今、考えているのはエクストラに《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》を1枚、デッキに《幻惑の巻物》を1枚という案です。
水属性★5エクシーズを出せるようにするのではなく、既に出ている★5エクシーズを水属性に変えてしまおうということです。
これならメインデッキ及びエクストラデッキのスペース圧迫を最小限に押さえることが出来ます。

もちろん、デメリットもあります。
先ず第1に、この案では《幻惑の巻物》を手札に持ってこないことには《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》のエクシーズ召喚が叶わないと言うことです。
《No.73 激瀧神アビス・スプラッシュ》等の水属性★5エクシーズを出す為に、水属性☆5をデッキに入れる案と比べてみましょう。
後者は元々入っていた優良☆5モンスターと、水属性☆5モンスターの入れ替えになるので当然のようにデッキ自体の安定感は下がります。しかし、《幻惑の巻物》を引くよりは遥かに高い確率で水★5エクシーズを出せると思います。

第2に『装備魔法』というディスアドバンテージです。《幻惑の巻物》は装備魔法なので必ずや装備魔法としてのディスアドがついて回ります。
《幻惑の巻物》を装備した瞬間に《サンダー・ブレイク》で装備モンスターを破壊されては元も子もありませんし、そうでなくても《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》を出せば、下の★5に装備された《幻惑の巻物》は、破壊されてしまいます。

一度纏めてみるとこんな感じでしょうか。

《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》運用のための改良案


《No.19 フリーザードン》を起用。
●メリット
メインデッキ圧迫及び改良の心配が無い。
★5エクシーズが出せるタイミング全てから《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》が狙える。
●デメリット
エクストラの圧迫。


水属性☆5モンスターの起用。
●メリット
《No.19 フリーザードン》と違い、優秀な水属性★5エクシーズをエクストラに起用出来る。
●デメリット
メインデッキの圧迫。
メインデッキに組み込む水属性☆5の枚数と比率を考えなければ、ゼロランサーを出したい時にエクストラの水★5エクシーズを使えずに、結果としてエクストラの圧迫しているだけの形に終わる。


《幻惑の巻物》を起用。
●メリット
メイン及びエクストラデッキの圧迫が最小限。
●デメリット
《幻惑の巻物》無しではゼロランサーを召喚出来ない。
装備魔法独特のディスアド。


と、いった所です。
なので今回紹介する《幻惑の巻物》起用案は
1、今持っている★5エクシーズデッキが既に安定感を持っていて形を変えたくない。
2、《幻惑の巻物》くらい、ランクアップマジックと割り切れる。
3、《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》をデッキのスパイス程度に楽しむ感覚。
の3つを満たす、デュエリストにのみ薦めれるものになります。
要は、★5エクシーズデッキをある程度極めた人向けですね。

当然かもしれませんが、恐らく★5エクシーズデッキには《簡易融合》が入っていると思うので、エクストラの☆5融合モンスターを水属性に変えながら、メインデッキに《デプス・シャーク》や《セイバー・シャーク》、《ゼンマイシャーク》のような使い勝手の良い水属性☆5、もしくは☆5になれるモンスターを1~2枚入れるのがいいかもしれませんね。
こっちは、これから《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》を使う★5エクシーズデッキを作ろうとする人にお薦めの案ですね。

エクストラに余裕がある人は迷わず《No.19 フリーザードン》を突っ込めば良いと思います。

『デュエリストパックー神代兄妹編ー』の、と言うより、《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》のカード考察になりましたが、今回はこの辺で。

【★4神風祝】

【★4神風祝】

【神風祝】が神風&バードマン制限で死刑宣告を受けたので立て直したデッキ。

モンスター19
《ジェネクス・ブラスト》×2
《A・ジェネクス・バードマン》
《ハーピィ・ダンサー》×3
《カゲトカゲ》×3
《召喚僧サモンプリースト》×2
《輪廻天狗》×2
《ブリキンギョ》×2
《エフェクト・ヴェーラー》×2
《ターボ・シンクロン》×2

魔法14
《霞の谷の神風》
《テラ・フォーミング》×3
《二重召喚》
《シンクロキャンセル》
《貪欲で無欲な壺》
《サイクロン》×2
《炎舞ー「玉衝」》×2
《大嵐》
《死者蘇生》
《ブラック・ホール》

罠7
《聖なるバリアーミラーフォースー》×2
《サンダー・ブレイク》×2
《神の警告》
《神の宣告》
《スターライト・ロード》

エクストラ
《氷結界の龍トリシューラ》
《氷結界の龍グングニール》
《アーカナイト・マジシャン》
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《A・O・J カタストル》
《ヴェルズ・ウロボロス》
《キングレムリン》
《ガガガガンマン》
《ラヴァルバル・チェイン》
《ダイガスタ・エメラル》
《電光千鳥》
《ジェムナイト・パール》
《イビリチュア・メロウガイスト》
《No.50 ブラック・コーン号》
《No.106 巨岩掌ジャインアント・ハンド》



簡単な回し方例
1《霞の谷の神風》発動。
2《召喚僧サモンプリースト》召喚。効果発動し、《ハーピィ・ダンサー》SS。
3《ハーピィ・ダンサー》効果発動。再度召喚し、《霞の谷の神風》の効果で《ターボ・シンクロン》SS。
4《氷結界の龍トリシューラ》SS。

サモプリでブラストを呼べば《アーカナイトマジシャン》にも繋がり、《カゲトカゲ》を上記の例に挟むと☆5シンクロ+★4エクシーズということも可能。
最初の★4は《キングレムリン》か《ラヴァルバル・チェイン》で手札を安定させて自分のペースへ持っていきたいところ。

やっぱり、なんだかんだ言っても神風中心に回すランク4軸エクシーズデッキ。
《キングレムリン》からの《カゲトカゲ》は使ってみると強かった。
神風が破壊されたら、基本的にはソリティアは諦めて、ランク4エクシーズを真面目に淡々と出して攻め立てます。
《シンクロキャンセル》はトリシュを使い回したいだけなので《疑似空間》に変えると安定するかも。

ブログ復活をかけて

デュエリストパックー遊馬編ーゴゴゴ&ドドド

ななず「買ってきたよー!」
アルケミ「遅い!もう兄妹編が出るわよ」
ななず「とりあえず報告」

ウルトラ
《ゴゴゴゴーレムーGF》
スーパー
《護封剣の剣士》
《カードカー・D》
《No.17 リバイス・ドラゴン》

ななず「護封剣士は何言ってるかわからない強さ」
アルケミ「今回は何がほしかったの?」
ななず「GFと護封剣士!バッチリ!」
アルケミ「おめでとー。そう言えば、前回、悲鳴と共に瓦解したデッキは無事?」
ななず「無事じゃないけど生きてるよ。ランク4軸デッキに変更してトリシュも出る感じ」
アルケミ「それって、前回の私の案を全部入れた感じじゃない…?」
ななず「そんな感じ!」
アルケミ「それって、強いの?」
ななず「結構いい感じ。なんで今までランク4デッキを作らなかったんだろうってなるくらいよく回るよ」
アルケミ「ならレシピあげなさいよ、最近サボり『気味』ってレベルじゃないわよ」
ななず「ちょっとモンハン4が面白くって」
アルケミ「は?」
ななず「いや、3から始めた三流ランサーだけど4面白いね!HR解放したらもう止まらなくって…」

ゴッ

ななず「痛い!……え?」

ゴッ
ゴッ
ゴシャンッ

ななず「痛い!フラスコ割れたよ!?」
アルケミ「痛いじゃないわよ!…信じられない!最低!長い間待たせておいてゲームやってましたじゃないわよ!」
ななず「ごめんなさい」
アルケミ「ごめんじゃないわよ!ゲームにハマってるってことは…ブログの記事を考えてもいないし、考える暇もないから、謝ったところでこれからブログの更新速度が改善する見込みないじゃない!もうななずなんて知らないわ!!」
ななず「い、いや!レシピはもう幾つか貯めてあるよ!」
アルケミ「そんなでまかせ信じられないわよ!そんな台詞吐いて更新速度が戻らなかったら次はこの割れたフラスコで突き刺して突き刺して突き刺してやるんだからもうむせきにんなせりふをはくんじゃないわよ!!」
ななず「…判った」
アルケミ「何が判ったってのよ」
ななず「ブログ更新速度の回復に勤めよう」
アルケミ「へえ、今月はあと何件あげてくれるの?一件?二件?」
ななず「7件!」
アルケミ「…」
ななず「今月中に7件書く!内、最低3つ以上のデッキレシピを約束する!」
アルケミ「何言ってるか分かってるの?3日に1回のペースよそれ。出来るの?」
ななず「やってみせる!」
アルケミ「……勝手ににすればいいじゃない、私は知らないわ!」
ななず「じゃあ、今月7件書き終わったらまた一緒にブログやろう!」
アルケミ「そうね、もし出来たらね」
ななず「よし!じゃあ次回予告!」

次回予告
『復活!【★4神風祝】』
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
仕事のためブログから蒸発。
「ブログはアルケミにまかせた!」
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
ななず失踪のため、現行ではこのブログの最高責任者。
「ふざけるんじゃないわよ、たまには顔みせなさい」
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ブログ『フラッシュありますか?』の管理人。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。
現在は真竜を組み始めたとか…。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ