第1回ななず杯開催!

第一回ななず杯開催!

ななず「第一回ななず杯開催!」
アルケミ「用は、身内のデュエル大会ね」
ななず「参加人数は出揃った!7人のデュエリスト入場!!」
アルケミ「約半分が卒業した先輩って、すごい面子ね。社会人って暇なの?」
ななず「そういうこと言わないの。卒業後も遊びに来てくれるのはありがたいことでしょ」
アルケミ「そうね。でも流石に岡山と広島に帰った先輩方は今回は不参加なのね」
ななず「今のところはね」
アルケミ「今のところは?どういうこと?」
ななず「大会ってのはいつでも飛び入り参加アリじゃないと面白くないでしょ」
アルケミ「ホントにななずはサプライズが好きね」
ななず「まあね」
アルケミ「昨夜はどこまでいったの?」
ななず「なんか、色事の話っぽい聞き方だな…」
アルケミ「大会の話でしょ!(-_-#)」ゴッ
ななず「失礼しました。昨日は抽選で組み合わせを決めた所までだよ」
アルケミ「出場デッキは?」
ななず「まだ全員は決まってない。今日は組合せ発表とデュエリスト紹介でもして次回に繋ぐよ」
アルケミ「『次回に繋ぐよ』って、あなたは本当に包み隠さないわね…」
ななず「では組合せ発表行ってみよう!」
アルケミ「お、…おー?」

Aブロック
第1試合 ひきだしvsたまちゃん
第2試合 うっしーvsだっち

Bブロック
第1試合 イザナvsはっしー
シード権 ななず

抽選はカードで行い、引いたモンスターのレベルでトーナメント表に振り分けました。
イザナと二人で作り、最後の二枚のうち、シード権は嫌だと彼が拒否したので私がシードに。
では、デュエリストの紹介!

Aブロック!

パワーカードとカードパワー(攻撃力)に奇策を加えるパワーデュエリスト。
今回は【外道ビート】を新たに組んでの参加を予定。
勝利への方程式が他を蹂躙!
ひきだし!!

歴史を愛し【先史遺産】や【六武衆】といったデッキを好む。
今回はいったいどのようなデッキで来るのか!?
堅実なデッキ構成が敵を封殺!
たまちゃん!!

続いて第2試合…!
ブログ『もやし祭り』管理人。
やはり参加は【スクラップ】か!?それとも新作を携えてやって来るのか!?
テーマに加えるワンスパイスに期待がかかります。
煌めくキーカード!
うっしー!!

対するは、【BF-甲虫装機】や【聖刻フォトン】などの複合デッキをもちますが、やはり出場は一番のお気に入り【ゼンマイ】か!?
不明要素が最も高い…それだけにデュエルが楽しみです。
今回のダークホース、戦術の合成師!
だっち!!

Bブロック!

多種のデッキを操る中から今回は【レダメホルス】での参加を表明。
竜の巣窟Bブロックにホルス神あり。
本気モードのデュエル。
ホルスの黒炎が他のデッキの命を焼く!
イザナ!!

最初で最後のバトルフェイズ。
得意戦術は1ターンキル!
【純聖刻】での参戦!
優勝候補の一角が竜の巣窟Bブロックを蹴散らし聖戦に最速の幕引きをもたらします。
光速の軍龍が空より注ぐ!
はっしー!!

シード枠から高みの見物。
【星屑ドラグニティ】は進化した…。
竜の巣窟Bブロックに【星屑ドラグニティ2】が飛ぶ。
トラップ発動!《バスター・モード》!
ななず!!

アルケミ「厨二乙」
ななず「いやいや、二つ名とか肩書きはそのくらいがいいんだって」
アルケミ「Aブロックの決勝進出者が読めないわね。うっしーかたまちゃんあたりかしら」
ななず「Bブロックは…?」
アルケミ「はっしー1択!…でもイザナもさっきメールで意気込んでたから気になるね」
ななず「あれ?…俺は?」
アルケミ「渓谷発動→サイク、の流れしか見えない。対策が簡単すぎるのよ、ドラグニティは」
ななず「よし!見てろ、目にものを見せようじゃないか」
アルケミ「うん、頑張ってね。そう言えば商品はあるの?」
ななず「こんな感じ」

1位 《カオス・ソルジャー-開闢の使者-》
2位 《ジャンク・デストロイヤー》
3位 《ガガガガール》

アルケミ「わりかし良いわね」
ななず「後、1位は『初代ななず杯デュエルキング』の称号も!」
アルケミ「それはいいとして、よくこんな賞品集まったわね」
ななず「開闢はイザナが、ジャンデとガールは俺が出したのよ」
アルケミ「ななずは開闢欲しいんじゃない?」
ななず「そりゃ、ね。今まで別に無くても困ってないけど、貰えるなら欲しいよ」
アルケミ「がんばるのよ!」
ななず「お、おー?」
スポンサーサイト

【ジュノンラッシュ!】

【ジュノンラッシュ!】

魔導書院の頼りになる人!
トラブルシューター・ジュノンさん!
書院はいつも問題が山積み。
「ジュノンさん、助けてください!」
そんな声が絶えません。
しかし、そこはジュノンさん、呼ばれればどこからでも駆けつけて一☆発☆解☆決!
「魔導書除外でトラブル駆逐よ!」

手札、墓地、デッキに加え除外の四方どこからでも《魔導法士 ジュノン》が出てきて除去と攻撃で追い詰めるデッキ

モンスター19
《魔導書士 バテル》×3
《魔導召喚士 テンペル》×3
《魔導法士 ジュノン》×3
《見習い魔術師》×2
《召喚僧 サモンプリースト》×2
《ライトロード・マジシャン ライラ》×2
《カオス・ソーサラー》×2
《D・D・M》×2

魔法16
《グリモの魔導書》×3
《魔導書院ラメイソン》×2
《ネクロの魔導書》×3
《ヒュグロの魔導書》
《アルマの魔導書》
《ディメンジョン・マジック》×3
《サイクロン》×2
《死者蘇生》

罠5
《サンダー・ブレイク》×2
《リビングデッドの呼び声》×2
《神の宣告》

 エクストラ1
《ラヴァルバル・チェイン》
後は適当に

テンペルで《D・D・M》呼べるのに気づいて思い付いたデッキ。

前半から ジュノンの強力な効果と2500の攻撃力でドンドン殴って行きましょう。中盤以降に《D・D・M》を使うので奈落や幽閉は恐れなくていいのが強み。

《魔導書院ラメイソン》で手札を整えていきましょう。ジュノンとはアンチシナジーな気もしますが、そこはプレイングで何とか…。ジュノンの為に1枚は墓地に魔導書を残しておきたいですね。

中盤には《カオス・ソーサラー》や、《ネクロの魔導書》で除外した《魔導法士 ジュノン》を、《カオス・ソーサラー》や『《ネクロの魔導書》で出したモンスター』を生け贄に出した《D・D・M》で引っ張って来て…と、こんな感じに回りだしたらジュノンの破壊効果がかなり効くはず。もうここまで来たら押しきってしまいましょう。
1《ネクロの魔導書》発動《D・D・M》SS
2《カオス・ソーサラー》SS
3《D・D・M》で、『《ネクロの魔導書》発動のために見せた魔導書』をコストに《カオス・ソーサラー》SSのために除外した《魔導法士 ジュノン》をSS
1700+2300+2500=6500
この時点でまだ通常召喚を残してますのでライラを出したりすればワンショットキルも見えてきます。
まあ、前半はジュノンで割っちゃ殴ってを繰り返すので、この段階でまだ相手のライフが1500削れていないことは滅多に無いのでこの打点で足ります。

…スキドレには注意しましょう。

次回予告と『ゥ』の謎

アルケミ「ななず!」
ななず「どうしたの?」
アルケミ「新しく図書館が出来て色んな本があるんだけど、借り方が解らないのよ」
ななず「…」
アルケミ「?」
ななず「いや、いきなり図書館とか言われても…」
アルケミ「あ、ごめん。うーんと、ななずに伝わる言い方にすると…」
ななず「え!?それ、言い方変えたら伝わるの!?」
アルケミ「うん」
ななず「ちょっと待って、考える」
アルケミ「うん」
ななず「…」
アルケミ「ななず?」
ななず「…よ、よし。多分、…魔導書カテゴリの新カード《魔導書院ラメイソン》や《アルマの魔導書》《ゲーテの魔導書》についてじゃない…?」
アルケミ「ファイナルアンサー…?」
ななず「…ファイナル、アンサー」
アルケミ「ではここで、《超弩級砲搭列車グスタフ・マックス》には戻れなくなります」
ななず「俺のグスタフを然り気無く自分のカードケースに入れやがった!」
アルケミ「…続きはCMのあと!」
ななず「ちょ」
アルケミ「せーかいよ」
ななず「随分寄り道したね」
アルケミ「で、何かいい使い方でも見えた?」
ななず「まあ流れの1つだけど、こんなのくらいかな」

《グリモの魔導書》+《魔導召喚士 テンペル》+《アルマの魔導書》or《魔導書院ラメイソン》
1、《魔導召喚士 テンペル》召喚
2、《グリモの魔導書》発動で《アルマの魔導書》があるなら《魔導書院ラメイソン》、《魔導書院ラメイソン》があるなら《アルマの魔導書》をサーチ
3、《魔導召喚士 テンペル》をリリースし《魔導法士 ジュノン》SS
4、墓地の《グリモの魔導書》を除外して《魔導法士 ジュノン》でカード1枚破壊
5、《アルマの魔導書》で《グリモの魔導書》を手札に
6、《魔導書院ラメイソン》を発動し効果で《アルマの魔導書》をデッキボトムに戻し1ドロー
★手札3消費(《グリモの魔導書》は帰ってきているので実質手札消費は2枚)で、1ドロー、フィールド1枚破壊、《魔導法士ジュノン》SS

アルケミ「普通ね」
ななず「うん、魔導書はまだ分からないね」
アルケミ「今日はこれで終わり?」
ななず「うん」
アルケミ「魔導書、どう?」
ななず「新カード見たときは凄い強そうに感じたけど、まだ強力な回りは見えないかな。手札から魔導☆3を特殊召喚の魔導書とかが出ればいいのかも」
アルケミ「その辺は《ディメンジョン・マジック》でやれ、ってことなのかもね」
ななず「そうかも。次は魔導書のデッキレシピでも上げるよ」
アルケミ「休みたいと思ってる割に更新予告するのね」
ななず「ま、まあね」
アルケミ「そういえば、両ブログの管理人の許可は?」
ななず「取れたよ」
アルケミ「本当に?」
ななず「うん。あ、じゃあその会話でも↓に張り付けて終わりにしよう」

Skypeでの会話
ななず「あ、そうそう」
ななず「うちのブログで、ロククのブログの紹介しといたけど、改変して欲しい文あったら言ってね」
ロクク「ん、わかった見てこよう」
   「ん、いい感じかもww」
   「ゥが小さいのつっこまれてるwwwww」
ななず「wwww」
   「ずっと気になってたのよww」
   「あれはなんで小さいの??」
ロクク「ゴーイングマイゥェイ!!」
   「ゴーイングマイウェイ!!って言ってもさ普通にテンション高めに言ってるだけじゃん」
ななず「うん」
ロクク「ゴーイングマイゥェイ!!だとなんかイケイケ感アップする気がして」
ななず「ああ『↑↑↑』ってかんじなのかw」
ロクク「という後付け設定」
ななず「wwwwwwwww」
   「 後付けだった!ww」
ロクク「ほんとはノリで書いたらウェイのウまでちっちゃくしちゃっただけなのさ!」
ななず「変換ミスで正解だった!wwww」

アルケミ「相変わらずロククは元気ね」
ななず「そうだね」
アルケミ「じゃ、今日はこれでお開きね」
ななず「あ、そうだアルケミ」
アルケミ「何?」
ななず「グスタフ出しなさい」
アルケミ「あ、覚えてた?」

リンク先ブログ紹介

今回は私のブログにリンクしているブログの紹介でもしていこうと思います。

ななず「てことで、ブログ紹介やっていくよ?」
アルケミ「要するに一回休みたいのね(-_-;)」
ななず「こら、そんなこと言わないの!本当のことなんだから」
アルケミ「で、どっちからやっていくの?」
ななず「上から順番にやっていこうか」
アルケミ「了解(UvU)ノ」


アルケミ「『ゴーイングマイゥェイ』ね。なんでこれ『ウ』が小さいの?変換ミス?」
ななず「それはこのサイトの七不思議の1つで…」
アルケミ「サイトに七不思議!?なにそれ面白!オカルトオカルト~♪」
ななず「冗談だけどね(*^^*)」
アルケミ「…(^_^)))」

ゴッ

★ゴーイングマイゥェイ
管理人ななずの友人ロククの管理するブログ
内容はおもに遊戯王のデッキレシピ紹介と夢日記。イラストもたまに描いてブログに上げるかもしれないとのこと。
デッキレシピに関しましては、本人プロフにある通り変態構築にしたがる傾向。デッキ枚数も40には縛られず己が欲望のまま「やりたいことをやる」ためのネタデッキ。しかしロククとデュエルをすると
「なんでそんなものが入っているんだwww…………………まじかよ、突破出来ねえ…」
となることもしばしば。
そんな、レシピだけでは紙束にしか見えないかもしれませんが実は面白くて強い、みたいなレシピが上がっています。
夢日記に関しては、まぁ本人のメモ帳みたいな感じだと思うので、私はかなり楽しんでますが、興味ない人はスルーでいいと思います。
イラストに関しては、最近は上げてないみたいですが、カッコイイロボットやメカ、クリーチャー系のイラストを描きます。興味があればプロフィールからピクシブを覗いてみるといいと思います。


ななず「こんなとこかな」
アルケミ「そうね、次に行きましょ」

アルケミ「次は『もやし祭り』ね。ブログ名には理由があるんだろうけど、知ってる?」
ななず「続きはWebで!」
アルケミ「すでにWebだっての」ゴッ
ななず「興味ある人は管理人にコメントで訊いてみよう!」
アルケミ「うわ、丸投げた…」

★もやし祭り
管理人ななずの先輩うっしーによるブログ
内容はおもに遊戯王。最近立ち上げたブログで、今のところはデッキレシピとカードリストを上げています。
デッキレシピに関しては、本人の組み上げたデッキのレシピなので、実戦を通しての改良型も上げています。
本人自体はテーマデッキにワンスパイスを加えたデッキや、エースモンスターを主軸に据えて活躍させるデッキが多く、モンスターやテーマといった『素材の味を活かした』デッキ作りをします。
カードリストに関しては、外国版パックのリストを上げています。最新パックのを最速で…とはいかないかもしれませんが、Wikiと違ってカード名を日本語にしてくれているのでとても見易いです。


ななず「こんなところかな」
アルケミ「一休み、にしてはわりと文章量あるのね」
ななず「思った以上に書いてしまった」
アルケミ「そういえばこれ、両ブログの管理人の許可は?」
ななず「取ってない…なにか不味い文章や改変願いがあればメールください直します。…これでよし!」
アルケミ「大丈夫?」
ななず「多分。それより続き続き!」
アルケミ「そうね、もしこの記事をみて興味を持った方がいれば覗いてみればいいんじゃない?」
ななず「やっぱ、ブログやってる以上は多くの人に見てもらいたいしね」
アルケミ「そうね、ななずはコメントとかつくと嬉しそうにしてるものね」
ななず「そりゃもちろん、コメントもらって嫌な気にはならないよ」
アルケミ「ってことだから、リンク先の両ブログの管理人たちもそうかもね」
ななず「あ、その台詞を言うためにコメントの話を出したのか!」
アルケミ「そうよ?このままだと紹介だけで終わりそうだったから。少し宣伝でもしなきゃ勿体無いじゃない」
ななず「なるほど……はっ!…じゃあここから先はこのブログの宣伝を…」
アルケミ「お門違いよ」ゴッ

【暴走お姫様】

【暴走お姫様】

「外にはもっと面白いものがあるわよ?」
魔女にそそのかされ、お城を飛び出すお姫様。飼い猫だけを連れ、魔法の森へと足を踏み込む。
しかしそこは立ち入り禁止の危険な場所…
命知らずのお姫様の明日はどっちだ!!

《マドルチェ・プディンセス》が主軸のデッキ。ヴァルハラからの暴走召喚でぶん殴りに行って爆アド取ろうぜ!

モンスター16
《マドルチェ・プディンセス》×3
《マドルチェ・マジョレーヌ》×3
《マドルチェ・ミルフィーヤ》×2
《ナチュル・チェリー》×3
《ナチュル・コスモスビート》×2
《巨大ネズミ》
《クリッター》
《ヘカテリス》

魔法13
《神の居城ーヴァルハラ》×3
《地獄の暴走召喚》×3
《強欲で謙虚な壺》×2
《ミラクル・シンクロフュージョン》
《サイクロン》×3
《死者蘇生》

罠11
《和睦の使者》×3
《進入禁止 No Entry》×2
《リビングデッドの呼び声》×3
《天罰》×2
《神の宣告》

エクストラ15
《ナチュル・ビースト》
《ナチュル・パルキオン》
《ナチュル・エクストリオ》
《氷結界の龍 ブリューナク》
《A・O・J カタストル》
《TG-ハイパー・ライブラリアン》
《ブラックローズ・ドラゴン》
《発条機雷 ゼンマイン》
《妖精王 アルヴェルド》
《交響魔人 マエストローク》
《始祖の守護者ティラス》
《No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドー》
《No.33 先史遺産ー超兵器マシュ=マック》
《No.50 ブラック・コーン号》
《No.51 ヴォルカザウルス》

完全なネタデッキ
《サイクロン》×3なのはスタロを踏みたくないので。同理由で《激流葬》とミラフォも無し
《強欲で謙虚な壺》×2なのは強謙で強謙を引きたくないからです

プディンセス3枚集まったら組んでみようかな…

【水精鱗(検証用)】

【水精燐(検証用)】

モンスター21
《水精鱗ーアビスタージ》×3
《水精鱗ーアビスパイク》×3
《水精鱗ーアビスグンデ》×3
《水精鱗ーアビスヒルデ》×3
《水精鱗ーメガロアビス》×2
《海皇の竜騎隊》×3
《海皇の狙撃兵》
《ライトロードハンター ライコウ》×3

魔法11
《アビスケイルークラーケン》×2
《忘却の都 レミューリア》
《光の援軍》
《禁じられた聖槍》
《ブラック・ホール》
《月の書》
《死者蘇生》
《サイクロン》×2
《大嵐》

罠8
《アビスコール》
《神の警告》×2
《神の宣告》
《激流葬》×2
《サンダー・ブレイク》×2

マーメイル検証のために使ってみたデッキです。
オーバーキル出来る流れがあるとのことで、それを狙ったりもしていたのですが、如何せん最初のアビスパイク召喚に《神の警告》とか打たれてしまうと止まる止まる。

デッキ構成的には除去って展開→殴るのシンプル構成。
レミューリアのピン指しはバウンサーやアトランタルへの進路変更用、アビスコールも折角なのでピン指ししてちょっと良い感じ。
強謙は特殊召喚できなくなるので私は入れてないですが、あっても全く問題ないかと。

回りだしたら本当に手がつけられなくて悪夢を見てるような回りになるんですが、インゼクターとやるとどうなるか…聖刻とやって勝つビジョン見えるかと言われると、うーん(-_-;)

アルケミ「こんなこと言っといて水精鱗が環境取ったら恥ずかしいわね?」
ななず「…確かに。でも決して弱い訳ではないし寧ろあの回りかた見たら強いと言いたい」
アルケミ「はいはい、環境取った時のクッションセリフ御馳走様でした」
ななず「やけに辛辣だな…」
アルケミ「まあ、後はサメに奈落打たれると洒落にならないくらいキツくなるのよね」
ななず「うん、まじで骨抜きにされる感覚に陥るよ。そのために聖槍入れてさらに、サンブレとライコウで相手の伏せを叩き割りにいってる」
アルケミ「もしサメ2体とも奈落に落ちたら?」
ななず「ポーカーフェイス」
アルケミ「うわー、カッコ悪。他の手段で勝利を見つけなさいよ」
ななず「まあ、★4は前もいった通りホープからショックルーラーまで何でも出るから行けそうな気がする」
アルケミ「それは良いね」
ななず「はっ!!…グンデやヒルデのテキストなら…イルミネーターがワンチャン…」
アルケミ「いや、無いでしょ」
ななず「ですよねー、イルミネーター出したってことはこのターングンデもヒルデも効果使ってるものね」

といった感じです。
まあ、9月の新制限とかでインゼクや聖刻に規制かかったらギアギアやカラクリと共に頭角表すかもしれませんね(←環境取ったときのクッションセリフ)

デッキ墓地手札をグルグルしながら場にモンスターが揃う動きはまさに潮の流れの様。
今弾だけで大会に食い付けるか否か…気になりますね。

アルケミ「潮のくだり、言ってみたかっただけでしょ」
ななず「ちょっと上手いかなと思って…食い付けるか、っていうのもサメを意識して…」
アルケミ「どう見ても力業です本当にありがとうございました」

水精鱗について

水精鱗

ななず「水精鱗、試してみたよ」
アルケミ「随分と遅かったじゃないのよ」
ななず「ここんところ忙しくてさ」
アルケミ「はいはい、俺忙しいアピール御馳走様でした」
ななず「なんか怒ってる?」
アルケミ「別に」
ななず「なんかもやもやするな。言いたいことがあるなら言えばいいよ?」
アルケミ「ま、わたしのデッキは完成してるものね」
ななず「そういうことか…(今度デッキ調整するかな)」
アルケミ「で、マーメイルどうだったの?環境とれそう?」
ななず「それは難しいんじゃないかな」
アルケミ「あら、そうだったの」
ななず「墓地が貯まればやっぱり素敵気持ち悪い動き…というかソリティアするけど」
アルケミ「けど?」
ななず「こちらのメモをどうぞ」

・全体的に火力不足
・グンデとヒルデの『ターン中一度』の効果がストッパーになってる
・手札捨てなきゃいけないのが多く、サメが活躍し辛い

アルケミ「悪いとこばっかね、良いところは?」

・墓地が揃えば☆4×2、☆4×3が1ターンで苦無く出せる
・グンデとヒルデは水精燐を蘇生なので上級のサメ蘇生からのビッグ・アイが強力

ななず「かな」
アルケミ「なるほど、ランク4と7が主役なのね」
ななず「回してみるとわかるけど、アビスタージとアビスパイクが《浮上》と《サルベージ》に対応してないのが痛いね」
アルケミ「ま、対応してたらあかんでしょ」
ななず「レミューリア張ってれば☆4×2が☆6×2になってバウンサーとかてるから割といいんだけど、フィールド依存の戦術はわりと脆いね」
アルケミ「うーん、弱いデッキではないのよね?」
ななず「もちろん!いい動きするし使っててたのしいよ。ただインゼクターや聖刻を封殺して環境取るのは難しいってだけの話」
アルケミ「で、ストラクとの相性は?」
ななず「新しく出た下級の海皇シリーズは優秀だね。狙撃兵にお世話になったよ」
アルケミ「それは良い発見ね」
ななず「まあ、今回の弾で終わりじゃないだろうから次の弾での強化に期待かな。動きはいいから今回は『ガチに化ける下準備』って感じがしてる」
アルケミ「でも、組まないんでしょ?ななずは」
ななず「うーん、テーマはあんまりね。単体で組んでも他の人と似たり寄ったりになるからあんまり興味ないんだよね」
アルケミ「じゃあ水精鱗は全く手をつける気はないの?」
ななず「いや、リチュアに使えるんじゃないかって考えてる」
アルケミ「確かに、アビスパイクなんか相性はいいよね」
ななず「単体で組むときはその中で人が使ってない戦略使いたいし、今回の水精燐がリチュアとどれくらい相性いいか判んないけどとりあえず、アビスパイクには期待してる」
アルケミ「そんな拘らなくてもいいんじゃないの?」
ななず「うーん、なんかデッキレシピを完コピとか、強いって解ってるデッキ組んでも『自分で戦ってる』って感覚ないんだよね。もちろん、完コピが悪っていってる訳じゃないし、何というか…」
アルケミ「デュエリストそれぞれの思いや考えがあるのね。まあ、わりかし頑張ってると思うわよ、【罠モンスター】が【次元兎ジュラック】や【スタバ】をぶっ倒したときは凄いと思ったし」
ななず「あれはマグレみたいなもんだよ、【次元兎ジュラック】にはコンボが上手くいったし、【スタバ】にはラヴァゴが上手く刺さっただけ、100戦やったら60以上は負けるんじゃないかな」
アルケミ「そういうもんか」
ななず「うん、話は逸れたけど、水精鱗も俺が思い付いてない戦術でインゼクターを倒すかもしれないし、聖刻に勝つかもしれない…」
アルケミ「どんなデッキでも、いつだって強く育てるのはデュエリスト自身…ってことね」
ななず「…そうそう」
アルケミ「強いデッキ弱いデッキ、そんなの人の勝手。本当に強いデュエリストなら自分の好きなデッキで勝てるよう…」
ななず「強謙を三枚積むべき」
アルケミ「台無しよ!!この虫野郎!!」
ななず「ひょ?」
アルケミ「速攻魔法発動!《狂戦士の魂》!!」
ななず「ぱーーぱぱぱーぱぱぱー…ばーさーかーそうる?」
アルケミ「手札を全て捨て、効果発動…こいつはモンスター以外のカードが出るまで何度でもドローし墓地へ捨てるカード。そしてその数だけ攻撃力1500以下のモンスターは追加攻撃出来る!」
ななず「ぱぱぱらぱらぱぱぱぱぱらぱらぱぱ…!!…《アルケミック・マジシャン》の攻撃力は1500…」
アルケミ「まず一枚目!ドロー、《エンシェント・エルフ》を墓地へ送り追加攻撃!」

ゴッ

ななず「ぐわあああああ!」
アルケミ「二枚目!《トーラの魔導書》」
ななず「…」
アルケミ「…」
ななず「…おい」
アルケミ「まだよ!《狂戦士の魂》発動時に捨てた手札の中にあったアビスグンデとアビスヒルデの効果発動!」
ななず「アルケミック・マジシャンのデッキで水精鱗!!」
アルケミ「サメを2体蘇生し…、サメたち、私のフラスコを受け取りなさい!…ダイレクトアタック!」
ななず「ちょ」

ゴッ
ゴッ

ななず「ぐわあああああ!」

アルケミ「酷い茶番ね」
ななず「全くだ」

次回予告

アルケミ「いた!!ななず!」
ななず「どうしたの?」
アルケミ「一昨日と昨日のアクセス数、二桁いってるのよ!お金配って歩き回ったりでもしたの?」
ななず「失礼な。多分ピクシブにあげたイラストからかと思う。ありがたいことです」
アルケミ「貴方、また前回のような絵を描いたんじゃないでしょうね…?」
ななず「描いてない描いてない!フラスコ振りかぶるのやめて!」
アルケミ「見せなさい」
ななず「…えー」

ゴッ

ななず「痛い!フラスコは人を殴るものじゃありません!」
アルケミ「次は三角フラスコよ(-_-#)」
ななず「すみませんでした、こちらになります」

素材と手札で魔法を錬金縮小

アルケミ「まあ、頑張ったわね。貴方の限界は出したんじゃない?」
ななず「いやいや、まだまだこんなものじゃないよ!」
アルケミ「ホントに?」
ななず「すみません冗談です」
アルケミ「しょーもない見栄をはるんじゃないわよ」
ななず「それはともかくアルケミはん」
アルケミ「はいはいなんでしょ、ななずはん?……なにこのノリ、どうしたのよ?」
ななず「次のパックで出る『水精鱗』についてはご存知で?」
アルケミ「『マーメイル』ね。貴方よりちゃんとVジャンプ読んでるのよ?もちろん!」
ななず「美少女とカッコいいオッサンのテーマデッキ!…あとサメ」
アルケミ「なんでこれ、この子だけサメなの?」
ななず「さあ?…海竜族だから?」
アルケミ「……」
ななず「これ、ぶっちゃけ環境取れる?」
アルケミ「ななず…仮にもデュエリストなら自分で考えなさいよ」
ななず「考えてみたんだけと、これ、序盤が大変だと思うんだ。墓地に2~3種類位が落ちてからが本番だと思うんだよ」
アルケミ「それは同意見。初ターンの理想は…」

《召喚僧-サモン・プリースト》召喚、効果で《水精鱗-アビスパイク》SS。
《水精鱗-アビスパイク》の効果のために《水精鱗-アビスヒルデ》もしくは《水精鱗-アビスグンデ》を墓地へ送り、《水精鱗-アビスヒルデ》もしくは《水精鱗-アビスグンデ》(捨てたの違う方)をサーチ。
《召喚僧-サモン・プリースト》と《水精鱗-アビスパイク》でオーバーレイ、《ラヴァルバル・チェイン》SS
《ラヴァルバル・チェイン》の効果で《水精鱗-アビスタージ》をデッキトップに。(消費素材は《水精鱗-アビスパイク》)
ターンエンド

アルケミ「かな?」
ななず「なるほど」
アルケミ「そうすることで次のターンに…」

《水精鱗-アビスタージ》召喚、効果で《水精鱗-アビスヒルデ》もしくは《水精鱗-アビスグンデ》を捨てて、捨てたのと逆のを回収。
捨てられた《水精鱗-アビスヒルデ》もしくは《水精鱗-アビスグンデ》の効果で《水精鱗-アビスパイク》蘇生、効果で…

アルケミ「って流れが出来る」
ななず「凄い…てか気持ち悪い…これなら環境取るんじゃない?」
アルケミ「簡単にそういうこと言わないの。マーメイルについては次回に詳しく話そう。ななずが次回までにプロキシで回してみておくから」
ななず「そうだね。……って、ええ!?」
アルケミ「当たり前でしょ、デッキ組まなきゃ見えないものがあるでしょ」
ななず「まあ、そりゃ確かに」
アルケミ「ストラクとのシナジーとかの研究もしなきゃね」
ななず「水精鱗のエクシーズ、効果はなかなか強いと思うんだけど、水精鱗に上級の、このサメは入ると思う?それともポセイドラかな?」
アルケミ「だ か ら、それを研究するのよって言ってるでしょ!」ゴッ
ななず「痛い!」
アルケミ「このサメ、出すコストがかなり重そうに見えるけど、回していくと本当に重いのかな…それともやっぱり《アビスコール》で呼ぶのかな?」
ななず「うーん、どうなんだろ?《海皇の龍騎隊》で持ってきて手札コスト、ヒルデかグンデで蘇生って感じかな?」
アルケミ「次回予告のつもりが段々真面目な考察になってきてるよ?」
ななず「おっとしまった」
アルケミ「いや、別にいけなくはないんだけどね」
ななず「ここで喋りすぎて次回、喋ることが無くなったら、なんで他の水精燐は女の子とガチムチなのにこいつだけサメなのかについての真面目な考察を……」
アルケミ「せんでいい!」ゴッ
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ