【ライオホープレイシャドール】

【ライオシャドール】

【ライオホープレイシャドール】

モンスター20
《ジェムナイト・ガネット》×2
《シャドール・ビースト》
《シャドール・ドラゴン》×2
《シャドール・リザード》×2
《シャドール・ハウンド》×2
《シャドール・ヘッジホック》×2
《Emトリック・クラウン》×2
《Emハットトリッカー》×3
《妖精伝姫-シラユキ》
《マジカル・コンダクター》
《召喚僧サモンプリースト》
《ZW-一角獣皇槍》

魔法16
《ブリリアント・フュージョン》×3
《簡易融合》×3
《黒魔術のヴェール》×2
《影依融合》×2
《神の写し身との接触》
《超融合》
《死者蘇生》
《ソウル・チャージ》
《ツインツイスター》
《ハーピィの羽根帚》

罠4
《堕ち影の蠢き》×2
《神の宣告》
《神の警告》

エクストラ15
《エルシャドール・シェキナーガ》×2
《エルシャドール・ミドラーシュ》
《ジェムナイト・セラフィ》×2
《ペアサイクロイド》
《カオス・ウィザード》
《サウザンドアイズ・サクリファイス》
《ZW-獣王獅子武装》
《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》
《CNo.39 希望皇ホープレイ》
《No.39 希望皇ホープ》
《No.59 背反の料理人》
《アルケミック・マジシャン》
《励輝士ヴェルズビュート》


ななず「デッキできたー」
アルケミ「なんか机の上に残骸が見えるんだけど!」
ななず「このデッキにパーツ集めるのにデッキ3つ崩したからね」
アルケミ「な、……なに崩したの?」
アルケミ「えーと、《ブリリアント・フュージョン》のために【AFジェムスピリット】、《影依融合》と下級シャドールのために【植物シャドール】、《簡易融合》のために【アルケミックビート】かな」
アルケミ「え!3つも!?……ってえええええ!私の【アルケミックビート】もこんな姿にしてえええぇ!」
ななず「まあ、これが新しいアルケミのデッキだから…」
アルケミ「……」
ななず「ほら!【アルケミ騎士団】もラウンチ来たら完成するし!」
アルケミ「…まあ、ちゃんと私も入ってるし……うーん…」

ななず「基本的な回し方はシャドールを使ってる感覚だけど、相手に隙が見えたらライオ・ホープレイで一気にライフを削る!そんな感じ」
アルケミ「デッキの《ジェムナイト・ガネット》が《ブリリアント・フュージョン》だけじゃなく、《エルシャドール・シェキナーガ》の素材にもなれるってのは噛み合ってるわね」
ななず「そうそう」
アルケミ「にしても、融合モンスター多いわね」
ななず「そうなんだよね、エクシーズもライオ・ホープレイ入れたらもう枠がなくって…」
アルケミ「実際使ってみてどうなのよ」
ななず「シャドールをベースにしてるだけあって回りやすい。そしてシェキナーガがこれでもかって言うくらい強い」
アルケミ「あれ……。これ私要らないんじゃ」
ななず「そんなことないよ!」
アルケミ「そ、そう?」
ななず「《影依融合》引けないときに持ってきたり、《超融合》持ってきたり役にたってるよ!」
アルケミ「そうなんだ」

アルケミ「あ!この《ペアサイクロイド》!なんでこれを採用してるの?このデッキじゃ出ないでしょ!《簡易融合》用にしてももっといいのいるはずよ」
ななず「うん、これは、最近注目されてる『ABC』で《トランスターン》から《銀河戦士》が出てくるじゃん?」
アルケミ「あっ、なるほど!ノヴァインフィニティのためには場に《銀河戦士》×2を揃える必要があるからそこを狙って《超融合》するのね!」
ななず「そう!だから初ターンアルケミ出して《超融合》セットとかもよくやるよ」
アルケミ「へー、やるじゃない」
ななず「あと、いざってときに蘇生したりするとダイレクトアタッカーとして思わぬところで活躍する」

アルケミ「あれ、もしかして魔法カードって特殊召喚系が多い?」
ななず「うん、《ハーピィの羽根帚》と《ツインツイスター》の2枚以外は全部モンスター特殊召喚系にしてあるよ」
アルケミ「うわ、こうして見ると多いわね」
ななず「うん、切り札はやっぱり『ライオ・ホープレイ』だからそれが出るように全力は尽くさないと」
アルケミ「で、結果は?努力だけじゃ認められないわよ」
ななず「これが割りといいんだよね、増Gとか打たれても一撃で決めに行くから問題なくライオ・ホープレイ作れるし。何より、これだけ特殊召喚カード多いと、作りたいときに作れるから、相手に伏せが無くなったら一気にライフ削りに行ってるよ」
アルケミ「作りたいときに作れるってのは大事ね。でもミドラーシュとの相性は悪いわよね?」
ななず「だから1枚にしてあるんだよ」
アルケミ「なるほど」
ななず「ミドラーシュは1度呼べば《黒魔術のヴェール》で都合のいいときに呼び戻せるし、そもそも《簡易融合》で呼んでこれるしね」
アルケミ「ミドラーシュ、1000ライフで使い勝手いいことこの上無いわね」
ななず「都合のいいモンスター」
アルケミ「やめなさい」

ななずアルケミ「せーのっ」

ななず「闘志がまといし、その衣」
アルケミ「とどろく咆哮、大地を揺るがし」
ななずたばしる迅雷、神をも打ち砕く!」
ななずアルケミ「獣装合体!ライオ・ホープ…
アルケミ「ザ!ライトニング!!」
ななず「元も子もない!!」
スポンサーサイト

【アステルファクト】

ちょっと前に作った、【アステルレイン】の進化版。
私の扱うアーティファクト挿入デッキの試作品ですが、既に完成形の域まで来た気すらします。
《銀河戦士》と《オーバーレイ・ブースター》のお陰で、【アステルレイン】との力量は段違い。


【アステルファクト】

モンスター19
《サイバー・ドラゴン》×3
《アーティファクトーモラルタ》×2
《アーティファクトーフェイルノート》×2
《銀河戦士》×3
《オーバーレイ・ブースター》×3
《サンダー・ドラゴン》×3
《アステル・ドローン》×3

魔法13
《簡易融合》×3
《大嵐》
《ブラック・ホール》
《死者蘇生》
《貪欲で無欲な壺》
《アーティファクト・ムーブメント》×3
《ダブル・サイクロン》×2
《闇の護封剣》

罠8
《アーティファクトの神智》×2
《サンダー・ブレイク》×2
《激流葬》×2
《神の宣告》
《神の警告》

エクストラ15
《キメラティック・フォートレス・ドラゴン》
《黒き人食い鮫》
《重装機甲パンツァードラゴン》×2
《迅雷の騎士ガイアドラグーン》×2
《セイクリッド・トレミスM7》
《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》
《始祖の守護者ティラス》×2
《終焉の守護者アドレウス》
《セイクリッド・プレアデス》
《No.61 ヴォルカザウルス》
《アーティファクトーデュランダル》
《No.19 フリーザードン》


●《アステル・ドローン》
基本的に《アステル・ドローン》にしか召喚権を使わないので出来るだけ引きたい。引いたらラッキーくらいなものだと思ってください、デッキの回転率が1枚分、少し良くなると思います。

●アーティファクト
アーティファクトはスパイスみたいなもので、『伏せの撹乱』と『思考の誘発』に使います。(※この2つ、以外と長くなりそうなので別記事を次回書きます)
入れる枚数は結構考えたのですが、相手が伏せ除去に来る時に『破壊してしまったら運がなかったと思おう』と思う数より多く、『いやどうせアーティファクトだしな』と言う数より少なく…を思っての枚数です。
構築当初、
《アーティファクトーモラルタ》×3
《アーティファクトーベガルタ》
《アーティファクトーフェイルノート》
…という比率で積もうと思っていたのですが、モラルタを2枚しか持っていなかったので今の比率に。
しかし、現在は以外と結果オーライなので、問題なしでした。

●《オーバーレイ・ブースター》
モラルタと並んで使い勝手の良いはずの《アーティファクトーカドケウス》ですが、採用していない理由として攻撃力不足があります。これは決して打点の話ではなく、《オーバーレイ・ブースター》の効果の為です。《オーバーレイ・ブースター》には基本的に『場にモンスターがいる時に特殊召喚できる』くらいな気持ちで仕事をさせないと強力な★5エクシーズを活かせないので、「場にカドケウス出てドロー出来たけど《オーバーレイ・ブースター》かよー!」じゃ話になりません。なので攻撃力2000に及ばないカドケウスにこのデッキで居場所はないのです。
つまり…《アーティファクトーモラルタ》、攻撃力2100で本当によかった…。
ブースターは基本、ガイアドラグーン強化ですが、ゼロランサーを強化すると…素材3つで攻撃力5200、破壊体制+効果無効効果持ちという怪物へと変貌します。ミラーフォースを突っ切って《CNo.69 紋章死神カオス・オブ・アームズ》を一方的に撃破出来るのは爽快です。

●《闇の護封剣》
【カオスハンター】を作った辺りの
時期から、私の中で流行っている『あまり見かけない魔法罠のピン指し』…今回は《闇の護封剣》です。【アステルレイン】の時から入っているのですが、以外と使えます。
ピンチでの時間稼ぎや、相手上級モンスターへの下級モンスターでの切り返しはもちろん、《オーバーレイ・ブースター》で《迅雷の騎士ガイアドラグーン》を強化すればフィニッシャーたるダメージの期待も出来ます。

●《サンダー・ドラゴン》
PINからの入れ知恵で入れてみた《サンダー・ドラゴン》ですが、これのお陰で《銀河戦士》のコストに困らなくなりました。《サンダー・ドラゴン》と《銀河戦士》一枚づつから《銀河戦士》×2が場に出てくるのは楽ですね。
《銀河戦士》以外だと、デュランダルで戻すカード枚数が1枚増えるのは嬉しいです。

●《貪欲で無欲な壺》
《貪欲で無欲な壺》はバトルフェイズが行えないのがネックですが、3戻して2ドローはやはり、本当に強いです。
初ターンで私は、先行なら《No.19 フリーザードン》から《FAークリスタル・ゼロ・ランサー》を立てるのですが、これだけで『恐竜+戦士+素材(α+β)』の3~4種類と、初手から来てくれても問題ないのも魅力です。
バトルフェイズスキップも《セイクリッド・プレアデス》や《No.61 ヴォルカザウルス》を立てればあまり気になりません。
2枚積むことを考えてみるほどでしたが、《サンダー・ドラゴン》の採用で2枚目を入れるならその枠は《貪欲な壺》になりそうです。

基本的に★5やゼロランサーを1体立てて攻め、倒されてから切り返しを行う、といった戦い方です。なんか作業っぽく聞こえますけど、反撃に次ぐ反撃と言えばいいでしょうか。
相手が裏守備を見せたら即座にガイアドラグーンで削っていきましょう!

【起動六課】

ななず「アルケミが来たらドン引き必至なのでさっさとレシピと解説やろう!…俺が大好きな『魔法少女リリカルなのは』シリーズモチーフの完全ファンデッキです。遊戯王始めて二番目に作った付き合いの長いデッキ」


【起動六課】

モンスター19
《白魔導師ピケル》×3
《黒魔導師クラン》×3
《ダーク・ヴァルキュリア》×3
《カードエクスクルーダー》
《マジシャンズ・ヴァルキリア》×3
《魔導獣ケルベロス》×2
《冥府の使者ゴーズ》×2
《ダーク・アームド・ドラゴン》
《機皇帝ワイゼル》

魔法14
《大嵐》
《シールドクラッシュ》
《マジシャンズ・クロス》
《ブラック・ホール》
《ブラック・コア》
《死者蘇生》
《サイクロン》×2
《月の書》
《ディメンション・マジック》×3
《ワンショット・ワンド》×2

罠7
《ガガガシールド》
《聖なるバリアーミラーフォースー》×3
《強制脱出装置》×2
《神の警告》

エクストラ
《No.55 ゴゴゴゴライアス》
《No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター》
《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》
《No.101 S・H・Ark Knight》
《ダウナード・マジシャン》
《聖光の宣告者》
など


ななず「『魔法少女リリカルなのは』シリーズをモチーフにしたファンデッキ!」
アルケミ「うわあ…」
ななず「案の定の反応だ」
アルケミ「もう、ね」
ななず「まあ、判ってたけどね」
アルケミ「これ、解説するところあるの?」
ななず「あるよ!まずは、それぞれのカード解説を兼ねてもう一度レシピ!」
アルケミ「※以降は『なのは』シリーズを知っている人にのみお楽しみいただけるかもしれない内容です。不快に思うかもしれない方は、鼻で笑ってブラウザバック推奨よ」

《白魔導師ピケル》(高町なのは)
選んだ理由は、対になる黒魔導師がいたので。
《黒魔導師クラン》(フェイト・テスタロッサ、及びフェイト・T・ハラオウン)
同じく、このモンスターにしたのは対に白魔導師がいたから。
《ダーク・ヴァルキュリア》(八神はやて)
見た目。白髪で黒翼、デュアル召喚によるユニゾンを再現可。

《カードエクスクルーダー》(ヴィヴィオ)
《マジシャンズ・ヴァルキリア》(高町ヴィヴィオ「大人モード」)
『ViVid』がある現在、どうしても大人モードを別々で再現したかった。

《魔導獣ケルベロス》(ザフィーラ)
魔法使い族で最もそれっぽかったから。
《冥府の使者ゴーズ》(トーマ・アヴェニール「シュトロゼック・リアクテッド 黒騎士」)
『ViVid』を出すならそりゃ『Force』からも出したくなるでしょう。
《ダーク・アームド・ドラゴン》(ヴォルテール)
強くて黒いドラゴン=ダムド
《機皇帝ワイゼル》(ルーの召喚獣、白天王)
キャロのヴォルテール出すならルーの白天王も出したくなったので

《大嵐》(はやての魔法、ラグナロク)
《シールドクラッシュ》(ディバインバスター・エクステンション)
言わずと知れた主力砲。「壁抜き」を考えてエクステンションを選択。
《マジシャンズ・クロス》(ブラストカラミティ)
夫婦共同作業砲。劇場版で出てきた時の感動といったら…
《ブラック・ホール》(トーマのディバイド・ゼロ)
なぜSLBじゃないかって?デッキと手札まで破壊できなきゃ、再現出来てる気がしなくて満足出来ないからだよ。
《ブラック・コア》(はやての魔法ディアボリック・エミッション)
見た目似てたから←大切
《死者蘇生》(シャマル先生)
他に思い付かなかった。リリーは何か違うんだよな
《サイクロン》(フェイトの魔法フォトンランサー)
単発なのでただのフォトンランサー
《月の書》(蒼天の書)
《ディメンション・マジック》(はやてのスレイプニールやフェイトの真・ソニックフォーム、なのはのエクシードモードなど)
《ワンショット・ワンド》(レイジングハートおよびバルディッシュ)
自壊→ドローの効果で、一度壊れてレイジングハート・エクセリオン及びバルディッシュ・アサルトへの強化を再現。もちろん2回目の装備は強化後の名前になる。

《ガガガシールド》(CW-AEC00X「Fortress」)
『Force』より、なのはの使うAEC装備。フォートレスかっこいいよフォートレス。『魔法少女』ってより、もう完全に『人型戦艦』って感じだけど。…火力的にも。
《聖なるバリアーミラーフォースー》(覇王旋衝破)
《強制脱出装置》(覇王空破断)
《神の警告》(少し、頭冷やそうか…)

《No.55 ゴゴゴゴライアス》(ゴライアス)
《No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター》(ルーの召喚獣、ガリュー)
《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》(ルーの召喚獣地雷王
《No.101 S・H・Ark Knight》(聖王のゆりかご)
《ダウナード・マジシャン》(ルーテシア・アルビーノ)
《聖光の宣告者》(セイクリッド・ハート)

ななず「このデッキを2年使い続けたら、その影響で、興味なかった友人二人が『なのは』シリーズを全部見たらしい」
アルケミ「いいステマね、ドン引きよ」
ななず「可能な限り情熱を注いだからね」
アルケミ「もうここまで来ると、気持ち悪いとかじゃなくて、…ちょっと恐いわ」
ななず「ガチ引きしてる!いい作品なのになあ」
アルケミ「あれよね、主人公の処刑用BGMが完全にラスボスのそれなやつよね!」
ななず「解釈の仕方!…いや、そうなんだけどね」
アルケミ「管理局の白い悪魔」
ななず「悪魔でいいよ…」

アルケミ「こんな魔法少女好きの人間が、一年後…修行終えたら人に説法や説教することになるのよね?」
ななず「ドゥヒン☆」
アルケミ「世も末だわ」
ななず「アルケミもそう言えば魔法少女だよね!」
アルケミ「え、ああ、でも……ん!!?」
ななず「どうしたの?」
アルケミ「『でも、こんなに火力重視じゃないわよ?』って言おうとして気付いたんだけど、私のデッキが《一族の結束》型の火力ビートな理由って…」
ななず「え、ああなるほど。そういう考え方にもなるのか。全然考えて無かった。攻撃力物足りないから、アルケミの効果で言うと4枚分の火力アップの出来る結束を使えば、アルケミの負担減らせるんじゃないかと思ってね」
アルケミ「あら、そうなんだ」
ななず「おお」
アルケミ「どうしたの?」
ななず「『攻撃力物足りない』発言で久し振りにフラスコくらうかと思ったのにセーフだった」
アルケミ「いや、まあ私自身、戦闘能力低いのは解ってるしね。…でもまあ、恋しくなったなら久し振りに…くらっとく?」
ななず「遠慮します!」

【アステルレイン】

【アステルレイン】

モンスター18
《ZW-荒鷲激神爪》×2
《先史遺産モアイ》×3
《先史遺産トゥーラ・ガーディアン》×2
《太陽風帆船》×3
《デプス・シャーク》
《アステル・ドローン》×3
《先史遺産ゴールデン・シャトル》×2
《召喚僧サモンプリースト》×2

魔法16
《アシッド・レイン》×3
《テラ・フォーミング》×2
《地獄の暴走召喚》×3
《エクシーズ・ダブル・バック》
《闇の護封剣》
《サイクロン》×2
《大嵐》
《ブラック・ホール》
《死者蘇生》
《月の書》

罠6
《奈落の落とし穴》×2
《激流葬》×2
《神の警告》
《神の宣告》

エクストラ15
《迅雷の騎士ガイアドラグーン》×2
《重機王ドボク・ザーク》
《ZW-獣王獅子武装》
《始祖の守護者ティラス》×2
《終焉の守護者アドレウス》×2
《発条装甲ゼンマイオー》
《シャーク・フォートレス》
《イビリチュア・メロウガイスト》
《カチコチドラゴン》
《交響魔人マエストローク》
《ラヴァルバル・チェイン》
《ダウナート・マジシャン》


『リバース女』と呼ばれるショップチャンプのプライベートデッキ。
もちろん、大会優勝のデッキとは別物。

《アシッド・レイン》から《アステル・ドローン》を暴走召喚して★5エクシーズを狙うのが主戦術。

《アシッド・レイン》状況下であれば、トゥーラ特殊召喚からモアイの暴走召喚も可能になり、アドレウスとティラスを同時に並べることも可能です。

訳あってヴォルカやらマシュマックを入れてないんですが、入れた方が強いのは明白です。

ここまであげておいてなんですが、私のデッキはサモプリ乱用が目立ちますね…。

【神竜騎士フェルグラント】

【神竜騎士フェルグラント】

モンスター17
《古代の機械巨竜》
《神獣王バルバロス》×3
《幻水龍》×3
《護封剣の剣士》×3
《召喚僧サモンプリースト》×2
《スクラップ・ビースト》
《幻木龍》
《銀河の魔導師》
《スクラップ・ゴブリン》×2

魔法16
《トレード・イン》×3
《RUM-バリアンズ・フォース》
《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》×2
《テラ・フォーミング》×2
《歯車街》×3
《サイクロン》×3
《大嵐》
《死者蘇生》

罠7
《奈落の落とし穴》×2
《聖なるバリアーミラーフォースー》×2
《強制退出装置》
《神の警告》
《神の宣告》

エクストラ15
《星態龍》
《スクラップ・ドラゴン》
《スターダスト・ドラゴン》
《A・O・J カタストル》
《CX 熱血指導神アルティメットレーナー》
《聖刻神龍エネアード》
《神竜騎士フェルグラント》×2
《ヴァイロン・ディシグマ》
《ジェムナイト・パール》
《カチコチドラゴン》
《恐牙狼ダイヤウルフ》
《交響魔人マエストローク》
《ラヴァルバル・チェイン》
《ガガガガンマン》


ライバルキャラでもあるショップチャンプの1人に使わせようと思っている★8エクシーズデッキ。
いやいや、ショップ大会ではちゃんとガチデッキを使っているんですよ。
こんなデッキじゃ流石に大会は勝ち抜けませんからね。

回しかたは至ってシンプル。機械巨竜とバルバロスで殴りながらフェルグラントを出すだけ。
フェルグラントは場持ちが良いので一度立てておくと安心ですね。

バルバロス+幻水龍が楽で良いですが、バルバロスを引けてないときはサモプリから幻木龍を呼びましょう。

護封剣士は本当に強い。

スクラップ・ビーストでスクドラを出しておけばスクドラ破壊からビースト蘇生できるよね。という安易な考え。
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
仕事のためブログから蒸発。
「ブログはアルケミにまかせた!」
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
ななず失踪のため、現行ではこのブログの最高責任者。
「ふざけるんじゃないわよ、たまには顔みせなさい」
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ブログ『フラッシュありますか?』の管理人。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。
現在は真竜を組み始めたとか…。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ