《魔弾の射手ドクトル》+《おろかな副葬》

ななず「『遊戯王OCG事務局』に先日の質問問い合わせてみました!」
アルケミ「へー!」

墓地にカードが何もない状態で、《魔弾の射手ドクトル》の列で《おろかな副葬》を発動し《魔弾ークロス・ドミネイター》をデッキから墓地へ送りました。この時、《おろかな副葬》の効果処理後に発動する《魔弾の射手ドクトル》の効果で《魔弾ークロス・ドミネイター》を墓地から手札に加えることができますか。

アルケミ「ってやつね!」
PIN「行けそうな気はするけどなあ」
ななず「ドクトルの条件が『②:このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合…』って書いてあるけど、《おろかな副葬》の発動時点ではドクトルの効果を処理する条件(墓地に『魔弾』カードが存在する)を満たせてない。しかし発動した《おろかな副葬》の効果処理時には発動条件を満たせている。この時、ドクトルは効果を発動できるのかってことが気になって。…出来そうな気はするけど………ほら、《ゾンビマスター》が墓地0の時には手札のモンスター(アンデット族)を捨ててそれを蘇生できないってのが頭にあるからさ」
ロクク「気持ちはわからなくもない」

「お電話ありがとうございます遊戯王OCG事務局です」

PIN「電話したのか!」
ロクク「まじか」
ななず「いやすぐに答え欲しかったし、俺も初めて問い合わせたよ」

ななず「お世話になっております。いつも楽しく遊ばせていただいております。今回は先日発売されました『デッキビルドパック「スピリット・ウォリアーズ」』の新テーマ『魔弾』の、《魔弾の射手ドクトル》についての質問をさせていただきたいと思います」

「はい、どうぞ」

ななず「『先行1ターン目メインフェイズ、墓地に何も無い状態から《魔弾の射手ドクトル》を召喚し、同じ列で《おろかな副葬》を発動し《魔弾ークロス・ドミネイター》をデッキから墓地へ送りました。この時、《おろかな副葬》の効果処理後に《魔弾の射手ドクトル》は《魔弾ークロス・ドミネイター》を手札に戻す効果を発動できますか。』」

「少々お待ちください。確認いたします」

♪凄くノリのいい保留メロディ♪

「お待たせしました。《魔弾の悪魔ザミエル》の3つめの効果ですが」

ななず「え?や、《魔弾の射手ドクトル》です」

「失礼しました。《魔弾の射手ドクトル》の2つ目の効果は《おろかな副葬》の効果処理後に発動するので《魔弾ークロス・ドミネイター》を手札に戻す効果を発動できます」

ななず「じゃあ同じ理由で《魔弾の射手カラミティ》と《おろかな埋葬》で『魔弾』モンスターを蘇生することも」

「できます」

ななず「つまり『魔弾』モンスター2つ目の効果は同じ列で発動した魔法・罠カードの発動時には『『魔弾』モンスターの効果処理が出きる状態でない』場合でも、『魔弾』モンスターの効果を発動するまでの効果処理中に発動条件を満たしていれば『魔弾』モンスターは効果を発動することが出来るということですか」

「そういうことです」

ななず「ご丁寧にありがとうございました。以上になります」

「お問い合わせありがとうございました」

ななず「失礼します」


【魔弾】
モンスター15
《魔弾の射手カスパール》×3
《魔弾の射手スター》×3
《魔弾の射手ザ・キッド》×2
《魔弾の射手ドクトル》×3
《魔弾の射手カラミティ》×2
《魔弾の射手ワイルド》
《魔界発現世行きデスガイド》

魔法15
《成金ゴブリン》×3
《同胞の絆》×3
《魔弾ークロス・ドミネイター》×3
《魔弾ーネバー・エンドルフィン》
《ソウル・チャージ》
《サイクロン》×2
《おろかな副葬》
《おろかな埋葬》

罠10
《神の宣告》
《活路への希望》×2
《魔弾ーデッドマンズ・バースト》×3
《魔弾ーデスペラード》×2
《魔弾ーダンシング・ニードル》
《魔弾ーデビルズ・ディール》

ななず「行けました!副葬埋葬入り活路【魔弾】です!」
PIN「やっぱ行けるのか」
ロクク「やっぱりそうだとおもったよ」
ひきだし「まあそうだろうな」
ななず「いやいや、言うて俺が問い合わせせずに『出来るっしょ』って発動してたら疑問持つでしょ」

PINロククひきだし「まあな!」
スポンサーサイト

【魔弾】について

アルケミ「昨日の続きね。タイトルは【同胞もくじ魔弾】ってなってるけどまあ、『魔弾』なら《同胞の絆》も《トゥーンのもくじ》も多分入るから今回はタイトルが【魔弾】になってるわね」
ななず「うん。《同胞の絆》と《トゥーンのもくじ》くらいでタイトル変えて『工夫してますよ感』出すほどじゃないなと冷静になって」
アルケミ「使ってみた感想は?」
ななず「ぶっ壊れやね」


【魔弾】

モンスター15
《魔弾の射手カスパール》×3
《魔弾の射手スター》×3
《魔弾の射手ザ・キッド》×3
《魔弾の射手ドクトル》×2
《魔弾の射手カラミティ》×2
《魔弾の射手ワイルド》
《魔界発現世行きデスガイド》

魔法15
《トゥーンのもくじ》×3
《トゥーン・ワールド》
《同胞の絆》×3
《魔弾ークロス・ドミネイター》×3
《魔弾ーネバー・エンドルフィン》×2
《死者蘇生》
《サイクロン》×2

罠10
《戦線復帰》×3
《魔弾ーデッドマンズ・バースト》×3
《魔弾ーデスペラード》×2
《魔弾ーダンシング・ニードル》
《魔弾ーデビルズ・ディール》


《魔弾の悪魔ザミエル》について
アルケミ「じゃ、昨日の続きってことで喋っていきましょうか。《魔弾の悪魔ザミエル》は使わないのね」
ななず「うん、『②:このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合…』って効果を持ってないからね」
アルケミ「シンプルな理由ね。うーん、単純だけど火力とかこまらないの?」
ななず「うーん、単純だけど《魔弾ークロス・ドミネイター》と《魔弾ーネバー・エンドルフィン》があるから困らないかな」
アルケミ「それ、わたしの声真似してるつもりだったらブッ飛ばすわよ」
ななず「………………………………………」
アルケミ「でも、火力どうのより効果…どこで発動しても相手エンドフェイズにその魔弾の枚数分ドロー出来るわよ?」
ななず「遅いよね!」
アルケミ「ばっさり!」
ななず「デュエルはエンドフェイズで起きてるんじゃない!今起きてるんだ!」
アルケミ「まあ、そうよね。エンドフェイズでも起きてるけど」
ななず「1枚発動する度に1ドローとかなら新しい魔弾引ける可能性があるからありだけど、相手エンドフェイズってのがね」
PIN「アホか!」
ロクク「ぶっ壊れすぎだろ!」
PIN「考えてしゃべれや」
ロクク「ふざけやがって!」
アルケミ「あ、《魔弾の被射手PIN》と《魔弾の被射手ロクク》じゃない」
ロクク「おい勝手にカードにするな」
PIN「被射手ってなんだよ。変な日本語作るなよ」
アルケミ「で、二人とも戦った感想は?」

ななず「じゃあ《魔弾の射手スター》の列で…………《トゥーンのもくじ》を発動」
PIN「オイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイ」
ななず「もくじを手札に加えて《魔弾の射手カスパール》をSS。カスパールの列でもくじ発動、もくじサーチ、カスパールの効果で《魔弾ーデッドマンズ・バースト》をサーチ」
PIN「なんだこれ」


PIN「控えめに言ってクソだったよ」
ロクク「それな!『魔弾』っていうなら7発目は大事なもの撃ち抜くから7発目打ったらデュエルに敗北とかにしとけよ!」
ななず「いや、別に7発目は『悪魔の望むものを撃ち抜く』だけで、大切なものとは限らないから」
ロクク「でも主人公の大事な人に弾は向かっただろ!?」
ひきだし「あれ、でも確かあれって花嫁に当たってないよな」
ななず「うん、跳ね返って悪魔に魂を売っていた友人に当たったはず」
ロクク「うんそう」
ななず「じゃあ、さっきのデュエル…………やっぱり俺はロククを虐殺することでロククつまり『悪魔に魂を売っていた友人』とともにロククPINつまり『大事な親友』を撃ち抜いてしまっていたのか………」
PIN「何言ってんだこいつ」
ロクク「くたばれよマジで」


《トゥーンのもくじ》について
アルケミ「《トゥーンのもくじ》で最終的にサーチするのは《トゥーン・ワールド》なのね」
ななず「そこも《魔弾の悪魔ザミエル》が入らない理由なんだけど、ザミエルいるならトゥーンブルーアイズとかにして《トレード・イン》のコスト増やすのも悪くないんだけど、このデッキはザミエルを今のところ必要としてないし、それなら魔弾の効果を生かせる魔法・罠カードがいいかなと思って」
アルケミ「なるほどね。でも魔弾の射手の後ろの魔法&罠ゾーン埋まっちゃうわよね」
ななず「それはほら、相手のエンドフェイズにデスペラードとかでぶっ壊せばいいじゃん」
アルケミ「余裕かますわね!」

《同胞の絆》
ななず「入れない理由、ないよね」
アルケミ「何一行で終わらせようとしてるのよ。流れを書きなさいよ流れを」
ななず「《トゥーンのもくじ》と相性が良すぎるんだよな」

手札
《魔弾の射手スター》
《トゥーンのもくじ》
《同胞の絆》

1《魔弾の射手スター》召喚。
2《魔弾の射手スター》の列で《トゥーンのもくじ》A発動、効果で《トゥーンのもくじ》Bをサーチ。《魔弾の射手スター》の効果で《魔弾の射手カスパール》をSS。
3《魔弾の射手カスパール》の列で《同胞の絆》発動、《魔弾の射手ドクトル》と《魔弾の射手ザ・キッド》をSS。《魔弾の射手カスパール》の効果で『魔弾』をサーチ。
4《魔弾の射手ザ・キッド》の列で《トゥーンのもくじ》B発動、効果で《トゥーンのもくじ》Cをサーチ。手札を『魔弾』を捨てて《魔弾の射手ザ・キッド》の効果で2枚ドロー。
5《魔弾の射手ドクトル》の列で《トゥーンのもくじ》C発動、効果で《トゥーン・ワールド》をサーチ。《魔弾の射手ドクトル》の効果で『魔弾』をサルベージ。

ななず「で、既に手札3枚、場に魔弾の射手×4って状況が完成するんだよね」
アルケミ「《同胞の絆》使ってるとはいえ、魔弾の射手×4はエグいわね。もう1ゾーンしか相手は猶予がないじゃない」

《魔弾の射手ドクトル》
ななず「正直、初動スターやカスパールで動き出してしまえば、魔弾で1番やばいのはこの《魔弾の射手ドクトル》だと思う。カスパールもなんだけど、ピン指しだとカスパールは枯渇が来ちゃうけドクトルは無限機構が成り立つからなあ」
アルケミ「ピン指しでもグルグル回せそうね」
ななず「ただし魔弾は尻から出る」
アルケミ「『みっちり半年でお願いします!』」
ななず「ちょっと疑問なんだけど、魔弾の射手って、この『②:このカードと同じ縦列で魔法・罠カードが発動した場合…』って効果、その魔法・罠にチェーンするんじゃなくて、その魔法・罠の効果処理後に改めて発動するじゃん」
アルケミ「そうらしいわね」
ななず「こういう場合はどうなるの」

墓地0
1《魔弾の射手ドクトル》の列で《おろかな副葬》を発動、効果で《魔弾ーデスペラード》を墓地へ送る。

ななず「この場合って、《魔弾の射手ドクトル》の効果で《魔弾ーデスペラード》をサルベージ出来るのかな」
アルケミ「うーん、ドクトルの発動条件の『同列での魔法・罠カード発動』の発動時には墓地に魔弾が存在してないけど効果解決時には墓地に魔弾が存在する。ドクトルは効果を発動出きるか…ってことね」
PIN「出来そうな………気がする」
ななず「ってことは《魔弾の射手ドクトル》と《おろかな副葬》で好きな魔弾をサーチ出きるってことになるよね」
PIN「なるんじゃねーか…な?」
ななず「てことは《魔弾の射手カラミティ》と《おろかな埋葬》で好きな魔弾モンスターを蘇生出来る?」
PIN「たぶんな。…………わからんけど」
ななず「もしこれが出きるなら《トゥーンのもくじ》×3と《トゥーン・ワールド》は入れ換わる可能性があるな」
アルケミ「公式に訊いてみなさいよ」

《戦線復帰》
ななず「使いやすい!《リビングデッドの呼び声》と違って場に残らないし軸となるカスパールは守備の方が高いし」
アルケミ「確かに使いやすそうね」
ななず「ただ、3枚は多かったから2枚か1枚にする」
アルケミ「空いた枠は何入れるの?」
ななず「《ソウル・チャージ》と《活路への希望》かな」

《ソウル・チャージ》と《活路への希望》
ななず「《同胞の絆》を軸にしてるから墓地にモンスター増えやすいから《ソウル・チャージ》」
アルケミ「《同胞の絆》、《トゥーン・ワールド》なんかは《活路への希望》に繋がるわね」
ななず「《活路への希望》が使いやすかったら《トゥーンのもくじ》を《成金ゴブリン》に変えて《トゥーン・ワールド》は《神の宣告》にしようかな」

モンスター15
《魔弾の射手カスパール》×3
《魔弾の射手スター》×3
《魔弾の射手ザ・キッド》×3
《魔弾の射手ドクトル》×2
《魔弾の射手カラミティ》×2
《魔弾の射手ワイルド》
《魔界発現世行きデスガイド》

魔法14
《成金ゴブリン》×3
《同胞の絆》×3
《魔弾ークロス・ドミネイター》×3
《魔弾ーネバー・エンドルフィン》
《ソウル・チャージ》
《死者蘇生》
《サイクロン》×2

罠11
《神の宣告》
《活路への希望》×3
《魔弾ーデッドマンズ・バースト》×3
《魔弾ーデスペラード》×2
《魔弾ーダンシング・ニードル》
《魔弾ーデビルズ・ディール》

アルケミ「こんな感じかしら」
ななず「仕事速いなー」
アルケミ「お盆は仕事忙しいんでしょ?」
ななず「うん。次にカードに触れるのは17日かな」
アルケミ「ま、この時期は仕方ないわね」
ななず「うん、とりあえず今日はこんな感じかな」
アルケミ「久しぶりにデッキの話が出来たわね」
ななず「そういえば!」
アルケミ「ま、頑張ってくるのよ、いってらっしゃーい」
ななず「いってきます!」

【同胞もくじ魔弾】

アルケミななずが仮組してた魔弾のレシピをあげておくわ」

【同胞もくじ魔弾】
モンスター15
《魔弾の射手カスパール》×3
《魔弾の射手スター》×3
《魔弾の射手ザ・キッド》×3
《魔弾の射手ドクトル》×2
《魔弾の射手カラミティ》×2
《魔弾の射手ワイルド》
《魔界発現世行きデスガイド》

魔法15
《トゥーンのもくじ》×3
《トゥーン・ワールド》
《同胞の絆》×3
《魔弾ークロス・ドミネイター》×3
《魔弾ーネバー・エンドルフィン》×2
《死者蘇生》
《サイクロン》×2

罠10
《戦線復帰》×3
《魔弾ーデッドマンズ・バースト》×3
《魔弾ーデスペラード》×2
《魔弾ーダンシング・ニードル》
《魔弾ーデビルズ・ディール》

アルケミ「スター+《トゥーンのもくじ》の威力が破格すぎね」

明日に続く!

【AFジェムスピリット】

【AFジェムスピリット】

【AFジェムスピリット】

モンスター21
《大天使クリスティア》×2
《アーティファクト―デスサイズ》×2
《アーティファクト―モラルタ》
《ジェムナイト・ガネット》×2
《荒魂》×3
《和魂》×3
《伊弉波》×3
《夜叉》×3
《朱光の宣告者》×2

魔法9
《ブリリアント・フュージョン》×3
《おろかな埋葬》
《ブラック・ホール》
《貪欲な壺》
《サイクロン》×2
《ハーピィの羽根帚》

罠10
《アーティファクトの神智》×3
《サンダー・ブレイク》×2
《神風のバリアーエア・フォースー》×2
《虚無空間》
《神の宣告》
《神の警告》

エクストラ15
《ジェムナイト・セラフィ》×2
《月華竜ブラック・ローズ》
《スターダスト・チャージ・ウォリアー》
《BF-星影のノートゥング》
《迅雷の騎士ガイアドラグーン》
《アーティファクト・デュランダル》
《No.61ヴォルカザウルス》
《SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング》
《No.39希望皇ホープ》
《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》
《フェアリー・チア・ガール》
《励輝士ヴェルズビュート》
《ラヴァルバル・チェイン》
《ダイガスタ・エメラル》


ななず「回し型は至って単純。スピリットを出して殴る。エクシーズして殴る」
アルケミ「スピリットデッキってのもあって、そんなに強そうには見えないんだけど」
ななず「うん。そう、何となく判ると思うけど、デッキの攻撃力、展開力は回してみた感じ可もなく不可もなく。平均点くらいなんだ。ただ、《大天使クリスティア》や《アーティファクト・デスサイズ》、《朱光の宣告者》、《虚無空間》が相手の動きを縛ることで、相手の攻撃力や展開力が平均点以下に押し込まれ、こっちは常に安定して平均点を維持できるから相手より上で立ち回れる、そんな感じのデッキ」
アルケミ「そんなに安定感に自信あるの?」
ななず「うん」

ななず「まず、特殊召喚できないスピリットモンスターって、追加の通常召喚権が安定して欲しいよね」
アルケミ「そうね。《和魂》は常に手札に欲しいわね。でも、召喚権を増やすカードがデッキに3枚だけじゃ足りない気がするわ」
ななず「でも、《二重召喚》はディスアドで入れたくない」
アルケミ「勿体ぶるわね。さっさと言いなさいよ」
ななず「そこでこちら」

1『スピリットモンスター』召喚。
2《ブリリアント・フュージョン》発動。効果で《ジェムナイト・ガネット》と《和魂》を墓地へ送り《ジェムナイト・セラフィ》をSS。
3《和魂》の効果で1ドロー

ななず「という具合に、まあ、『スピリットモンスターの召喚』は必要だけど、実質手札消費無しで召喚権が増えるわけです」
アルケミ「ああ、なるほど。初手からこういうのが出来ればいいわね……って、そっか、《ブリリアント・フュージョン》さえ引ければ良いのね『スピリットモンスター』1枚も手札に来ないってそうそう無さそうだし」
ななず「そうそう。ただ、最初に組んだときは《ジェムナイト・セラフィ》の使い道がそれ以上無くて置物状態だったんだけど、」
アルケミ「アーティファクトを入れて★5、朱光を入れて☆7シンクロが出るようにしてあるのね」
ななず「そうそう。まあ、滅多に《朱光の宣告者》はチューナーとして扱わないけど。コストは手札に来てしまったアーティファクトと出す機会を失ったクリスティアかな。通常召喚権増えるからアーティファクトやクリスティアは上の流れに」

4『スピリットモンスター』をリリースして『アーティファクト』召喚。
5《ジェムナイト・セラフィ》と『アーティファクト』で★5エクシーズ。

もしくは

4《大天使クリスティア》召喚。

ななず「ってすることも出来るよ」
アルケミ「召喚権って大切ね」

ななず「ブリリアントは来たら基本的にドローカードとして考えれるからどんどん使っていけばいいと思う。ガネットを使いきったら《ダイガスタ・エメラル》でデッキに戻してドロー、ブリリアント発動してさらにドロー」
アルケミ「今までで一番『ドロー』って言葉の多い記事になりそうね」
ななず「もしくは、ガネット尽きてるならすでに発動しているブリリアントのコストにしてセラフィの攻撃力戻したりしてとどめの火力合計に加えることも少なくないよ」
アルケミ「ほかには?」
ななず「うーん、ドローだと《伊弉波》+《和魂》、手札の《和魂》Aを捨てて墓地の《和魂》Bを回収、Aの効果でドローとか?」
アルケミ「それは知ってる。ドロー以外にはないの?」
ななず「そうだなぁ、初回の《ラヴァルバル・チェイン》はクリスティアをトップが安定かな」
アルケミ「え?あれだけ言っといて《和魂》を落とさないの?」
ななず「うん、初回だとスピリットモンスターが場に出てないことが多いからね。《和魂》を落とすのはチェインが運良く生き残ったら…くらいでいいかな。それよりも、相手の動きを止めて《和魂》を回収できるクリスティアを出せるかどうかでデュエルの勝敗が決まるからね」
アルケミ「《伊弉波》、サンブレ、朱光と、手札消費激しそうだけど…って、きっと平気なのねその顔を見たところ」
ななず「うん、手札は飽和状態はともかく、枯渇は滅多にないよ。《和魂》の効果が1ターンに1度じゃないのも良いところだね。まあ、ブリリアントは1ターンに1度だけど」


アルケミ「スピリットデッキなのに《波紋のバリアーウェーブ・フォースー》じゃないのね」
ななず「ブリリアントやエクシーズと、以外と場に残っちゃうんだよね」
アルケミ「ちなみに、クリスティア以外のメイン火力は?」
ななず「チアガールかなぁ、ドローも出来るし万能の1枚」
アルケミ「だと思った!このデッキ打点が低いわよね」
ななず「それは否めないね。《堕天使ディザイア》入れようかと考えるくらいには」
アルケミ「相当よそれ」
ななず「天使の☆5の帝とか入れば良かったんだけどね」
アルケミ「果てしない確率の希望ね」
ななず「まあ、通常火力は弱いけど、切り返しはリベリオンやライトニングがいるから打ち負けたりはないかな。最近は開闢を入れようかで悩んでる」
アルケミ「それはいいかもしれないわね。墓地の天使の調整も出来るし、アリなんじゃない?」
ななず「後は枠だね。これからこのデッキは付き合い長くなりそうだから少しずつ調整していくよ」

アルケミ「次回は?」
ななず「未定!」
アルケミ「何かないの?」
ななず「うーん、デッキ調整でもしていこうかな。まだ上げてないデッキのレシピとか」
アルケミ「そうね、じゃあまた次回!」

【青眼の白龍】

【青眼の白龍】


【青眼の白龍】

モンスター18
《青眼の白龍》×3
《青眼の亜白龍》×3
《ドラグニティ―ファランクス》×2
《青き眼の乙女》×3
《青き眼の賢士》×3
《太古の白石》×2
《伝説の白石》
《エフェクト・ヴェーラー》

魔法15
《光の霊堂》×2
《竜の渓谷》
《テラ・フォーミング》×2
《ドラゴン・目覚めの旋律》×2
《銀龍の轟咆》×2
《ワン・フォー・ワン》
《龍の鏡》
《死者蘇生》
《禁じられた聖槍》×2
《ハーピィの羽根帚》

罠7
《リビングデッドの呼び声》×2
《デモンズ・チェーン》×2
《神の宣告》
《神の警告》
《神の通告》

エクストラ15
《青眼の究極龍》
《青眼の双爆裂龍》
《トライデント・ドラギオン》×2
《青眼の精霊龍》×2
《蒼眼の銀龍》
《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
《月華竜ブラック・ローズ》
《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》
《No.77 ザ・セブン・シンズ》
《No.84 ペイン・ゲイナー》
《No.15 ギミック・パペット―ジャイアント・キラー》
《No.46 神影龍ドラッグ・ルーオン》
《神龍騎士フェルグラント》


ななずPINに遊戯王に誘われた高校時代からここまで、一緒に戦ってきた《青眼の白龍》のデッキ!」
アルケミななず、ドラギオン好きよね」
ななず「シンクロが出て来て、効果のない《青眼の白龍》が歯が立ちにくくなった時にやたらと助けてもらったからね。シンクロの中でも一番好きなモンスターだよ。1つ前の時はデッキ構成上どうしても入らなかったから残念だったんだけどね」
アルケミ「今回はエクストラに2枚も入れてるのね」
ななず「うん、今回は3000打点で嵐のように叩き込むデッキだからね。《リビングデッドの呼び声》で《青き眼の乙女》を蘇生して、その2枚を対象に《トライデント・ドラギオン》を打つと乙女の効果で《青眼の白龍》が出るから、場に12000打点が揃うんだよね」
アルケミ「なんかもう、相手のライフが8000ってのを忘れているような火力を目指してるわね」

ななず「今回は、前に【神風アロマージ】で話した、イザナのフィールド魔法の入れ方を真似してる」
アルケミ「フィールド魔法2種類を、メイン2枚―サブ1枚で入れて、《テラ・フォーミング》を2枚入れる方法ね」
ななず「うん、多分だけど、テラフォ入れるほどのフィールド魔法を運用するデッキって…」


フィールド魔法×3
《テラ・フォーミング》×3


フィールド魔法×3
《テラ・フォーミング》×2


フィールド魔法×3
《テラ・フォーミング》


フィールド魔法×2
《テラ・フォーミング》×2

ななず「とかになると思うんだ。俺は…2のパターンがよく使う感じのパターンだね」
アルケミ「そうね、その理由とかも説明する?」
ななず「うーん、それは今回はあまり重要ではないかな。重要なのは、フィールド魔法を2種類入れることによって、戦略の幅が広がるってことかな」
アルケミ「そうね。メインは、乙女と相性の良い霊堂。サブは渓谷ね。…あれ?《竜の霊廟》は1枚も入ってないの?」
ななず「以外と、使わないんだよね。『青き眼の』たちが増えて、乙女の効果が発動させやすくなったから《青眼の白龍》をわざわざ墓地に置く必要がなくなったってのと、白石2種はもう渓谷で落とせばいいやってなったんだ」
アルケミ「ふーん」
ななず「ま、実は《竜の渓谷》を入れるかは迷ってたんだけど、前、滋賀でイザナとデュエルした時にアドバイスもらってなんだけどね」

イザナ「そういや、そのデッキ《竜の渓谷》は入れないの?」
ななず「いやー、入れるか悩んでるんだけど…墓地へ落とすなら《竜の霊廟》で良いかなーって」
イザナ「でも、《青眼の白龍》落としたいんじゃないなら別に霊廟じゃなくてもいいよね」
ななず「うん、まあ。でも、そうなんだよ、『霊廟じゃなくてもいい』ってだけで『渓谷じゃないといけない』ってわけじゃないんだよね」
イザナ「…?」
ななず「どうかした?」
イザナ「ななず、ドラギオン好きじゃん?」
ななず「え、うん」
イザナ「渓谷、《ドラグニティ―ファランクス》サーチ出来て、ドラギオンのコストにもなれるよ?」
ななず「…!!!」

イザナ&アルケミ「え、気付いてなかったの?」
ななず「全く」
イザナ「ななず、ドラグニティ使ってたのにな」
ななず「渓谷制限で崩れてからすっかり忘れてたよ」
アルケミ「で、渓谷にしたと」
ななず「そうそう」

ななず「《青き眼の賢士》と《光の霊堂》から《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を呼べるのは知ってる?」
アルケミ「賢士で乙女サーチ、霊堂で乙女召喚、乙女で《青眼の白龍》SS、シンクロして☆7光ドラゴン、で、シンクロでしょ?とーぜん!」
ななず「あら、知ってた。俺は知った時、割りと感動したんだけど」
アルケミ「で、そこからどう話を進めるの?」
ななず「ここで呼ぶ☆7光ドラゴンを《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》にする」
アルケミ「まあ、2枚目の《光の霊堂》を持ってくるのは堅実な考えよね」
ななず「今回はそこで《竜の渓谷》を持ってくる。これで《ドラグニティ―ファランクス》がいつでも持ってこれるから《トライデント・ドラギオン》がすぐに見えてくるよね」
アルケミ「そうね。ま、ドラギオン出すだけなら《青眼の亜白龍》+ファランクスが1番簡単そうだけど」
ななず「うん、よく使うよ。渓谷でファランクス持ってきてたらドラギオンのコストにも困らないから。…そのままゲームエンドとかもあり得るからね」

アルケミ「エクストラはやっぱりとういか何というか…偏ってるわね。…あ、何でセブンシンズ入ってるのかと思ったらジャイアントキラーからペイン・ゲイナー、で、セブンシンズに繋がるのね」
ななず「うん」
アルケミ「ダークマターは入れないの?」
ななず「うーん、セブンシンズの流れの方が魅力的だったのと、場の☆8を2体使ってまで墓地肥やししなくてもいいかなって思って。後は…ドラギオン入れたかったからかな」
アルケミ「ふーん、タイタニック入れないのは?」
ななず「持ってないから!…手に入ったら悩むかも知れないけど、持ってないカードはデッキリストには組み込まないから」
アルケミ「《No.46 神影龍ドラッグ・ルーオン》が入ってるのが気になるわね」
ななず「これは、同じ【青眼の白龍】とやることになった時のためかな。後は、亜白龍で見せただけの《青眼の白龍》を踏み倒したりとか」
アルケミ「なるほどね、ちなみに、各所で見られる《ヴェルズ・オピオン》対策は?」
ななず「全くしてないから、このデッキはオピオン出されると積んじゃうね。まあ、こう言っちゃうとあれだけど…もう、【ヴェルズ】をあんまり見なくなったから」
アルケミ「まあ、そうね。【青眼の白龍】が環境に出てきたら分からないけどね」
ななず「う…確かに」

ななず「持ってないから入ってないだけだから、同じ理由で、『ストラクチャーデッキR―巨神竜復活』が発売したら、今の《銀龍の轟咆》は全部《復活の福音》に代わるよ」
アルケミ「まあ、そうね。破壊体制も付与出来る上に、クリスタルウィングなんかも蘇生出来るものね」
ななず「そうそう、便利」

アルケミななずのデッキにしては珍しく、《サイクロン》が入ってないわね。攻撃型のデッキなのにどうして?」
ななず「いつもならこういう攻撃特化のデッキには必ず、最低でも《サイクロン》×2と《ハーピィの羽根帚》を入れるようにするんだけど、今回入れてない理由は2つあって」
アルケミ「何なの?」
ななず「えーと、1つ目は単純に…枠がなかった。情けない話だけどこれ以上やりたいことを削りたくなかったんだ」
アルケミ「えー…それは情けないわね。あなたのデッキ構築の根幹は、『やりたいことをやるためにデッキを組む。でも、できなきゃ意味無いから、やりたいことを通す為に全力を尽くす』って言ってたのに、その『全力を尽くす』ってとこをおろそかにするなんて」
ななず「まあ、確かに。それに関しては返す言葉もないよ」
アルケミ「《禁じられた聖槍》はあるけど《白き霊竜》も入ってないし、大丈夫なの?」
ななず「それが、大丈夫なんだよね…というか、大丈夫だったんだよね」
アルケミ「どういうこと?」
ななず「乙女や亜白龍、蘇生魔法に蘇生罠と、3000打点を本当に…大量に出していくのと、双爆裂竜やドラギオンを高速で召喚していくから、相手の除去が間に合わない…というか足りないんだよね」
アルケミ「爽快な計算ね、それにはもう、こっちが返す言葉もないわ」
ななず「乙女にヴェーラーを打たれるとどうしようもなくなるけど、ブレイクスルーなら聖槍が対応できるし」
アルケミ「ああ、そっか。聖槍が…ドラギオンや双爆裂竜みたいな、1体で何千ものダメージ要因になるモンスターに相性のがいいのね。複数の伏せから1枚を破壊するより、打ってきた1枚を対処する方が効率が良いってことね」
ななず「そうそう、乙女に打てば《青眼の白龍》呼べるから、相手ターンの臨時の壁になったりしてもらったりとかね」

ななず「あと、入ってないカードでいうと、《グローアップ・バルブ》と《ソウル・チャージ》は入れたかったかなって思うカードだよ」
アルケミ「うーん、そう言われると《死者蘇生》は《ソウル・チャージ》でもいい気がするわね」
ななず「やっぱり?…悩むんだよなー」
アルケミ「ま、デュエルしながら考えたら良いんじゃないの?」
ななず「うん、そうしよう!」
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
仕事のためブログから蒸発。
「ブログはアルケミにまかせた!」
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
ななず失踪のため、現行ではこのブログの最高責任者。
「ふざけるんじゃないわよ、たまには顔みせなさい」
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ブログ『フラッシュありますか?』の管理人。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。
現在は真竜を組み始めたとか…。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ