『第3回ななず杯』開催要項

ななず「第ッッッッッ…さ」
アルケミ「第3回ななず杯!!開☆催!!」

ななず「ルールは」
アルケミ「今回のルールは↓を見て!」
ななず「…」

『第3回ななず杯』
~ヒーローズ・デュエル!~

☆テーマ
『攻撃力2500のモンスターを切り札にしたデッキ』
☆ルール
『禁止制限は対戦日のものを適用』
『2戦先取の通常マッチ戦』

☆開催日時(この日から何週間かかけてやります)
平成27年10月24日(土)

☆細かい点(質問に対する回答など)

◇デッキの攻撃力上限が2500ってこと?
◆デッキの攻撃力の上限が2500という意味ではありません。

◇切り札にしたいモンスターが、攻撃力は2500だけど、守備力は2500より高いモンスターなんだけど。
◆何の問題もありません。

◇シンクロやエクシーズモンスターでもいいの?
◆メイン、エクストラどちらに入っていても構いません。

◇切り札のモンスターは3枚入れた方がいいの?
◆3枚入ってれば切り札として説得力がありますが、必ず3枚入れる必要はありません。デッキの完成度を優先してください。

◇攻撃力2500表記なんだけど、場に出てから攻撃力上がったり、下がったりしてもいいの?
◆その場合は例え故意でも故意じゃなくても問題ありません。

◇じゃあフィールドでは必ず攻撃力を2500にするので、攻撃力表記が2500じゃないモンスターを切り札にしてもいい?
◆それはダメです。攻撃力表記が2500のモンスターを切り札としてください。

◇リアルだと予定合わないし、会えないんだけど…。
◆ADSでの参加もOKです。

ロクク「まだデッキ完成してないんだけど」
アルケミ「あなたの希望どうり『EXTRA PACK 2015』発売まで大会自体を伸ばしたんだから何とかしなさい」

◇サイドデッキは無し?
◆なくても構いませんが、用意するなら使っても一向に構いません。その場合、公式戦と同じで15枚です。

◇優勝商品はあるの?
◆次の大会までの間、身内最強を誇れます。

◇で、優勝商品はあるの?
◆大会中に発生するかもしれませんが、今のところは考えてないです。無いものと考えてください。

◇攻撃力2500のモンスターは切り札の1種類だけしか駄目?
◆何種類混在しても構いませんが、切り札の1種類だけは、混在してもしなくても大会開始前に教えて下さい。

◇この『ななず杯』ってファンデッキ限定?ガチデッキ限定?
◆ガチからファンまで「自分の好きなデッキ」で出る大会です。

◇ファンデッキ使いたいけどガチデッキと当たったら負けそうで不安。
◆対策をしましょう。「ガチデッキだから勝てなかった」は愚の骨頂の台詞です。ピンポイントメタも相手を読んだ立派な『戦略』です。

◇厳しいですね。
◆デッキを組む段階で既に、戦いは始まっているのです。

◇身内じゃないけど参加してみたい。
◆歓迎します。この記事へコメント下さい。

◇参加する皆がどの程度のガチ度なのかわからない。
◆全員、大会開始前に私に『切り札となるモンスター』を報告してもらい、ブログで発表しますのでそれで予想してください。サイドやメインに積む対策カードも、それを見てから決めて構いません。

◇締め切りは?
◆平成27年10月17日(土)で1度しめます。が、毎回の様に飛び入り参加を受け付けています。1回戦が全て終了するまでは飛び入り参加を認めます。

◇飛び入り参加のシステムが知りたいんだけど。
◆1回戦の全ての試合(全員それぞれの初戦)が終了するまで、急遽の参加を認めます。飛び入りの方の対戦相手は、1回戦シード権の人や、1回戦敗者の中から決めたりします。

◇ここまで読みましたが、大会自体のルールがアバウトですね。
◆主催者の好奇心と参加者の良心で成り立っている大会、もといデュエルを通しての懇親会です。

ななず「以上!」
アルケミ「他にも、質問あれば答えるし、この記事に追加していくわ」
ななず「コメントにて、質問や参加希望を受け付けます…あ!禁止事項は第1回と同じで……」

ゴッ

ななず「痛い!」
アルケミ「あの茶番禁止事項はもういいわ!」
スポンサーサイト

『第3回ななず杯』現在の出場登録者紹介!

ななず「『第3回ななず杯』現在の参加者と使用する切り札の紹介!」
アルケミ「参加締め切りは17日だからまだの人は焦らずデッキを組むといいわ」
ななず「早速いくよ!」

エントリーNo.1
ななず【カオスハンター】
アルケミ「お馴染みブログの管理人!今回のデッキはななず曰く『今までの遊戯王をやってきた自分の集大成』といえるオリジナルらしいわ。口だけじゃないことを期待しましょ!…あれ、そういえばレシピは?」
ななず「大会終わってから!!」
アルケミ「そうきたか…」

エントリーNo.2
PIN【大狼雷鳴】
ななず「高校時代に俺を遊戯王に誘った人物で、かれこれ10年の付き合いか…」
アルケミ「カードの紹介しなさいよ」
ななず「そうでした!同じく、こちらも1から本人によって組み上げられたオリジナル!幾度となく【カオスハンター】とは凌ぎを削ったけど…相性は最悪。正直なところ戦いたくない相手」

エントリーNo.3
イザナ【ガーディアン・エアトス】
アルケミ「イザナはななずの大学時代からの友人ね」
ななず「最近のイザナのデッキの面白さはPINを凌駕してきた」
PIN「ホルスデッキとやったけど…やってみて、ななずの言うことが理解できたわ。あのデッキとやってから俺の中で遊戯王熱とデッキ構築欲がすごい高まってる」
アルケミ「大会ではどんな戦術を見せてくれるのかしら。楽しみね」

エントリーNo.4
ひきだし【伝説のフィッシャーマン三世】
アルケミ「これまた、未知のモンスターね。相手取ったことあるデュエリストが今回の面子の中にいるのかしら…対策してないと一方的になりそうだけど…」
ななず「凶悪全体除去と超耐性を兼ね備えたあいつをどうにかする術はないのか!」
アルケミ「…《エフェクト・ヴェーラー》(にっこり」
ななず「やはりヴェーラーか…」

エントリーNo.5
たまちゃん【ブラック・マジシャン】
ななず「現在、ななず杯最強の称号の保持者!で、ARIAと同じ、俺の大学時代の先輩」
アルケミ「第1回は【真六武衆】第2回は【旋風BF】で2連続優勝中よ!今回は主人公デッキの王道《ブラック・マジシャン》を使っての参戦ね!」
ななず「たまちゃん先輩、優勝者ってのもあるけど、過去のななず杯でたまちゃん先輩に破られたPINとか、ひきだし、イザナ辺りにはかなり首を狙われてると思うんだよね。お気の毒に」
アルケミ「あなたもでしょ、第1回決勝戦」
ななず「そうだった!!今から毎日、首洗って待っててくださいよ!!必ず息の根とめてやりますから!」
アルケミ「リバース掌オープン…」

エントリーNo.6
ロクク【レアル・ジェネクス・クロキシアン】
アルケミななずとは中学生からの仲だから…13年くらいの付き合い?」
ロクク「そんなになるのか、長いなあ」
ななず「デッキは完成したのか」
ロクク「結構形にはなってると思うよ。まあ後は調製とサイド考えないと」
ななず「そこは俺もだな」

エントリーNo.7
ARIA【セイクリッド・プレアデス】
ななず「3☆回☆連☆続!セイクリッドデッキ!」
アルケミ「よっぽど好きなのね。あれ、でももしかしてまだ『ななず杯』で結果ほとんど残してないんじゃない?」
ななず「そういえばそうかも!今回こそ騎士団の旗を打ち立てることができるのか!?」
アルケミ「ちなみに、ARIAななずの大学時代の先輩よ」
ななず「現在進行形で仲よく遊んでいます!」

エントリーNo.8
はっしー【カオス・ゴッデスー混沌の女神ー】
アルケミ「久しぶりの登場ね!おかえりはっしー!」
ななず「ちなみに、はっしーが『第2回ななず杯』に参加しなかったのには訳があって」
アルケミ「え、なになに!?わたし聞いてない!」
ななず「『第1回ななず杯』であれほど注意したのに、はっしーの魂をカードに封印した奴がいて…」
ゴッ
ななず「痛い!」
アルケミ「ふざけないの!…えーと、はっしーはななずの大学時代の後輩君だったわね」
ななず「うん。すごく気の回る良い子だよ!」
アルケミ「今回は《カオス・ゴッデスー混沌の女神ー》で出場ね。どんなデッキに仕上がるのかしら」

ななず「以上が、現在出場登録が済んだデュエリスト達!」
アルケミ「今回は誰が勝つか予想し辛そうね」
ななず「うーん、そうだな確かに。ちなみに、出場者達が登録したカードの種類はは」


通常モンスター 12.5%
たまちゃん《ブラック・マジシャン》

効果モンスター 50%
ななず《カオスハンター》
PIN《大狼雷鳴》
イザナ《ガーディアン・エアトス》
ひきだし《伝説のフィッシャーマン三世》

シンクロモンスター 25%
ロクク《レアル・ジェネクス・クロキシアン》
はっしー《カオス・ゴッデスー混沌の女神ー》

エクシーズモンスター 12.5%
ARIA《セイクリッド・プレアデス》


ななず「と、なってる。思ったより、エクストラのカードを選択した人が少なかったね」
アルケミ「ちなみに、あなたが個人的に当たりたくないのは誰?」
ななず「1番はPINだね。これは単純に、とにかく相性が悪いんよ。《大狼雷鳴》の蘇生に対して《カオスハンター》を打ち込んでも一方的にやられちゃうから。フリーでやってても勝率悪いしね」
アルケミ「なるほど」
ななず「あとはイザナかな、エアトスってことは当然のように除外ギミックがある可能性は十分だから対策しておかないとね」
アルケミ「今回も楽しい大会になるといいわね」
ななず「うん!がんばろう!」

第3回対戦カード

ななず「『第3回ななず杯』出場者締め切り!そしてトーナメント表発表」
アルケミ「トーナメントはどうやって作ったの?」
ななず「公平になるように3人で作りました」

【トーナメント作成者】ななずPINロクク
【立会人】ARIA

☆準備
ななず
トーナメント表を作り、空白の名前欄に適当な順番で番号をつける。トーナメント表はカメラを使いSkypeで常に写しておく(番号だけ見えないようにしておく)
ロクク
出場者8名の名前を好きな順番で書いておく(Skypeなので他の人は見えない)
PIN
1~8までの番号を好きな順番で言う。
☆方法
1、PINの言った順番で、ロククは自分の出場者名簿に上から番号を置いていき、出場者それぞれに番号を与える。
2、ななずのトーナメント表の番号をカメラに写し、ロククは上から名前と番号を言っていく。ななずはトーナメント表の番号と合うように落としこんでいく。

ななず「と言った具合で、別々の場所の3人で3回のランダムを挟んでるから公平にはなってると思う」
アルケミ「まあ、そうね。で、肝心の相手は?」
ななず「こちら!」



Aブロック
第1試合
はっしー【カオス・ゴッデスー混沌の女神ー】VS【伝説のフィッシャーマン三世】ひきだし

第2試合
ARIA【セイクリッド・プレアデス】VS【レアル・ジェネクス・クロキシアン】ロクク

Bブロック
第1試合
たまちゃん【ブラック・マジシャン】VS【大狼雷鳴】PIN

第2試合
ななず【カオスハンター】VS【ガーディアン・エアトス】イザナ



ななず「さて、落ち着いて聞いてくれ。提案なんだが…抽選をやり直そう」
PINロクク「ねえよ!!なんでだよ!!!」
ななず「Bブロック、個人的に当たりたくない人間が揃ってるんだけど」
PIN「知らねえよ!俺だって前回準決勝で負けた、たまちゃん先輩と初戦だぞ!クソッタレ!」
ロククななずがこのやり方で決めようって言ったんだろ!俺だって切り札はクロキシアンなのに初戦はエクシーズ使いだぞチキショウ!」
ななず「Bブロックの人間、ほとんどが俺の予想の外側から連れてきた…みたいな戦略を使うんだもの!フリーならこれほど心踊る相手はいないけど、ブッ倒し合うとなると厄介なんだよ!特☆に☆初☆戦!!」
PINロクク「うるせー!!!再抽選したいのはこっちだよーー!!……………………………………………………………やろうか」
ななず「いやだめだろ冷静になれよ」
PINロクク「イラッとくるぜ!!」

『第3回ななず杯』その1

ななず「『第3回ななず杯』開幕!」

Aブロック
第1試合
○○―はっしー【カオス・ゴッデスー混沌の女神ー】VS【伝説のフィッシャーマン三世】ひきだし××―

ひきだし「伝説のフィ…」
はっしー「《カオス・ソルジャーー開闢の使者ー》!!!」
ひきだし「え!?……え、じゃあ今度こそ《伝説のフィ……やってられるか!!!変身!《M・HEROアシッド》!!」
PIN「なんだこれ……。主人公カードとは一体…」
ななず「ちがうんだ、こんな戦いになるなんて思ってなかったんだ……」

はしひき

はっしー「《シューティング・クェーサー・ドラゴン》!!!」
ひきだし「それただの【白黒ジャンド】じゃねーか!!!クソッタレ!」
ななず「でもそっちもフィッシャーマン出てなくね」
ひきだし「こっちは【HERO】だ!文句あるか!」
ななず&はっしー「開き直ったーー!!」
ひきだし「バブルマン特殊召喚!」
ななず&はっしー「……ゴクリ」
PIN「さて、どうやってクェーサーを倒すのか見物だな…」
ひきだし「カードを二枚伏せてターンエンド」
ななずPIN「え?」
ひきだし「ターンエンドつってんだろ!二度も言わせんな恥ずかしい!」
はっしー「ドロー、《トラップ・スタン》で」
ななずPIN「無慈悲!!!!!!」
はっしー「ありがとうございましたー」
ひきだし「クェーサー強すぎィ!!」
ななずPIN「知ってるゥ!!」

第2試合
×○○ARIA【セイクリッド・プレアデス】VS【レアル・ジェネクス・クロキシアン】ロクク○××

(ほぼ実際の台詞)
★1戦目
ARIA「降臨せよ!マイ・フェイバリット・カード!《セイクリッド・プレアデス》!」
ロクク「墓地の《ステゴサイバー》が俺を守る!」
ARIA「素材が尽きるまで耐えるとは…だが! 俺はプレアデスを進化させる!チェンジ!《セイクリッド・トレミスM7》!アタック!」
ロクク「《ステゴサイバー》アアァァ!!!……この瞬間を待っていた!《D-HEROディアボリックガイ》を特殊召喚し《ステゴサイバー》とエクシーズ召喚!救世の光、《No.39ビヨンド・ザ・ホープ》!」
ARIA「く、くそー!負けだ!…だが、……次は!……ない」
★2戦目
ロクク「…なん……だと……!?」
ARIA「《セイクリッド・プレアデス》×2!!」
ななずPIN「エグい」
ロクク「くっそ!!《ステ……」
ARIA「ステゴは死んだ!もういない!!」
ロクク「くっそおおお!!」
★3戦目
ARIA「マイ・フェイバリット《セイクリッド・プレアデス》!!」
ロクク「《神の警告》!!」
ななずPIN「上手い!」
ロクク「ノートゥングからの再び!《No.39ビヨンド・ザ・ホープ》!」
ARIA「《アーティファクトの神智》……モラルタ!」
ななずPIN「この流れは!!」
ロクク「くっ!ヤツが……来る!」
ARIA「いや、ここは…………《No.」
ななずPIN「『ナンバーズ』!!!!?」
ARIA「《No.61ヴォルカザウルス》……!!」
ななずPIN「ま ず い !!!」
ロクク「な!!?」
ARIA「効果、発動!!」

まつろく

マ グ マ ッ ク ス ! !
ロクク「イワーーーーーーーーク!!!」


Bブロック
第1試合
○○―たまちゃん【ブラック・マジシャン】VS【大狼雷鳴】PIN××―
試合会場:カラオケボックス
BGM:ななずロククARIAによる遊戯王主題歌
PIN「《ブリリアント・フュージョン》で《大狼雷鳴》と《ジェムナイト・サフィア》を墓地へ送り、《ジェムナイト・プリズムオーラ》を特殊召喚!《七星の宝刀》でプリズムオーラを除外し2枚ドロー!」
ななずARIA「「Going my wey!闘いの渦へー♪」」
ロクク「アド損無しで《大狼雷鳴》を墓地に…」

たまかさ

PIN「《リビングデッドの呼び声》!《大狼雷鳴》復活!」
たまちゃん「《永遠の魂》!!ブラマジ特殊召喚し、効果は受けない!」
PIN「来たかぶっ壊れ!!」
ななず「え、これ、そんな強いの?…………は!?何これ!!PIN勝って!こんな厄介なカードとやりたくない!!」
PIN「俺だって勝ちてぇよ!」
ななずARIAロクク「「なあ友よ乗り越えていけーるさ♪」」
たまちゃん「行くよ、《千本ナイフ》!《ティマイオスの眼》!《呪符竜》!」
PIN「しまっ…」
ななずロクク「「今はー、よーみ切ーれない、手の内の鮮やかさーに、笑えばいいーーー♪」」
PIN「うるさいぜ少し黙ってろ!」


第2試合
○○―ななず【カオスハンター】VS【ガーディアン・エアトス】イザナ××―

(ほぼ実際の台詞)
ななず「今までの遊戯王人生の集大成のこのデッキ……大学時代で一番凌ぎを削りあったイザナに、勝って恩返しとさせてもらうぜ!」
イザナ「こっちも大好きなモンスターでななずと戦うために組んだデッキ!もう、互いに力をぶつけるのみ!!」
ななず「来い!」
ロククPIN「濃い!!前フリが!!」
ななず「俺はシャッフルしない!全てイザナのカット&シャッフルに委ねる!」
イザナ「ならばこちらも!」
ななず「いくぜ!……油断も、容赦もしない!ガイドマリオン黒ダンテ!…最強デュエリストの墓地肥やしは全て必然!」
PIN「…なんだこいつ……」
ななず「墓地へ落とすカードもデュエリストが創造する!シャイニング墓地肥やし!《ツインツイスター》《マスク・チェンジ・セカンド》……《Emダメージ・ジャグラー》!!来たぜ!手札から《聖邪の神喰》発動!」
ロクク「まじかよ」
ななず「ジャグラーの効果で《Emトリック・クラウン》を手札に加えながら《聖邪の神喰》の効果で《H・Cサウザンド・ブレード》を落とす!」
たまちゃん「早速か!」
ななず「ターンエンド!マリオン効果でガイドサーチ!」
ロクク「先攻取ったのにこれだけ動いて手札枚数動いてない!?」
PIN「なんだこのうさんくせえコンボ」

さかなな

イザナ「さすがだ!ドロー、だが先手はもらう。《ガーディアン・エアトス》!」
ななず「出現はタッチの差で負けた…が、こちらも切り札を出すぜ!手札の《D-HEROディアボリックガイ》を捨て《カオスハンター》!」
イザナ「く、仕方ない相討ちだ!」
ななず「受けてたつ!……いい開幕だ!」
イザナ「こうでなくっちゃ!…でもまだだ!天国の扉は開く!《神の居城―ヴァルハラ》そして、《マスター・ヒュペリオン》!」
ななず「くっ!…最強デュエリストのデュエルは全て必然!ドローするカードもデュエリストが創造する!シャイニングドロー……《おろかな埋葬》!!でダメージジャグラーを落とし除外してハットトリッカー!神喰の効果で《ゾンビキャリア》!《D-HEROディアボリックガイ》を除外しディアボ特殊召喚!《ツインツイスター》でトリック・クラウンを捨てヴァルハラ破壊!クラウン蘇生に反応してブレーダー特殊召喚!ハットトリッカー特殊召喚、手札を戻してゾンキャリ!」
ロクク「はぁ!?」
ななず「シンクロ召喚!!!イザナ!君ににもらったカードで……キサマを倒す!!《煉獄竜―オーガ・ドラグーン》!」
イザナ「あれだけあった手札がいつの間にか…0!」
ななず「クラウンとブレーダーでホープ……そして!ザ!!ライトニング!!」
イザナ「ぐはっ!」

ななず「先ずは一勝!」
イザナ「さあ、次やろうか!」
ななず「もちろん!」
ななず&イザナ「(この勝負にサイドチェンジはいらない!)」


アルケミ「熱いわね、これみんな初戦よね」
ななず「そうそう!もうね、イザナとの戦いが楽しくってね!!しばらく会えてなかったんだけどデュエルしてると会話してるみたいにお互いのデッキに込められた気持ちがわかるから…それで充分!」
アルケミ「たいしたデュエル脳ね。……引くわ」
ななず「では、デュエリストコメント!」

はっしー「ゴッデス全然出す余裕なかったですね。クェーサーつよい」
ひきだし「この【白黒ジャンド】がああああああああああああああああああああああ」

ARIA「やったぜ!ヴォルカザウルスさんマジパネえっす!」
ロクク「マジあのヴォルカザウルスがなー、くっそ、本当に!本当に!…くっそー」

たまちゃん「危なかったー!イザナのアドバイス聞いて《千本ナイフ》2枚積んでてよかった」
PIN「あー、くっそ。悔しいな!《永遠の魂》全然割れねぇ。もっと除去強化しないとダメかー!?」

ななず「よし!!楽しかった!!!」
イザナ「うん、こっちもお陰でこのデッキの『先』が見えたし、いい勝負だった!」

アルケミ「そういえば、優勝商品はあるの?」
ななず「皆で出しあって用意したよ!今回のテーマが『攻撃力2500のモンスターで自分だけの主人公デッキを作る!』だからそれにちなんで……」

1位 武藤遊戯セット
《ブラック・マジシャン》中期イラスト
《バスター・ブレイダー》初期
《超魔道剣士ブラック・パラディン》×3(イラスト3種)
《封印の黄金櫃》初期
《死者蘇生》初期レリーフ
《聖なるバリアーミラーフォースー》シークレット

2位 十代&遊星セット
《超融合》初期
《スターダスト・ドラゴン》ホログラフィック

3位 遊馬&遊矢セット
《SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング》書籍ごと
《オッドアイズ・フュージョン》

アルケミ「いつになく豪華ね」
ななず「今回はイザナと俺に加えてPINも出してくれたからね」
アルケミ「まあ、今回は貴方の遊戯王人生全てから産み出された集大成のデッキが華々しく初戦敗退にならなくてよかったわね」
ななず「言い方に棘あるなあ。まあ、でも、このデッキは強いよ。これで新時代のメタビート扉を開いてみせる!」
アルケミ「そういう台詞は優勝してからね」
ななず「おう!」

『第3回ななず杯』その2

ロククがイラストを描いてくれました。

ななず「準決勝!」
アルケミ「緊迫してきたわね」

準決勝
第1試合
×○○ARIA【セイクリッド・プレアデス】VS【カオス・ゴッデス―混沌の女神―】はっしー○××

1戦目
はっしー「《シューティング・クェーサー・ドラゴン》」
ARIA「はっ!?ぐわああああ!!!」

2戦目
ARIA「サイドチェンジ!《御前試合》!!」
はっしー「《御前試合》!!……何ですかそのカード」
PIN「これは、これこれこうで」
はっしー「………まじかー」

3戦目
はっしー「これで決める!《トラップ・スタン》!」

はしまつ

ARIA「《アーティファクトの神智》!《アーティファクト・デスサイズ》!!」
はっしー「構うか!シンクロ召喚!」
ロクク「できない!」
はっしー「え?」
ARIA「できない!」
はっしー「う、動けなくね」
ARIA「行け!プレアデスで攻撃!」



×○×たまちゃん【ブラック・マジシャン】VS【カオスハンター】ななず○×○

1戦目
ななず「手札を捨てて《ツインツイスター》!たまちゃん先輩の伏せ1枚を破壊!」

たまなな

たまちゃん「チェーン!《永遠の魂》!」
ななず「え?蘇生しても《永遠の魂》が破壊されたら自分のモンスター破壊されるから意味ないんじゃ…?」
たまちゃん「《永遠の魂》にはもうひとつ効果がある!デッキから《千本ナイフ》または《黒・魔・導》を手札に加えることが出来る」
ななず「くっ!シンクロ召喚《煉獄竜―オーガ・ドラグーン》攻撃!!」
たまちゃん「《魔法の筒》!!!」
ななず「!!!」
たまちゃん「どうする?」
ななず「俺はオーガ・ドラグーンの効果を発動、しない!!ライフで受ける!!!」
たまちゃん「何!!?」
ななず「残りのモンスターでダイレクトアタック!!」
たまちゃん「くっ、俺のターン………エンドだ」

2戦目
たまちゃん「《千本ナイフ》!《ティマイオスの眼》!《超魔導剣士ブラック・パラディン》!オーガ・ドラグーン撃破!」
ななず「ドロー!キャシーを捨てて《ツインツイスター》!《永遠の魂》ごと消えろ!パラディン!」
たまちゃん「《呪符竜》!!」

3戦目
ななず「《煉獄竜―オーガ・ドラグーン》!!」
たまちゃん「《ティマイオスの眼》!!」
ななず「《虚無空間》!!!」
たまちゃん「何!?」
ななず「とどめだーーーー!!!!」
たまちゃん「いや、まだライフは残る!」
ななず「いや、次のターンはない!ゾンキャリ蘇生しシンクロ!!《BF-星影のノートゥング》!!これで、ライフに届く!」
たまちゃん「やられた!!」
PIN「まじか、勝ちやがった」
ななず「勝った!!!!………勝った!!!!!」


アルケミ「え、勝っちゃったのななず!」
ななず「うん」
アルケミ「あ、本音で話していいわよ」
ななず「超怖かった!でも、楽しかったよー!!!!戦う前は『主催者として3連覇だけは阻止しなきゃ』とか考えてたけど、デュエル始めたらそんな考えどっか行ってて純粋に力の勝負だったから」
アルケミ「《魔法の筒》無効にしなかったのは?」
ななず「打ってくるタイミングが何か怪しくて。2重の罠でオーガ・ドラグーンが倒されそうな気がしたから仕方なく」
アルケミ「で、実際何かあったの?」
ななず「確か《永遠の魂》か《聖なるバリアーミラーフォースー》が伏せられてた、と思う」
アルケミ「やるじゃない」
ななず「ありがとう」
アルケミ「はっしーは残念ね。完全にシンクロメタのサイドが直撃した感じね」
ななず「最近遊戯王に触れてなかったってのもでかい気がするけど、これは仕方ないか」
アルケミ「のわりには、クェーサーとか中々考えないと出せないような物を使いこなしてた辺りは流石ね」
ななず「うん、ちゃんと調べたりしたんじゃないかな」
アルケミ「さて」
ななず「うん」
アルケミ「次は決勝ね」
ななず「うん」
アルケミ「勝つ自信は?」
ななず「打倒ガチデッキで作り上げたデッキだからね。あるよ!」

次回、決勝戦
ARIA【セイクリッド・プレアデス】VS【カオスハンター】ななず
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ