黒★星さんの【霊使い】改良版

ななず「前回紹介した『黒★星さんの【霊使い】』だけど、その黒★星さんから改良案が届きましたので新に記事を書きました!」
アルケミ「改良案を出してくれたのは黒★星さんのご友人ということで、レシピ及び記載許可を頂きありがとうございました」
ななず「ありがとうございました」
アルケミ「さて、じゃあレシピへゴー!」


黒★星さんの【霊使い】改良版
デッキ枚数40

モンスター15
《憑依装着》×8←比率は自由
《召喚僧サモンプリースト》×2
《フレムベル・マジカル》
《霊滅術師カイクウ》×2
《エフェクト・ヴェーラー》×2

魔法23
《魔法族の里》×3
《テラ・フォーミング》×2
《グリモの魔導書》×3
《魔導書の神判》×3
《ヒュグロの魔導書》×2
《トーラの魔導書》×2
《ゲーテの魔導書》
《セフェルの魔導書》
《禁じられた聖杯》×2
《禁じられた聖槍》×3
《月の書》
《死者蘇生》

罠1
《狡猾な落とし穴》


ななず「うん、こっちの方が強そうだね」
アルケミ「魔導書が増えたわね。あと、うーん、里とお触れでロックかける所に入ってきたからかも知れないけど、カイクウがあるとメタビっぽく見えるわね。判るかしらこの気持ち」
ななず「まあ、カイクウ事態は墓地依存に対するメタカードだし、一時期メタビートの顔と言えるモンスターだったしね」
アルケミ「ま、実際、戦闘補助豊富なら入れない手はないわよね!」

黒★星さんのご友人曰く
・これ以上考えたら魔導になる

ななず「とのことで」
アルケミ「でしょうね。何となくだけど、このご友人が改良案を考えた時、《セフェルの魔導書》を一枚入れようか迷ったような気がするわ」
ななず「まあ、神判→グリモ→セフェル(グリモ)→魔導書って流れはかなり良いしね」
アルケミ「なるほど」
ななず「と、ADSで回してみて思った」
アルケミ「あ、作ってみたんだ」
ななず「まあ、考察や意見するなら一通りは手札の廻りとか見ておかなきゃダメでしょ」
アルケミ「で、回してみた感想は?」
ななず「里及びテラフォが来ねええええ!!」
アルケミ「5枚体制で引けないとか…運命力か愛が足りてないのよ。修行するしかないわね」
ななず「ちくしょー!」
アルケミ「黒★星さん及びご友人の方…」
ななず&アルケミ「ありがとうございました!」
ななず「熊を一頭伏せてターンエンド!」
スポンサーサイト

黒★星さんの【霊使い】

ななず「今回はなんと!Twitterのフォロワーである、黒★星さんからデッキレシピを頂きました!」
アルケミ「一部始終見てたわよ、ななずがご迷惑をおかけしました」
ななず「この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました、お手数かけました」
アルケミ「で、どんなデッキ?」
ななず「とりあえず、デッキレシピをどうぞ!」


黒★星さんの【霊使い】
デッキ枚数41

モンスター12
《憑依装着》×8←比率は自由
《召喚僧サモンプリースト》×2
《フレムベル・マジカル》×2

魔法26
《魔法族の里》×3
《テラ・フォーミング》×2
《グリモの魔導書》×3
《ヒュグロの魔導書》×3
《トーラの魔導書》×3
《禁じられた聖杯》×3
《突進》×3
《収縮》×3
《月の書》
《死者蘇生》
《ブラック・ホール》

罠3
《王宮のお触れ》×3

エクストラ
《アルケミック・マジシャン》×3
《スターダスト・ドラゴン》
《レッド・デーモンズ・ドラゴン》
《スクラップ・ドラゴン》
《ダークエンド・ドラゴン》
《No.39 希望皇ホープ》
など


アルケミ「ななず!わたしがいるわっ!わたしがいるわっ!」
ななず「判ってる判ってる」
アルケミ「とても良いデッキね」
ななず「とりあえず説明タイム!」
アルケミ「まずは、当人からの伝言ね」

黒★星さん曰く
・《禁じられた聖槍》など、持ってないカードがあるので仕方なく《収縮》等でカバーしてます。
・不要になった魔法は《召喚僧サモンプリースト》や《スクラップ・ドラゴン》で墓地に送りながら《アルケミック・マジシャン》出す準備したり…

ななず「だそうです!」
アルケミ「読み忘れてるけど、」

・もっと勝ちに行きたい場合は憑依装着を《熟練の黒魔術師》や《ヂェミナイ・エルフ》に変えた方が良いかもしれませんが…可愛いカードで勝ちたかったんです!

アルケミ「…ってあるわよ?」
ななず「うん、それはもちろん!好きなカードで戦ってこそカードゲームは楽しい!…でも、むしろ憑依装着を使ってた方が属性によって《バハムート・シャーク》や《電光千鳥》も出せる状況が見えるから、ここは霊使いで正解だと思う!」
アルケミ「《バハムート・シャーク》や《電光千鳥》が可愛いかと言われると些か疑問だけど、確かに戦略の幅は広がるかもね」
ななず「そしてこのデッキの凄いと思った所は、どうやら【炎星】と互角以上に戦うことが出来るらしい!」
アルケミ「…本当?」
ななず「うん、どうやら里とお触れで魔法罠を封じるから天キや天枢が止まって本来の回りが完全に行き詰まるみたい」
アルケミ「…ななず、帰って良いわよ?」
ななず「…え!?」
アルケミ「こういうのを『対ガチファンデッキ』っていうのよ。わたしはこっちに着いていくわ」
ななず「え!?ちょ!……マジ?」
アルケミ「何不安そうになってんのよ、流石に冗談よ」
ななず「…割とガチで不安だった」
アルケミ「豆腐メンタルね…」
ななず「あれ、もしかしてそれが言いたかっただけ?」
アルケミ「コホン…、ななずなら連続憑依装着はどんな比率で入れる?黒★星さんは『属性で決めたり可愛さで決めてもいいと思います』って言ってるけど」
ななず「個人的に霊使いは初期四属性ならエリアがいいかなと思うんだけど…、それにさっき言ったことも合わせると」

《憑依装着ーウィン》×3
《憑依装着ーエリア》×3
《憑依装着ーヒータ》
《憑依装着ーアウス》

ななず「かな」
アルケミ「ま、さっき言ってたことを踏まえるならそうなるわね」
ななず「でも、冷静に考えても【霊使い】が【炎星】と並んで見れるとなるとちょっとどころじゃなく凄いよ?」
アルケミ「愛のつまったいいデッキね!」
ななず「こんなデッキを持っていたいよね!」
アルケミ「あら、わたしの【アルケミックビート】は違うの?」
ななず「そうでした!」
アルケミ「思い出したから許す」
ななず「何を?」
アルケミ「ちなみに、《禁じられた聖槍》が入るならやっぱり抜けるのは《突進》?」
ななず「かな?やっぱり」
アルケミ「魔法がかなり多いから事故も視野に入れないといけないけど、《ヒュグロの魔導書》《禁じられた聖杯》《収縮》《突進》等、戦闘補助魔法が多いから場に出されたモンスター達は安心して戦えそうね」
ななず「うん、《アルケミック・マジシャン》を使うにしても戦闘補助しながら、その戦闘補助魔法が墓地に行って攻撃力上がるからカウンターが確実になりそうだ」
アルケミ「わたしの戦い方としてはこっちが王道ね」
ななず「この戦闘補助も炎星には相性良いのかも」
アルケミ「というと?」
ななず「天キや天枢を封じられた炎星は、何をしてくると思う?」
アルケミ「そうね、封じられてるってことは《魔法族の里》が張ってあるから…里の弱点…相手の場から魔法使い族を消そうと考える…。あ!そっか、憑依装着たちを戦闘破壊をしたくても戦闘補助魔法に阻まれて出来ないんだ」
ななず「そう。優秀なユウシは火力が霊使いには元々届いてないし、基本は憑依装着で攻撃していくだけだから《エフェクト・ヴェーラー》で止まることもないしね」
アルケミ「勿論、炎星も強いデッキ。これで完封、必ず勝てる!って訳じゃないけれど、やりにくそうなのは判るわ」
ななず「逆に魔法に依存しない【征竜】や魔法使い族の【魔導書】相手は辛いって言ってたね」
アルケミ「まあ、その辺りを対応出来てたら【霊使い】が戦略wikiのガチデッキ欄に載るわよ」
ななず「それはそれで見てみたいけどね」
アルケミ「忘れた頃に来ないかしら、守備1500魔法使い族サポートとかで、霊使いのサポートが」
ななず「いやいやいや…。…あ!アルケミも守備1500じゃない!?」
アルケミ「そうだったわ!」
ななず「最後にもう一度…」
アルケミ&ななず「ありがとうございました!(*'v'*)」

【十二神シルミル】

【十二神シルミル】

さあ!神々の闘いを始めよう!
三幻神に三邪神、地縛神に時械神、究極宝玉神に加えて極神までも詰め込み、それでもなお回る神々のデッキを見よ。

最初はオベリスク、アバター、イレイザーだけだったのだが、私が「なんか飽きたなー」と思う度に量の増えていく神たち。
この度ホルアクティを迎えて十二神に。
シンクロやエクシーズするなら大体の状況はハードアームを使った神を出したほうが場アドを取れる事実。
おかげで神が増える度にエクストラが減っていく有様だけど気にするな!
戦略は神を出して殴るだけ。

モンスター40
《光の創造神 ホルアクティ》
《オベリスクの巨神兵》
《オシリスの天空竜》
《ラーの翼神竜》
《邪神ドレッドルート》
《邪神アバター》
《邪神イレイザー》
《地縛神 Aslla piscu》
《時械神メタイオン》
《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》
《極星天ヴァルキュリア》
《極星獣グルファクシ》
《ハードアームドラゴン》×3
《星見獣ガリス》×3
《TG ワーウルフ》×3
《TG ストライカー》
《ダーク・グレファー》×3
《増殖するG》×2
《D-HERO ディアボリックガイ》×2
《ヴェルズ・マンドラゴ》×2
《A・ジェネクス・バードマン》×2
《ネクロ・ガードナー》×2
《ダーク・クリエイター》
《混沌球体》
《ゾンビキャリア》
《レベル・スティーラー》×2

エクストラ7
《極神聖帝オーディン》
《極神皇トール》
《ミスト・ウォーム》
《レアル・ジェネクス・クロキシアン》
《ダークエンド・ドラゴン》
《ラヴァルバル・チェイン》
《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》


戦略など小手先の考えはいらない。
圧倒的な力と効果で敵をねじ伏せろ!
神を召喚して殴る。ただ殴る。ひたすら殴る。まだ殴る。
君のライフが尽きるまで、殴るのを止めない!!

【超融合】

【超融合】

超融合の力の名の下に各勢力の精鋭が集う!
「融合はヒーローだけの特権じゃないぜ?」
様々なタイプの猛者共を君の指揮で束ねろ!
速攻魔法《超融合》発動!!
「ひとりぼっちは、寂しいもんな」


モンスター20
《E・HERO エアーマン》
《E・HERO アナザー・ネオス》×3
《E・HERO オーシャン》×2
《ジェムナイト・サニクス》×2
《シンクロ・フュージョニスト》×2
《ジャンク・シンクロン》×2
《フォトン・スラッシャー》
《サイバー・ドラゴン》
《オネスト》
《ゾンビキャリア》
《冥府の使者 ゴーズ》
《メタモルポット》
《BF-精鋭のゼピュロス》
《速攻のかかし》

魔法16
《増援》
《E-エマージェンシーコール》×3
《超融合》×3
《ミラクル・フュージョン》×2
《デュアルスパーク》×2
《未来融合-フューチャー・フュージョン》
《おろかな埋葬》
《サイクロン》×2
《大嵐》

罠4
《サンダー・ブレイク》×2
《聖なるバリアーミラーフォースー》
《神の宣告》

エクストラ15
ここはもうどこに仮想敵を敷くかによって人それぞれとしか言えませんが、うちはこんな感じです。
《E・HERO ガイア》
《E・HERO アブソルートZero》対聖刻リチュア
《E・HERO The シャイニング》対聖刻+天使
《E・HERO ノヴァマスター》対ラギア
《E・HERO エスクリダオ》対インゼク
《V・HERO アドレイション》対アライブ
《ジェムナイト・マディラ》対ラヴァル
《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》対スタロ
《重爆撃禽 ボム・フェネクス》対ラヴァル+カラクリギアギア
《キメラティック・フォートレス・ドラゴン》対カラクリ
《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》
《氷結界の龍 ブリューナク》
《TG ハイパー・ライブラリアン》
《H-C エクスカリバー》
《ラヴァラルバル・チェイン》

他のジェム融合や、《フォトン・ツイン・リザード》とかも面白いかも。

初手に未来融合ありならば、
未来融合でアナネオ+ゼピュロス→未来融合バウンスでゼピュロスSS→未来融合発動アナネオ+ゾンキャリ→ゾンキャリSSしてブリュ→手札切って未来融合バウンス再び発動してアナネオ+シンクロフュージョで準備完了。

と言う具合に、《シンクロ・フュージョニスト》を落とすことが先決。
チェインの目的もそれです←すでに落ちてればジャンクをデッキトップに。

後は通常召喚から全ての動きが始まります。
うちの手持ちの3か4番目くらいの強さ。

とりあえず、超融合強い。

【次元融合】

コンセプトは、主人公の切り札を並べるデッキ!!

ななず「除外+融合で次元融合なので禁止カード使うわけじゃないです」
遊馬「これでホントに勝てんのかよぉー?」
ななず「以外と勝てるし、本当に思った以上に《ブラック・マジシャン》《E・HERO ネオス》《スターダスト・ドラゴン》《No.39 希望皇ホープ》が場に揃いますよ」
十代「それが本当ならスッゲェデッキだぜ!」
ななず「デッキのモンスター枚数には限界あるけど、融合でエクストラから出せば、結構な数を《死霊の巣》で使えるんだよ。フリーチェーンだから優先権の破棄した時とかですね」
遊星「なるほどな、相手のシンクロ召喚前に《死霊の巣》でチューナーを破壊して妨害できるということか」
ななず「そうそう、それで、」
アテム「さらに、《ブラック・マジシャン》は融合で《超魔導剣士 ブラック・パラディン》のように、各々の融合による派生を出せるんだな」
ななず「そ、そうそう、それで」
遊戯「アニメでボクたちが使ったり、出会ったカードを中心に集めたんだね(*^^*)」
ななず「あ、はい。ちょっと回りやすくしてますけど大体は。使うとデュエルの楽しさを思い出すお気に入りのデッキです」
十代「よし!オレとデュエルしようぜェ!」
ななず「はい、是非!」
遊星「決闘だななず!決着を着けよう!」
ななず「え?」
遊馬「Dゲイザー、セット!」
ななず「ちょ、」
遊戯「行くよ、もう一人のボク!」
アテム「ああ、行くぜ相棒!」
遊戯&アテム『決闘!!』


【次元融合】

モンスター19
《ブラック・マジシャン》
《クリボー》
《E・HERO ネオス》
《E・HERO エアーマン》
《E・HERO プリズマー》
《クイック・シンクロン》
《デブリ・ドラゴン》
《ボルト・ヘッジホック》
《レベル・スティーラー》
《沼地の魔神王》×3
《メタモルポット》
《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》
《サイバー・ドラゴン》
《BF-疾風のゲイル》
《ゴブリンドバーグ》
《ZW-一角獣皇槍》
《ゾンビキャリア》

魔法14
《融合》×3
《融合回収》
《E-エマージェンシー・コール》
《増援》
《D・D・R》×2
《クイズ》
《光の護封剣》
《ブラック・ホール》
《死者蘇生》
《サイクロン》
《大嵐》

罠7
《死霊の巣》×3
《異次元からの帰還》
《くず鉄のかかし》
《リビングデッドの呼び声》
《聖なるバリアーミラーフォースー》

エクストラ15
《スターダスト・ドラゴン》
《ジャンク・デストロイヤー》
《ニトロ・ウォリアー》
《ジャンク・ウォリアー》
《氷結界の龍 ブリューナク》
《氷結界の龍 グングニール》
《No.39 希望皇ホープ》
《CNo.39 希望皇ホープ・レイ》
《No.50 ブラック・コーン号》
《超魔導剣士ブラック・パラディン》
《レインボー・ネオス》
《E・HERO ネオス・ナイト》
《E・HERO アブソルートZERO》
《E・HERO シャイニング 》
《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》

ななず「…かつてはフィールド埋めた相手を最後の手札の《クリボー》でライフ400で耐え、次のドロー《光の護封剣》でさらに3ターン。その3ドローで逆転したことも…」
遊星「遊戯さん、起きましたか?」
遊戯「ううん、何か寝言みたいだけど…?」
遊星「すみません、少しフィールを手加減するべきでした」
遊馬「全く、なっさけねぇやつだな(--;)」
十代「遊馬!よそ見はダメだぜ、手札から《ミラクル・コンタクト》発動!!」
アルケミックカウンター
製作者:ロクク
登場人物紹介

ななず

Author:ななず
★★☆☆
所持デッキ
★★☆☆
山口で生まれ、岡山で育ち、
現在は京都在住。
ガチデッキに勝てるデッキを目指すファンデッカーです。
不定期更新ですが、デッキレシピとか載せていきます。
少しでも皆さんの遊戯王ライフに関われれば幸いです。
ツイッター @nazuna70
『第3回ななず杯』優勝

虹色アルケミアイコン
Author:アルケミ
OCGでの正式名称は《アルケミック・マジシャン》。
このブログの紅一点であり、台風の目
気に入らないことは持ち前のフラスコで一撃粉砕!
ビューティフルでキュートなスペシャルガール。
ツイッター @arukemi_bot

PINアイコン2
Guest:PIN
岡山県民。
高校時代のななずを遊戯王の世界に引きずり込んだ人物。
面白くて強いデッキを数多く持つ。
ブログにゲスト登場する。

ロククアイコン2
Guest:ロクク
岡山県民。
ブログ『ゴーイングマイゥェイ』の管理人。
ななずとは中学時代から、PINとは高校時代からの友人。
ロボとゾンビをこよなく愛するクレイジー野郎。
アクセスカウンターを作った人。
PINと同じく、ゲスト登場する。

―――――――――――――
以下、滅多に登場しないが
時々名前が出る身内決闘者。


Guest:もじき
岡山生まれ、東京在住。
ロククの弟。
機械族モンスターを華麗に操る。

Guest:イザナ
滋賀県民。
ななずの大学時代からの友人。
ホルスを愛する決闘者。

ひきだしアイコン
Guest:ひきだし
岐阜県民。
ななずの大学時代からの友人。
ロマンコンボとワンキルの両極を好んでデッキを組みたがる。
最近の主力は↓
【命削りAFKozmo】
口は悪いが根はいいやつ。
…のはず。
『第4回ななず杯』優勝

Guest:ARIA
岡山県民。
ななずの大学時代の先輩。
純テーマを好んで使う。
何かにつけて運の強い人。

Guest:たまちゃん
京都在住。
ななずの大学時代の先輩。
ARIAと同じく純テーマを好む。
『ななず杯』を2連覇した強者。
『第1回ななず杯』優勝
『第2回ななず杯』優勝

Guest:はっしー
愛知在住。
ななずの大学時代の後輩。
OCGからは離れがちだが身内大会を開けば参加してくれる優しい人柄。

最新記事
最新コメント
ブログ内記事検索
いままでの全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
遊戯王ブログランキング
月別アーカイブ